FC2ブログ

napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

スケジュール

通常ブログはこの記事の↓におま♪


各セミナースケジュール


<2019年 GK9インストラクタープロコース>
11:00~17:00開催
7/9 8/27 9/17 10/15 11/5 12/10


<2019年GFIA(GK9認定インストラクター>講座 )>
6/12 THE ハンドリング☆終了しました
8/21 パピークラス講義(座学)
10/9 未定
12/18 未定

※受講申し込みは1週間前までに必ずこちらのコメント欄に記入して下さい。
 (ハンドルネーム可)
こちらからの申し込みがない場合、受講できません。

・その際、犬連れor犬なし(犬連れの場合は犬名)も記載お願いします。

・受講希望されない方は、特にコメントの必要はありません。


※GFIA受講資格を有する方のみ参加可
※各回11:00~17:00予定
スポンサーサイト

7月のスケジュールとれっちゃんの発作またしても。

いつもゲラゲラ余裕かましてて
食べホーに入り浸るか
2FでUNOしかしてないんじゃね?

と思われるかもしれないワタシと補佐役ですが
(あながち嘘でもない)

いちおう、真面目にお仕事(も)してまっせ。



今日現在、7月の教室スケジュール。どーん。
(一応ボカシ入れてます)

20190719081454441.png
ほぼ休みねーわ。もう教室に棲んでるわ。
こっからまた、次々と合間にレッスンが詰まっていくのよ。


「今日もお疲れさん」
からの
「ではまた、12時間後に会いましょう~」

てなモーレツな日々で
疲れも溜まりがちなんですけども


まあ毎朝のルーティンとしては
まず

「昨日あれからあった笑えるできごと」

を報告し合いながらオープン準備するという。

れっちゃんがついに夕食の肉じゃがを盗み食いしてしまったこととか
(ついにボケたか・・)

補佐役の数年ぶりに着た礼服のチャックが閉まらなくなってたこととか
(ごめん言うてもーた)


笑えるネタの無い日は

2Fのカーテンの陰に隠れて
何も知らずに出勤してきた補佐役をビビらせてほくそ笑んだり

「今日も頑張ろうな」と言いながら
ワタシが入った直後に続いて部屋に入ろうとした補佐役の
なるべく鼻先ギリッギリでドアを閉めたり(ニヤニヤ)


まー毎日毎日、飽きもせずいらん話といらんことをしながら、
レッスンの準備をしています。
笑えるって、大事。




そんなおとといの朝

れっちゃんも一緒に教室に出勤したんですが
また発作がでてお庭で倒れてしまいました。(ノД`)・゜・。


「しんどいね。でも大丈夫だよ、すぐに楽になるからね。」って
声をかけることしかできない。
20190719082155df0.png
発作の様子を動画に撮れれば
原因の方向性が掴めるかも・・と

咄嗟に補佐役に
「携帯ーーー!!!」って叫んで

補佐役が撮ってくれました。(ほんまはこれ動画です)
20190719082205120.png
意識が戻ってきたね。

その後はまた普段通りに歩いていましたが
前回の発作から1ヶ月と10日ほどしか経ってないのが気がかり。
発作の間隔が短くならないと良いのだけど。

ちょうどその日レッスンだったADSのパパとママに動画を見てもらって
(いつもすみません・・(ノ_-。))

そしてまたまた「できること」を教えてもらって
(ほんま神ー!!!(;ω;))


前回の記事にも書いた
”カタチのないもの(大切な知識や情報)”を惜しみなく分けて頂いて
ほんまに感謝・感謝です。
ありがとうございます。


れっちゃん16歳と2ヶ月。

基本ヤンチャなわんこへの対処やアドバイスが多いこの仕事ですが

新たな大切な大切なことを

彼に教えてもらう段階に入ったんだな・・と
感じます。






GK9が研修生を迎え入れるわけ

GK9には
犬やインストラクターの勉強をしている人がよく研修にやってきます。

しつけ教室の現場ってどんなんなのか
GK9ではどんなことをどうやって飼い主さんにお伝えしているのか
問題行動にどう対処しているのか

何を学びたいかは
研修に来る人それぞれですが

それにしても

ここまで研修の門を広く開放している教室は
他にないのではないかと。


質問があれば可能な限り答えるし
聞かれれば、裏の裏まで包み隠さず教えるし
(飼い主さんの個人情報以外)
相談されれば一生懸命考えるし

学びたいなら、いつでも、何度でも来てもらって構わないという
かなり太っ腹な教室です。


そんなGK9のやり方を

「そんな価値のあるモンをタダで教えちゃって、馬鹿じゃね?」

と言われることもあったりするんですね、
まあこのままの言葉じゃないですけども。
もうちょっと遠まわしな言葉ですけども。



多くの場合、商売といえば
”商品(モノ)”があって
それに対価が付くわけですが

この仕事の商品は、”モノ”はないんですね。

この仕事の商品は
知識や情報であり
技術であり
経験であり
ノウハウであり。

つまり”商品のカタチ”がない。
見れば、ある程度盗むことができる。
ワタシが十数年かけて得たものであっても。


普通、蕎麦屋で蕎麦を食べれば代金を払うし
服を買えばお金を払う。
当り前よね。

”カタチ”があれば
商品をタダでもらうなんて基本ありえないことなんやけど

”カタチ”がない知識や情報やと
もらうことに対する価値は
つい忘れがちになってしまうんやろな。

貰うだけもらって、煙のように消えてく人もおったな。

「たっぷりお金貰えばいいのに。貴重なこと教えるんだから。」
まあそう言われたこともありましたけれども


それでもなお、GK9が門を閉ざすことなく
「来たい」という人を迎え入れ続けるのは

本気で学びたいけど、行き先がない人

この仕事で行き詰って困ってる人

GK9の考え方やメソッドを知りたいと願う人

本気でわんこと飼い主さんのお役に立ちたいと願う人

そんな人たちに、
ワタシのちっぽけな知識や技術を出し惜しみしても
仕方ないぢゃん、と。
そんなケ●の穴の小さな人間じゃござらんぞ、と。


何より、ワタシが心底困り果てている時に
手を差し伸べてくれた人たちはみんな

その”カタチのないもの”・・技術や知識や労力を
惜しみなく与えてくれた。
そして窮地を救ってくれた。支えてくれた。

感謝を、回そう。

抱え込むんじゃなくて、
親切にしてくれた人にだけお返しをするんじゃなくて


GK9の安寧を願ってくれる人
ワタシと補佐役を気遣ってくれる人
笑顔で毎週来てくれるわんこと飼い主さん

今までも今も受け続ける
たくさんのいたわりと思いやりと愛情を

自分で止めることなく

どこまでも広く波紋のように
連鎖していくことができたら

きっと、ステキに違いない。


そしていつか、ワタシが去ることになったときにも

その優しさの波紋が

補佐役を守ってくれたら嬉しい、と思うのです。



飼い主さんの急用でポッカリ時間・・無駄にしない!
はい、食べホーへ突撃。
20190714231827f0f.jpg
京都から研修にきたYちゃんと補佐役
・・誰の皿にも野菜がない・・



よく食べ、よく学べよ。
20190714231842d43.jpg
Yちゃんの食べっぷり、ウチらと互角やった。





咬みぐせセミナー終了~ココロに宿る鬼~

先週木曜日

動物管理センター主催の「噛みぐせセミナー」
無事に終了しました。


今回は初めて、三宮のド真ん中という都会で開催。
20190704210722329.jpg
今回もたくさんの方にご参加頂きました。

「ワンコが噛む」ということにお困りで
だけどワンコと仲良く暮らしたくて

貴重な時間とお金を使って
セミナーに足を運んで下さる意識の高い飼い主さん方です。



2019070421095260c.jpg

いつものことやけどワタシのセミナーは

○○の問題がある→こうしつけましょう
○○に困ってる→こう対処しましょう

という
「やり方情報」ばかりの内容ではなく

摩擦の原因は何なのか
上手くいかない理由はどこにあるのか

それをどう考えて、どう改善すればいいのか

根本的な「理解」があってこその
対処のチョイスであると
考えています。

エラーが出たらこのボタンを押す
犬はそんな家電用品とは違うからな。


暮らす環境も
育ってきたバックグラウンドも
性格も
全てが違う犬たちに

対処のマニュアルなんてあるはずがない。
あったらアカン。


なのでワタシのセミナーでは

我が子は本当はなんて言ってるのだろう
何がそう思わせているんだろう

まずそれを、飼い主さん自身が分かることを
目標としています。

それが分かってこそ、
「我が子オリジナルの」対処や改善が飼い主さん自身にできる。



いつも感じることなんやけど

世の中のしつけ情報に振り回されて
疲れ切ってしまっているワンコと飼い主さんが多すぎるのが悲しい。

犬の上に立たなければ
犬にナメられないように
上手くいかないのは主従関係ができていないからだ



ほめるしつけであっても

良い子に育てなくては
これじゃダメだ
きちんとしつけをしなければ
まだまだ、もっともっと・・・


そんな思いが、
犬を追い詰める。
飼い主さんを追い詰める。

そしてそれを煽るのは、
「犬のしつけ」ビジネスだったりする。


疑心暗鬼。

疑うココロに、鬼が宿る。

犬って、そんなに信頼できない生き物なのかな?
まるで隙を見て寝首を掻くような?

常に人を下に見下そうとする生き物なの?

虎視眈々と下剋上を狙う陰湿な生き物なの?


しつけビジネスが作り上げた
実体のない「悪魔の犬」を恐れて

犬たちが寄せてくれる愛情を信じられない。
本当はこんなに愛しいと思っているのに。
その無垢な愛情さえ、疑ってしまう。

大好きな人に
ただ「大好き!!」って言っただけで

「ナメられてるーーー!!」
って言われて
床にねじ伏せられたり。


美味しくご飯食べたいだけなのに
「マテ!マテ!まだまだ・・・もっとマテ!忠誠を、服従を!!」
って求められたり
さらには夢中で食べてる時に取り上げて試されたり


ねえ、遊ぼうよ!って誘っただけで
「下に見てるだろー!?」って
鼻先をねじりあげられたり


そんな悲しすぎるすれ違いが、
世の中にいっぱいあるんだな。

うん、ココロに鬼を宿しているのは、
犬ではなく人なのかもしれない。



一歩間違えれば、ほめるしつけだってそうだ。

完璧に飼い主に従い
ミスもせず
何をされても文句を言わず反抗もしないコがイイコなんだから

いつも落ち着いていて
誰にでも愛されて
どんな犬とも仲良くできなきゃダメなのよ

一言何かに「イヤ・・」って表現すれば
即座に食べ物が目の前に出現し

「イヤ」なことを「イヤだと思う」ことを一切許されない。

それでいていつもキラキラと無邪気な眼で
見上げて欲しい

良い子でいなさい
誰もがハナマルをくれる理想のペットでありなさい

それを強要しすぎるのであれば

「うちの子まだまだダメなんじゃないか・・」

そのココロにもまた、鬼が宿り始める。


真剣に
熱心に
愛犬との関係を築こうとしている飼い主さんをターゲットに

鬼を忍び込ませて

それでいて

鬼退治の薬を売りつけようとする


そんなビジネスが成り立っている、という裏事情。
(まあ、よくあるよね。不安を掻き立てて商品を売る、って手法)



鬼を一瞬で消し去る魔法の言葉があるとすれば

「キミの愛情を信じるよ。

そのままのキミで大好きだよ。」


って、言葉かもしれないな。



もちろん問題は問題として存在するけれども

ワタシたちの仕事が
問題じゃないこと(犬の当り前)を問題だと騒ぎ立て

かえって飼い主さんのココロに鬼を宿らせることになるのは

それは違うんじゃないか、と思うのです。





セミナー出発前。教室にてヤマモモの収穫
201907042106293eb.jpg
補佐役、「何やってんですかー!セミナー用の服着てーー!!」




セミナー終了後。
20190704211734c2e.jpg
朝から何も食べてなかったんで、南京街まで足を延ばし(観光客ー)



ワタシが神戸一やと思ってる
ディープな餃子屋を補佐役に案内し(かれこれ30年通ってる)
2019070421174399f.jpg
ビール飲もうか・・悩む補佐役



ココの餃子は、餃子が主食になる。
201907042117547b8.jpg
白飯もなんもいらん。3人前を一瞬でたいらげて。



デザートにあの有名な老祥記の豚まんを食し。
20190704211809357.jpg
うんまー



夕暮れの風に吹かれて、タピオカミルクティー 幸せすぎる。
20190704211832e58.jpg
今日のワンコたち、飼い主さんと仲良く暮らせるといいなあ。
何か少しでもお役に立てたかなあ。



可愛くタピオカミルクティーを飲むワタシの横で


補佐役はレモンハイ(電車やからOK)
20190704211920271.jpg
飲み方がすでに「呑べえ飲み」



カンペキに仕事帰りに一杯やっとるオヤジ。
2019070421194673a.jpg
(笑)





食べると寒い

ワタシの大食いは
結構有名なんやけど(有名てそこ?)

いつの頃からか、なぜか
「食後に寒くなる」
という法則ができあがり

焼肉の食べホーで信じられない量をたいらげ
満足しながら
肉を焼くコンロで最後は手を温めるというのがお約束となり。


それが
食事性低血圧
という
高齢者や痩せた人におきる症状だと
つい最近知ったよね。



食後。寒い。でもソフトクリームは食べたい。
20190628165752720.jpg
わざわざ暑い外に出てって、日向ぼっこしながら食すという。



またある時は、ハードな仕事終わりに
補佐役とガッツリラーメンを食べに行き
20190628165735040.jpg
食べ終わってガクガクブルブル


そんなワタシに対して
補佐役は
「食後は暑くなる」ヒトで
うん、正しい。


チキンラーメンたいらげて。
20190628165814d89.jpg
「なんか物足りないなー・・次何食べよう?」と思案ちう。
(けっこう真剣)

スクスク育てよ。






ヤマモモスタートと噛みぐせセミナー

いよいよ梅雨に入りましたね。

GK9のヤマモモ、今年も収穫期がスタートしました。


今年は何㎏採れるかな~?
20190628014112ddf.jpg
まだ完熟してないヤツも混じってますが
これからどんどん見事な実になっていくはず!


毎年ヤマモモウィークは

その日採れたヤマモモを
その日のうちにジャムにしなければならないという
(鮮度の問題)

何度も綺麗に洗って
加熱して
潰して
種を取って
目の細かいザルで濾して
煮詰めるという

1クール2時間かかる作業が
ヤマモモの収穫期の間は毎晩続くという

過酷なスケジュールになります。
だいたい2週間。


そんなヤマモモウィークに
ドンピシャ セミナーを入れちゃったからな。


7/4(木)
神戸市中央区役所
「噛みぐせセミナー」
(愛犬の噛み癖に悩んでおられる一般の飼い主さん向け)

行政からの依頼で
毎年動物管理センターでやっていたけど

例年とても良い評判ということで
今年からは中央区役所で・・つまりド都会で
やってほしい、と。
(ありがたい依頼でごわす)


パニック障害持ちのワタシとしては
”初めての場所”
”都会”
というだけで頭からスー・・っと血がひくんですが

そこはホレ、心強い補佐役に担がれて支えられて
会場に送り込まれるという
(できれば担架で運んで)

いつものスタイルになりそうです。

や、セミナー始まってしまえばエンジン全開なんですけどね。
いつものオラオラで。


そんなワケで、

相変わらず食べたり食べなかったり
意味不明にうろつき回ったりするれっちゃんのお守をしながら

ちょっと目を離すと煮詰まってコゲつこうとする
ヤマモモジャムのご機嫌をとりながら

セミナー準備致します。











れっちゃん、ごはんイヤイヤ

先日、れっちゃんメデタク抜糸となったわけですが

傷口がちょっとジュクってたので
「1週間抗生剤」になりました。

れっちゃんがよく食べてくれる療法食の缶詰や
オヤツに包んでお薬をあげてたんですが

・・抗生剤って、苦いらしいですね。


「かぁちゃんがくれる食べ物は、時々苦い」
と気付いてしまったのかなんなのか

とにかく、ほぼ食べ物を受け付けなくなっっちゃって。


療法食は美味しいはずの缶詰も
5秒くらいじっくりにおって
「これ。お薬まじってるやつやん!」って逃げてくし
(薬が入っていなくても)

シブシブ口にしても
入ってるほんの小さな粒(お米とかニンジンとか)は
全部より分けたり「ぺ」と吐き出して

缶詰、液体しか舐めへん。


クッキーやボーロはまだ口にするんですが
それでも右の鼻でにおって
左の鼻でにおって
よーくよーく検分した後に
前歯で1mmずつかじって

あのちっさいボーロも
前歯で半分に割ってさらにそれを一旦床にペッと出し

カケラの中に薬が入ってないか
丹念にチェックをするという


「食」に対する信用、ガタ落ち。_| ̄|○


抗生剤で少々胃の具合が良くなかった?のも相まって

ほんまに食べない日々が続きました。

病院で相談したら、
傷口のジュクってるのも乾いてきたし
抗生剤打ち切って様子をみましょう
ということになり。

あと2日食べなければ、点滴だよ、と言われて帰ってきました。


「お薬、もう入ってないから!」
「ほんっっっまに入れてないから!!」
となだめすかしてようやく缶詰を少し食べてくれるように
なってきましたが

今だに、固形物(お肉含む)は
思い出したように「ぺ」と吐き出して

部屋の隅に逃げてってジットリした目で見るという。
あーー失敗したわ。



お散歩は元気に歩いてましたが

おとといのお散歩中、また発作が出て、
歩道で倒れてしまいました。(ノД`)


発作がおさまって意識がもどってきたれっちゃん
20190610092311073.png
何が起きたのか、自分でも分からない、って表情



・・ちょっと落ち着いたかい?
20190610092011b07.png


前回の発作よりは軽く、
その後ゆっくり歩いてお家に帰ってくることができましたが

もーーー怖い怖い。

何かある度にADSの母に泣きの連絡を入れ
アドバイスをもらったり励ましてもらったり
ほんまにいつもすみません。(ノ_-。)


そんなこんなの日々の中で
今度はワタシの診察(大嫌いな血液検査)や
ついに逃げ切れずCTを撮ることになったり

いろんな忙しさが相まってちょっと疲れがたまったのか

風邪がようやく治ったと思ったら
今度はまためまいが発症して
数日間、ぶっ倒れてました。

今日はだいぶん良くなってきましたが
まだ15%くらいのめまいが残ってて

「こんにちは」と深々と頭を下げると
多分そのまま前転しちゃうと思うわ。(ハイ、ポーズ!)


色んな余裕がなくて、
皆さまからのメールやLINEのお返事が滞っております。
ごめんちゃい。















れっちゃんのお誕生日と補佐役

オイラ、ついに16歳になったんだって~
2019052421363139d.jpg


27日、れっちゃんが16歳の誕生日を迎えました。

「もーお誕生日迎えられないかも・・」と
一時は覚悟もしましたが、
みなさまからの超強力な支えのお陰さまで


こんな笑顔でこの日を迎えることができました。
2019052719285280e.jpg
補佐役が撮ってくれた~♡


術後10日経ったので
そろそろ抜糸です。


エリザベスも腹巻も着けずに、イイコで過ごしてくれました。
201905242304083fd.jpg



テープもまだくっついてる状態
201905242304176bc.jpg
(すこーしビヨンとしてるけど)
早く毛を生やそうね。



「れっちゃん良かった!」

「そして補佐役は、大丈夫なのか!?」

というお問い合わせもちょいちょい頂きまして


ええ、お陰さまで
補佐役も手術の傷も順調に癒えつつあるみたいで



近所のラーメン屋にて
20190527193059d05.jpg
シビレる辛さのラーメンを一気に平らげる補佐役





「これじゃ足りなーい♡」とドカンと替え玉を投入
201905271931091ca.jpg
ギョーザの皿も空になっとる




「もう終わっちゃったー」
20190527193120773.jpg
アタシが普通に1杯食べるよりも早く
2杯分を平らげる補佐役であった。

元気以外の何ものでもなかろう。
彼女に関しては、120%心配ご無用であると思われる。




ともあれ、平穏に過ごせる今日に感謝なのである。
20190524213642000.jpg
ワタシたちに、いつも心寄せて下さって本当にありがとう!!

れっちゃんの職場復帰とAちゃんの笑顔

れっちゃん、がんばってます。

もぐもぐ(しばしば嫌々)療法食を食べ、
トコトコ歩き、
ぐっすり寝て

状態が落ち着いてきた術後5日目

無事、教室復帰(出勤)を果たしました。


ぐるっとGK9のお庭を回りながら
休養中に異変がなかったかを確認して歩く姿を
また見ることができるなんて
しかもこんなに早く見ることができるなんて

感無量。(泣)


体調も良さそうなので
早速リハビリアシスタントとして出動してもらいました。

お相手は、教室に通ってくれているAちゃん。
過去記事:俺と一緒に逃げてみないか

れっちゃん、過去に何度かリハビリにお付き合いしたことがあり、
Aちゃんもとっても穏やかなコなので
病み上がりのおじいちゃんにも負担が少ないかと。


すたすた歩くれっちゃんの後ろをついていくAちゃん。
20190524203949351.jpg
冷静に、周囲の様子を認識することができるようになってきました。
Aちゃん、すごいよ。すごい成長だよ。(ノД`)



お外でこんな笑顔が見れるなんて。
ご家族の深い深い愛情。そして根気の賜物。
20190524204000160.jpg
変化を急がせない。
「どうして」なんて嘆かない。

AちゃんはAちゃんで、それ以外のなにものでもないことを
心から慈しんで。

そんな飼い主さんの愛情が、
いつしかこんなにもAちゃんを成長させていたんだな。

れっちゃんの復帰後の初仕事。
こんなステキな笑顔をプレゼントしてくれてありがとう。





オイラ、久しぶりに出勤して疲れたけど
いい一日だったなあ~
20190524204009693.jpg
ワタシにとっても、嬉しいコトずくめの一日だったよ!(*´-`)







れっちゃん、手術がんばりました!!

れっちゃん
今回の血液検査の結果、
ようやく手術できそうな状態になってきたので

ついに!

16歳の誕生日を10日後に控えた
先週17日

脾臓摘出の手術に踏み切りました。


なんせ高齢犬なので

手術中の急変や
開腹中の手術中断や
術後の急変等々

「とにかく何かあったらすぐに電話するから」
という主治医のお言葉のもと

朝10時に病院へ託した後

かかってこないことを祈りながら
ずっと携帯抱きしめてました。



夕方4時
2019052009355068e.jpg
「オレ、頑張った!」というメッセージと共に
主治医の先生から届いたれっちゃんの画像。

うおおおおおーーーーん。゚( ゚இдஇ゚)゚。
れっちゃん!れっちゃーーーん!!


夜6時半

病院へ向かい、面会。
「かあちゃん・・オレ、不安だったけど頑張ったんだよ~」
201905200936077cf.jpg
まだしんどいのに、めっちゃ痛いのに、
笑うんだよ・・「会えてうれしい」って。




「かあちゃん、お家かえろ。ね、一緒に帰れるんだよね?」
20190520093619dac.jpg
まだそんなに動いちゃだめだよぉ~~~(涙腺崩壊)


主治医の先生と相談して、
とにかく安静に出来るなら、特例として(ほんまは最低1泊)
連れて帰ってよし!の許可を頂き


朝10時送り出し
夜8時帰宅。
クリーニング並みの当日スピード退院。



帰宅するなり
ヨタヨタしながらお水飲んで
フラフラしながらトイレでちゃんとオシッコして

心底ほっとした様子で。
20190520093632c82.jpg
”お家”って、そのコにとって特別な場所。


これからもまだ
術後の経過やら
腎臓のケアやら
老化のサポートやら

心配ごとが目白押しですが

ここにキミがいるだけで
それだけで
充分幸せなんだ、って思う。



手術当日
生きた心地がしないワタシを気遣って

自身もお仕事で忙しい中、一日中LINEで励まし続けてくれた
ADSのママ、そしてとてもとても気にかけて下さったパパ

自分の腹の傷もまだ癒えてないのに
れっちゃんの心配をしてくれた補佐役

「どーなった?」
「大丈夫?(ワタシも含めて)」
「ガンバレ~~~」
LINEやメール、
ブログの向こうで気にかけて応援してくれたみなさん

そして
リスクの高い高齢犬の手術を敢行して下さった獣医師の先生
病院のスタッフのみなさん


ほんまにありがとう。
ほんまにほんまに、ありがとう。



うまくいけば、10日後・・
なんとれっちゃん16歳のお誕生日に!!
抜糸です。

しっかりご飯たべて、お水飲んで、体力戻そうね。


翌日。
20190520093644818.jpg
そうそう。その目ヂカラ、戻ってきて嬉しい!!


追記
れっちゃんの心配に、体力と免疫全部持ってかれたらしく
めっちゃ風邪ひいてフラフラでした。。。
かれこれ10日たつのに、いっこも治らん!熱!咳!!



 | HOME |  »

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

かうちゃん

ブログ内検索