FC2ブログ

napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

補佐役がころんだ

とにかくご飯を食べてくれないれっちゃん

たまーーーに食べてくれる稀有な時間も

ほんのちょっとした音や刺激で
すぐに中断しちゃうから

絶対に邪魔しちゃだめで

たとえそれが視線であっても
「見られてる…」て思うと
用心深げにフードから離れてく。



普段は添い寝だってできる心許した相手でも@補佐役
20200918124430c70.jpeg
例外ではない。





補佐役「ただいまー」(外から入ってきた)
20200918122756dfd.jpeg
「あ、食べてる・・」






R「ん!?見た!?」
20200918123913fa1.jpeg
補「見てない 見てない」





R「かーちゃんも見た!?」
20200918123859e97.jpeg
「見てない 見てない(汗)」




R「それならいい・・」モグモグ
20200918124323978.jpeg
二人「ホッッ」
(補佐役、れっちゃんが食べ終わるまでここでフリーズ)


野生動物か。


おじーちゃんのお食事中は、
GK9の全ての機能が停止するのである。



スポンサーサイト



れっちゃんの腎臓フードせんべい

こないだ近所の●ャパンに行ったら
看板がこんなんなってました。


自分の顔は自分で持つ。
2020082517023958e.jpeg
シュール。



さておじーちゃん。

先日の台風の前後4日間ほど、ほんっっっとに何も食べてくれなくて。

何をあげても、
何をどうしても、

どーしてもどーしても
どーーーーーしても食べてくれず。

療法食だけでなく、
腎臓にまあまあセーフな食べ物も含め

煮たり 蒸したり 茹でたり
スープにしたり ピューレにしたり
etc etc..
ありとあらゆる努力を試みても
果てには胃液を吐いても
頑として口にせず。


こっちは心配と疲労で
疲弊しきって
泣けてくるし

しゃがみ込んで
「もうダメなのか・・」

とれっちゃんの寝顔を見ながら力なくつぶやいたり。

翌日も朝食べなければ、
病院へ点滴に行かなきゃいけないのかと覚悟してました。


それでも当の本犬は
「何か」は食べたいらしく

起きればウロウロと果てしなく歩き回り
時にはワタシやダンナの顔を見上げて
「食べ物、ちょーだいよ」って顔するし

犬用クッキーなどあげれば

バリバリバリ---

ってすごい勢いで食べるし

もうーーー
一体どーせーっちゅーねん。(ご乱心)

そんなのが数日、深夜2時まで続く状態でした。


バカ高い腎臓病用の療法食やパウチ、レトルト、生肉、缶詰
スーパーで買ってきたれっちゃん用の野菜などの食材・・

作っては捨て
捨ててはまた作り

あらゆる食材が中途半端に開封され
冷蔵庫は2/3がれっちゃん用食材で占領される始末で。

これ・・みんな捨てなアカンの・・(白目)



ニオイを嗅いだだけで「プイ」とされたゴハン。
202009111608061f9.jpeg
サプリも含め、あーたコレ1食いくらすると思ってんの・・


いやいや、費用はおいといて
ともかく、何か食べてもらわなアカンし。
でも食べられるモノは限られてるし。

クッキーなら食べる・・
カリカリ、サクサクなら食べる・・

歯ごたえのあるモノなら・・


そーか!!



焼いてみよう。元々療法食やしな。身体に悪いモン食べさせるよりはマシやろう。
202009111608232d2.jpeg
捨てるくらいなら、たとえ失敗しても。モノは試し。


何故かウチにあった

せんべい焼き器
(なぜそんなレアなモノが)

たい焼きやホットサンド焼くような
タネをぎゅーっと挟んで焼くやつな。



ん~まだ生焼け。
20200911160837409.jpeg
もんじゃ的なもんになっとる。



もうちょっと焼いてみよう。
202009111608507ee.jpeg
少しそれらしくなってきた♪




両面カリッカリになるまで焼いて
20200911160905c18.jpeg
ここらへんで深夜2時。
ご町内のみなさま、妙なニオイを漂わせてごめんなさい。


少しさまして
おじーちゃんに差し出したら、

すっっっごい勢いで

サクサクサクサクーーーッ

と平らげてくれました。


あっという間に、ご完食。
20200911160918b20.jpeg
久しぶりに見た、空の食器(嬉泣)




「美味しかったよー♡」
2020091116100063c.jpeg
そして久しぶりに見た、れっちゃんの笑顔



もしかして
加熱することで
栄養や消化が低下したり
望ましくないこともあるかもしれんけど
(そのへんよく分からへん)

まあ、元は低タンパク・低リンの食材ということで。
とにかく、食べてくれるのが最優先。ふう~~~~~

翌日も
「腎臓フードせんべい」ならよく食べてくれるので

3回/日、せんべい毎食焼いてました。



おじーちゃん、まだ頑張ってくれるみたいです。

後記:それから2日後、「腎臓フードせんべい」にも飽きたようで(o_o)
   また以前のフードに戻ってきた模様。


振り回されるぅ~~~~~


更に後記:・・またゴハン食べへんようになってきた・・( ꒪⌓꒪)
        「別のもんちょーだい」言うとる・・病むわ。
















アブナイマスクとオイラをお庭に連れてって

光陰矢の如し。

1日って5時間やっけー・・
ていいたくなる。(げっそり)

相変わらずのドタバタな日々を過ごしております。



コロナコロナで
マスクが当り前の日常になって

洗って
干して
教室持ってく
のルーティンの中で

ある日乾いたやつを3枚
ごそっとカバンに突っ込んで

教室で取り出したら

マスク
マスク
●ンツ

やった・・

素材おんなじなんやもん。※画像自粛
20200825172503a4e.png
よかった、着ける前に気が付いて♪
(ええんかね、久々のブログがこんなんで)



れっちゃん、まだまだがんばってます。

お散歩に行けなくなった今
(発作をおこすので)
教室へ行くのが唯一の楽しみらしく

ワタシと一緒に出勤して、
MAYAベーターで2Fまで運んでもらって

室内をトコトコ歩き回って
退屈になると
「ねえ、お庭行こ!」
って誘う。


2Fの室内から庭に出るのに
階段が3段ほどあって

目が見えなくなって怖いらしいので
ここもいつもMAYAベーターで抱っこ。


すっかり補佐役を
「MAYAベーター」と認識したれっちゃんは

お庭に行きたくなると、
ワタシではなく補佐役に訴える。


「オイラを連れてって」
202007222341341e4.jpeg



「あっち(お庭)に」
20200722234222b0d.jpeg



「連れてけ」
20200722234208440.jpeg
吠えもせず、
お庭と補佐役を何度も交互に見ながら。

ワンコって、こういう伝え方するんやなあ。

目線と、鼻先(顔の向き)で
一生懸命に訴える気持ち、くみ取ってあげなきゃね。



昔は補佐役が触るだけで

ガウガウガウーーーーー
(気安く触ってんじゃねーよーー)

と怒りまくってたれっちゃんが

今では
自分から抱っこされようと
ポジション取るようになってます。


「ほい、抱っこせーよ」
202007222341212eb.jpeg
(どこか上から目線W)




噛みぐせセミナー行ってきました

ジャムづくりに明け暮れていた中

今年も、神戸市主催による
「犬の噛みぐせセミナー」
講師に行ってきました。


会場は三ノ宮のど真ん中
202007062129464d1.jpeg
初めて生 Uber Eatsを見て、補佐役と大興奮。


噛みぐせセミナーに限らず
ずっと思ってて、そしていつも思うことなんやけど

なぜ、ヒトは犬たちの「イヤダ」に無関心なのだろう。


言葉をしゃべらない彼らは

全身を使って
「イヤダ」
「ヤメテ」
を表現するのだけれど

ヒトはそれに気が付かない。目を向けない。


たとえ気付いたとしても

拒否するなんてナメているに違いない
反抗するなんて自分が上だと思ってる

もしくは

食べ物を使ってごましちまえばいいんだ


いずれにせよ、犬たちの感情は
軽んじられ
深く受け止められることがない。


どの飼い主さんたちも
犬たちのこと、大切に思っているのに。
愛しているのに。


犬たちが感じているハラスメント
それを重大なことだと思わない人間

その残念な食い違いから起きる
トラブル 怪我 不信感

なんとか食い止めたい、って思う。


犬たちの反応(拒否、恐怖から来る攻撃)を変えたいのなら
まず人間が行動を変える必要がある。
2020070621295958e.jpeg
そのためにはまず
犬たちの
「イヤダ」
「ヤメテ」
を受け取る感受性が必要なんだ。こっち側に。


犬の問題行動・・噛みを治す(直す)トレーニング?
いやいや
犬にとっちゃ、問題行動をしているのは
人間の方だったりするわけで。

柔軟で、公平で、冷静な視点。


まず
犬の
「イヤダ」
「ヤメテ」
が分かる。

そしてそれはなぜなのかを考える。
犬として持って生まれた本能的なものなのか、
人間のやり方が不快なせいなのか、
それとももっと別の理由なのか。

そして
イヤじゃないやり方を考える。工夫する。
時には譲歩する。(犬を犬として受け入れる)

そして
犬がもしも受け入れてくれたら
「ありがとう」
って感謝する。

犬たちからの深い信頼を勝ち得るには
人間側のこんな努力も必要。



犬たちの高度な知能や精神性に比べ

人間が彼らの言葉や感情(ボディランゲージ)を読み取る能力は
あまりに低すぎる。

いや、そんな情報が少なすぎる。


子犬の頃から
オヤツを使って一方的に芸を仕込む情報は山ほどあれど

彼らの意識や感情についての情報・・
それらを教える本や教室はほとんどない。


今回のセミナーで
一人の参加者の飼い主さんが

「犬の言葉(イヤダ、ヤメテ)を教えてもらったから
なんだか、ウチのコともっと仲良くなれそうな気がする」

っておっしゃって下さった。

その言葉が・・何より嬉しい。本当に嬉しい。

それが分かれば
「ごめんね」って言えて

「じゃあ、どうすればいいか考えるね」
って言えるから。



信頼関係
コミュニケーション
互いに笑顔

言葉にするのはいとも簡単なのだけど
(そして大変耳触りがよいのだけど)

相手が伝えようとしていること、
受け取ろうとせずにそんなことは可能なの??


耳をすまそう。
目を凝らそう。
受け取る努力をしよう。
彼らを知ろう。

大丈夫。
そしたらきっと、もっともっと仲良しになれるよ。




ジャムチャレンジ

毎年この時期になると
GK9のヤマモモが真っ赤に実って収穫の時期を迎える
20200706213927ea2.jpeg
今年もいっぱい実ったぞー


5年前
GK9で迎えた初めての7月

まだまだ教室の整備ができてなくて

地面が真っ赤になるほど落ちたヤマモモの実も
かまってやる余裕などなく

そのまーんま落ちるに任せて
放っておいたら

梅雨時の暑さで発酵しはじめて
天然のワインができちゃって。

毎朝酔っ払いそうになった
懐かしい記憶がよみがえるわ。


翌年からようやく少し余裕ができて

ヤマモモジャムを作っては
飼い主さんたちに配りまくるというルーティンができあがって


はい、今年も配っております。
20200706214334be2.jpeg
今年は70個ちょい、かな


GK9に通ってまだ数回の
パピークラスの飼い主さんにもお渡ししたんやけど

「はい♪昨夜作った手作りのジャムどうぞ♪」
て渡したら

「あら!先生もそんなことなさるんですね~」(驚)


・・そらな。

いつも黒い服着ていかついオンナやけどな。

補佐役のこと、いつもオラオラ言ってるけどな。


「ええ♪ワタクシもたまにはこーゆーことするんですのよ~」


「ピラピラのエプロンして♪」(うそつき)

もう、こういう会話好き。好きでたまらん。



とにかくヤマモモジャムは手間がかかって

連日、帰宅してからジャムづくりに着手するんで
この時期は寝不足になるねんけど


今まで歩んできたGK9の道のり
今年も一人一人にジャムを渡せることの喜び・・

皆さんがGK9に通って下さること
GK9という場所を与えられていること
ジャムを作れる自分の身体
ジャムを作れる家があること etc..

いろんなことを想いながら


あと数日、ヤマモモの時期が終わるまで

深夜に鍋を掻き回す日々であります。








確認スタンプお願いします

食欲が不安定で
ゴハン食べてくれる時間がまちまち

イコール=

○ンコの時間もまちまち。
・・な老犬れっちゃん。


GK9の2Fでお留守番してもらってる間にもよおして

タイミングが悪く、こーなったことが過去に数回。
20200131090408531.jpeg
○ンコ点々事件。
過去記事:夢を売るのだ


実はこないだの
魔物が集うリモートセミナー
の後ろでもこの惨劇が起こってて

画面に映らない場所で
補佐役が一生懸命片付けてくれていたという。



ほんまにいつもすみません。ほんまに。
20200521112745ffe.jpeg
陽水のヅラを外し、洗ってくれた床マット。


それでも基本綺麗好きなれっちゃんは
家のトイレではこんなことはなく

「よろめいた時に落としたね?」
てくらいの外れ方で
特に問題はなかったんやけど

こないだ

大いによろめいて

ついでに
「おっとっとっと」と動いたらしく

トイレからリビングの中央を通って
さらにダイニングの方まで

○ンコが点々と落ちてました。


ほんで
「出た出た~スッキリした~♪」と
軽快に歩き回ったらしく

その際点々の○ンコをしっかり踏んだらしく
(歩くルート決まってるから・・)
(そのルートで落とし物をすれば、何度も上を歩くことになるワケで・・)

リビング&ダイニング中に、
無数の○ンコのスタンプが押されるという。
※画像自粛


キッチンで洗い物が終わって振り返ったとたんに

90度後ろにのけぞったわ。まじで。


15秒ほどその姿勢でフリーズしたけど

ニコニコと歩き回るれっちゃん
さらに増えるスタンプ

「ステイ!!!(待て)」
言うたけど

おじーちゃん、聞こえてない。耳遠い。


ジェスチャーで「ステイ」

おじーちゃん、見えてない。目悪い。



除菌スプレーとトイレットペーパーを手に

床にはいつくばって
スタンプの一つ一つを拭いたけど

床材、滑り止めのウレタンマットやから。
網目状に筋入ってるやつやから。
溝に食い込む食い込む。


やっと半分くらい夢中で拭き取って
何気に振り向いたら

おかしい。
またスタンプ増えてる・・・

て、アタシも踏んでたーーーーカカト!


二人でスタンプ押しとったんやね。(泣)

その他
れっちゃんのベッドと敷物
床に敷いてたアタシの長座布団
及びソレにかけていたカバー類

あらゆる物に
れっちゃんの「ボク、元気に歩けるよ♪」
のスタンプが押されてて

気が遠くなりそうなのを
「何より・・何より・・何より・・」と呪文を唱えて
正気を保ちつつ

約1時間かけて片付けました。

きっとまだどっかに少し残ってるでしょうけども

もうええねん。

愛するれっちゃんの○ンコと共に暮らすわ。


老犬との暮らし。

多分、まだ、序の口。




おじーちゃん おじーちゃん言うな!!
202005211327501be.jpeg




GK9的 初BBQ

れっちゃんが17歳を迎えためでたき日


れっちゃんのバースデイ帽子に続き
補佐役の優しき気遣い
202005281156185e7.jpeg
ばばーーーーん


あんな恵まれた環境にもかかわらず

日々あまりに忙しく

実は今までGK9でBBQなるものを
したことがなかってん。

・自粛解除祝い
・6月からの怒涛の日々に向けて英気を養う
・れっちゃんの介護慰労
・ワタシの低タンパク問題改善(過去記事:ステイHOMEで低タンパク
・たまたまこのコンロが家にあった

モロモロの理由により

ついに!
GK9初のBBQ!!


あり得ない量の肉を買い込み
ついでにいなりずしも(20個) @●務スーパー
20200528090722cad.jpeg
え、二人で食べるんやんな・・・




肉と炭水化物ばっかりってのも健康によろしくないので
ちゃんと野菜も準備したさ。
20200528090809b8e.jpeg
野菜て・・トウモロコシとピーマンだけかぃ




コンロに火をおこす補佐役
20200528121234cf4.jpeg
パタパタパタパタ



パタパタパタパタパタ
20200528121249f68.jpeg
パタパタパタパタパタパタパタパタパタパタ




少しは手伝おうかね
20200528090900eaa.jpeg
(・・3分で飽きた)




ひたすら焼いては食べ 食べては焼き
20200528090922ac5.jpeg
2人で
800gの肉と
いなりずし10個を平らげ

ワタシはその後デザートにプリン(300g入り)
を完食し




ふとヤード(庭)の端を見ると



ん?(画像横向き直らん(汗))
20200528091038cb9.jpeg
なんか様子が違う・・・?



カボチャの苗ーーーしかも9本!!植えてあった!!
20200528091053455.jpeg
多分・・母だな。

母の日にトマトの苗を贈ったんで

お返しにれっちゃんのバースデイに
カボチャの苗を植えておいてくれたらしい。

上手く育てば
1つの苗で4個くらい実るらしいので

9本×4個=36個

のカボチャが収穫できる・・のか・・?

いっぱい実ったら、レッスンの景品にしようかしらね♪


良い子のわんちゃんは、
●シッコかけないように!!!!



オイラ誕生日なのに、お肉の匂いだけ~
202005280906430ff.jpeg
腎臓病だから仕方ないでしょっ byアタシ



ボクは腎臓病じゃないんですけど・・
202005280905537b6.jpeg
しゃーない。そんなコトもあるわさ~ by補佐役










れっちゃん、17歳

オイラね
20200528090610d2c.jpeg
こないだ(27日)17歳になったんだって!

17年。
6205日生きてきたわんこ。


ほぼ本能だけで生きていた幼い時代

人間との暮らしが始まって
色んなルールや人間との付き合い方を覚え

そしてまた、
本能の世界へと帰っていく。


昔苦手だったこと

「大丈夫、平気」を教えて
受け入れられるようになり


だけど歳を重ねた今

昔苦手だったことが
また苦手になる。

ああ、やっぱりしつけで全てを変えられるわけじゃないんだなあ。


一時は受け入れられるようになったけど、
老犬になってからまたイヤになったこと


見慣れぬモノを身に着けること。
20200528091235551.jpeg
ボクは平気byトム


れっちゃんの17歳のお誕生日に
補佐役がバースデイ帽子を持ってきてくれました。
(ありがとよー(ノД`))

だけどかぶせると
間違いなくすっごくイヤがると予測されるので
(発作を起こすほどに)



遠近法で撮ってみたり
2020052809130106d.jpeg
(気付いてない♡)




そ~っと上に配置してみたり
20200528091411f2c.jpeg
(気付いてない 気づいてない・・♡)




ん?
20200528091321df9.jpeg
(マズい!気付かれた!!)




寝てるれっちゃんの側にそ~っと置いてみたり
20200528091001119.jpeg
・・お供え・・?




そりゃあ、こんな可愛い写真撮ってみたいなーとか思うけどさ
20200528091015699.jpeg
頭が暖かいよ♪byトム

「自分が見てみたい」だけの自己満足で
今のれっちゃんに負担をかけるのは
なんか違うと思うから。


人間と暮らす中で
どーしても
どーしても
どーーーしても
わんこに出来るようになってもらえないと困る
そんなコトも多々あるけど

そのコが
どーしても
どーしても
どーーーーしても
好きになれないことを

こっち側の「お楽しみ」だけで
押し付けるのはなんか違うと思うんだな。

それは「しつけ」じゃなくて
「欲望」もしくは「無理強い」
と呼ぶのではなかろうか、と。

オヤツ使ってると、(だって喜んで食べるから)
その意識って薄れがちなのがコワイと常々思う。


日常生活に差しさわりのないことであれば

彼らの「イヤだよ」の言葉を

受け取って
理解して
受け入れて

時にはこちらの欲望を我慢する

そんな「優しさ」って
あっていい、と思う。


何でもかんでも人間の欲求に合わせて
オヤツ片手にトレーニングに走るだけが

「優しいインストラクター(トレーナー)」じゃない。

そんな哲学。




「どーしてもイヤなこと」あったっていい。
それしきのことで、キミの価値は揺らがない。
2020052809121374c.jpeg
「イヤなものはイヤなんです」
そう教えてくれるキミで良かった。

17年間、ありがとう。
これからも、よろしくね。





滑るな滑り止めマット

ついに17歳になった老犬れっちゃん(万歳三唱)

筋力が低下してきたこともあり

オ○ッコも○ンコも
トイレで同じ姿勢を保って踏ん張ることが難しくなってきました。

痩せてきたとはいえ、まだ15Kgはあるので

踏ん張ってるときに重ねたペットシーツが
ズズ~・・っと滑ってしまい

脚が開いて
尻もちついたり転んだりしちゃうねんな。

その度にしょんぼりしてる姿を見て
何とかならんものか、と思案を巡らせていました。


気が付けば介助もするんですが

基本的に排泄中に身体をホールドされるのは
好きじゃないみたいで

あまり繰り返すと、今度はワタシがいる時は
排泄をしなくなるんじゃないかという空気も漂い出したんで


ペットシーツの上に百均の滑り止めマットを敷いてみることに。
2020052111290193a.jpeg
れっちゃんもピタっと止まってほしい。



帯状の2本、端を重ねてこんな感じ。
202005211128038ea.jpeg
少しでも滑りにくくなるといいな。


・・と願っていたんやけど


今度は踏ん張ったときに
脚を置く位置によっては

2本の滑り止めマットが
生き別れに。


くそ~これもアカンか。
滑るんかい、滑り止めマット。


てことで、ホームセンターに行って
生き別れにならない大判の滑り止めマットを見つけてきました。



コレなら、”1枚もん”やから
マットが生き別れにはならんやろう。
202005211128187b1.jpeg
1m×1mでカットすれば、
洗い替え含めて4枚ができることに。



よーし!さあ来い!!
20200521112834bc2.jpeg

使い始めてまだ数日ですが

今のとこ、まあまあ”以前よりは”イイ感じ、なのかな。
(超ビニール臭いのを除けば)


とにかく、考える。
実際に試してみる。
工夫する。
ほんでまた考える。

「どーしたらいい??」
ってときの打開策って、
きっとこれしかないんだよな。

この仕事といえば
そんなことばっかりで
(答えなんかない世界やから)


たとえ教科書に書いてあったとしても
インストラクターの試験で100点取っても


れっちゃんが一言「イヤ」っていえば0点


ニンゲンが人間につける点数なんて
所詮
人間の感覚でしかないんやからな。


犬に聞く。
犬に相談する。

そのコに合わせた方法を考える。
必死で探しまわる。


そんな当たり前の根本を
学ばせてくれるれっちゃんは

やっぱりワタシの師匠だ!



魔物たちふたたび

採血で泣きそうになった日の午後
プロコースのセミナーがありました。

今回もすていほーむあとちょっとガンバレということで
リモートセミナー。


はい、今回も集まりました。
2020051513314494b.jpeg
全国各地から、魔物集合。




空虚な眼をした白面のスヌーピー
20200515133255f80.jpeg
首かしげんとって。こわいから。かしげんとって。




「・・中身、誰・・?」と一瞬ザワついたターミネーター
@かなり壊れた頃
20200515133220c92.jpeg
ねえ、怒ってる?え、笑ってる??




小物、髪型、全てにパーフェクトな80'sのヒッピーにーちゃん
(いや、70'sかしら)
20200515133235314.jpeg
クリスマスにこのいでたちしたら、子供に泣かれたらしい。
・・だろうな。



そしてGK9にやってきた井○陽水
20200515133356fa3.jpeg
違和感ない。全くない。むしろ似合ってる。




まさかのアフロ&グラサンカブった。どこまで一致すんねん。
20200515133316fc3.jpeg
しかしアナタは陽水、アタシはクリキン。あー果てしないー




途中でお色直しする白面のスヌーピー。
20200515133329cb4.jpeg




こっちも。
2020051513334203f.jpeg

ほんま何のセミナーやねん、て感じやけど

今回も
紫外線と骨の形成の話から
伝えるための話の切り口テクニック

コロナ禍における首長の動きから考察した
犬が必要とするリーダーシップとは?etc..

休憩は3分のみ
あとはノンストップで飛ばしまくるセミナーでした。


TVを付ければひたすら流れるコロナ関連の情報番組
その話の流れは情報扇動になってはいないか?

「みんなこう言ってる」
そんな刷り込みを色んな場面で鵜呑みにしていないか?

「みんなの向いている方向がきっと正解」
そこに身を隠す安心を求めてはいないか?

別の角度から見れば、違う景色が見えてこないか?

自分の意見を主張しないその優しさは、本当に優しさなのか?
優しさと弱さを混同していないか?
今回のコロナ騒動で、導いて欲しくなるリーダーは誰だった?
それは、どんな姿勢を貫く人だった?
ならば、不安になっている犬にとってはどうだ?


GK9のプロコースは
用意された答えの暗記の知識ではなく
そこからはみ出さないのが「良い子」ではなく

自分で考え、探し、答えを見つけられる
次世代インストラクターのためのセミナー。


「世界は平らで、下から亀が支えている」
と誰かが言っても
「ほんまにそうなん?」って確かめに行けるような

好奇心旺盛で
客観的な眼を持ったプロフェッショナル。


色んな角度で見てみよう。
自身で考え、自分の意見を持ってみよう。

そんな人材が、この業界を新しい時代へと引っ張っていく。


何でも、どんな時でも、そのトレーニングはできる。




 | HOME |  »

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

かうちゃん

ブログ内検索