napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

鳥も努力する

今日は喉の痛みも少なく、体もラク♪



雨の合間にれっちゃんのお散歩へ。




ついに桜が咲き始めましたね 


今年の桜は、また一段と感慨深い。。。







ウチの近所では、毎年ウグイスが鳴きます。


朝、ウグイスの声で目が覚めるなんて、
贅沢な幸せ~♪



3月初旬から6月頃まで、
毎日楽しませてくれます。



色んな意味で(笑)






ウグイスって、鳴き方に上手い下手があるんですね。





猫八さんみたいに(?)
キレイに鳴けるコもいますが


中には


リズム感が悪かったり 

オンチがいたり  





新人ウグイスは鳴き方もヘタクソなんだ~ 




春が深まるごとに

少しずつ上手になって



初夏にはみんな立派に鳴けるようになって

やっと安心して聞いてられるようになります。







動物って、生まれながらに出来ちゃうことが
ほとんどだけど、


練習して

やっと上達するなんて







人間臭い鳥だ。(笑)










だつもー5日目。

相変わらずの壮絶な状態。。。




まだ姿は出さぬ方がよかろう。







本日の状態に近い方はコチラ↓










unabara1_convert_20140330171710.jpg










まさに、こんなカンジ。
unabara2_convert_20140330171801.jpg
ダンナがコレをやったら、ブン殴る(笑)






海原師匠、ご出演有難うございました

スポンサーサイト

fight to survive

ここ数日、微熱やら口内炎やら脱毛やらで

体調バッチリ

とはいえない日が続いていましたが。





気がつけば、右胸の腫瘍がかなり柔らかくなり、

はじけそうだった病変部の色が変わってきました。


以前は赤々として、
いかにも中からエイリアンでも出てきそうな(怖)
状態でしたが、

少しずつ黒く枯れたように
変化してきました。



抗癌剤、効いてるんだねぇ。






抗癌剤は、細胞分裂の早い細胞を「とりゃ~」と攻撃します。


なので

癌細胞をビシバシ攻撃しますが、

ちょっとおバカで(失礼!)見境がないので、

正常な細胞も、分裂が早ければ

「オマエもかっ」と一緒に誤爆攻撃しちゃいます。



で、巻き添えをくらう正常な細胞ってば

分裂の早い造血細胞、口や胃、消化管の粘膜細胞、毛根や爪の細胞だったりするわけで

副作用もそれに伴う
貧血や免疫不全、口内炎、吐き気、脱毛、爪が剥がれる・・

だったりします。




体質にもかなり左右されるようですが、

予定された回数の抗癌剤投与を受けられるのは
全体の60~70%

30~40%の方は副作用が強すぎて中断すると言われています。





今は副作用を緩和させる良い薬が出てきているので、
だいぶん楽になったと聞きますが、

それでもそれなりに大変だったりするみたいで。




するみたいで・・なんて他人事みたいに言ってますが(笑)

私の今の状態なんて、まだまだ軽いほうです。



まずは8クール(あと7クール)

抗癌剤投与を受ける予定ですが、

回を増すごとにしんどくなるケースが多いらしい。



予備の体力が削られていくんですね。





抗癌剤治療のもうひとつの副作用とひそかに言われる

ケモブレイン。



ケモ(抗癌剤治療)ブレイン(脳みそ)ってことで

抗癌剤治療中におきる記憶障害や判断力、集中力の低下、計画能力の低下・・



いわゆる認知障害。
(この仕事じゃ、致命的だな)





抗癌剤治療によって脳が損傷を受けるので

治療が終わって元に戻る場合もあるし、
数年続く、あるいはそのままの人もいるとか。



でも大半は、多かれ少なかれ

治療中に症状が出てくるらしい。




う~~~~~ん





もしこのブログが

ナンかヘン??

と思ったら、


「ケモブレったな」

と思ってやって下さい。








しかしこの抗癌剤治療って・・スゴイ発想だと思う。


だってね、

癌細胞と自分の


相打ち狙い


ですよ?



肉を切らせて骨を絶つ、ってやつですか?

それでも確実に骨を絶てりゃいいですけどね。




どっちもハイダメージだけど・・

オマエとアタシ、最後はどっちが生き残るよ!?

先に力尽きた方の、負け。
生命力、残ってる方の勝ち。





サバイバー合戦。






でも、それほどまでに
強大な敵なんだろうな、と思う。



良い薬が出てきてるとはいえ、

まだまだヤルかヤラレルかの病気で。





大切なものを勝ち取るために

強すぎる敵から何かを守るために



こっちも相当のダメージくらうの分かってて

正面突破で

勝ちを取りに行く。



行かなきゃなんねぇ。







でもそれは

病気に限ったことではなく。





自分が傷つくリスク
失敗を恐れる気持ち
ダメージ受けたくない気持ち
恥をかきたくないプライド




ダメージを全て回避して、
安全地帯からオートマチックで

自分が欲しがってる”ソレ”は




本当に手に入る?





やみくもに突進して
傷つくことに美学を求めてはいないけど




本当に欲しいんだ!
絶対に手に入れたいんだ!


そう心が求めるものならば





傷つくことを承知で
正面から掴み取ってみるのも

そう悪くない。




勝ち取った瞬間に
きっと
傷は傷でなくなり


かけがえのない勲章になる。









さて、3日続けてお届けしてきた
だつもー速報ですが。



4日目を迎えた今、


かなり



壮絶な状態となっております。



事実をありのままお伝えするのも
良いんでないかい?



ちょっと迷いましたが




このまんま画像を載せると


良い子が泣いてしまったり
繊細な人がトラウマになってしまったり


いくら関西でも

いわゆる
「シャレならん」


状態かなと。




そんな訳で、今の状態に一番近い頭髪をお持ちの方に
ご登場いただきましょう。












ega1_convert_20140330090832.jpg










「ここらへんもな~ ヤツはもっと薄くなってるらしいぜ!」
ega2_convert_20140330091022.jpg


エガさん、代行有難うございました。(人-)

3日目の黒い薔薇

ちょっと熱が出て一日中モーローと
横たわっておりました。



口内炎いてーし。

口内炎って、唇のウラや頬の内側に出来るもんだと
思っていたんですが。


歯茎にも出来るんですね。







さて、だつもー3日目。




順調に抜けております。







夕方から体調が回復してきたんで、

風呂に入り。





抜け行くものは追わずの精神で
今日もせっせと頭を洗い。







でも、毎晩風呂でしっかり抜く(?)ので
就寝中や日中の抜け毛はほとんどありません。






「枕にごそっと抜け毛がついていて、
 朝起きてギョッとした」


「部屋中に抜け毛で掃除が大変だった」



と事前リサーチで情報はありましたが、
おかげさまでそんなことはなく。





脱毛仲間に朗報



ええですよ、
脱毛風呂。







髪を洗えば

やはり
80%は抜けた毛を洗ってることになるんですが




手に絡んだ抜け毛をシャワーで流して



それを何度も何度も繰り返していると




排水口の周りを囲むように


抜けた毛が幾重にも

丸く



流されて集まってくるんですね。





頭を洗うときには
当然メガネも外すワケですが




ワタクシ裸眼0.03。






0.03の視力で

排水口のその状態を見ると


まるで黒い薔薇が咲いたよう 




まあ、文学的。








さてと、そろそろ出ましょうか。


メガネをかけると



 黒い薔薇  は











単なるおどろおどろしい










ホラ~~~~~~ 







チッ 




3日目。
datumo3.jpg
だいぶん薄毛が目立ってきた。

また会う日まで

いつまでも
絶えることなく

友達でいよう

今日の日は
さようなら

また会う日まで














抜け始めて分かる。
髪は長~~い友達。
(このCM分かる人は多分アタシと同世代(笑))




抗癌剤入れて
ぴったんこ2週間で来ました・・・



だつもー。



お見事。




お風呂で髪を洗っているときに、アヤシイ雰囲気・・



シャンプーしてる指に続々と毛が絡んで、




生えてる毛をシャンプーしてるのか?

抜けた毛を洗ってんのか??



よく分からない状態になりました。





お湯で流しても
いつまでたっても髪は抜け続ける・・・





排水口に溜まっていく、
毛髪の束。。。







ホラ~~~~





でも、このホラーな状態がリビングで起きるのもナンだし


いっそお風呂で抜けるだけ抜いたほうが
片付けやすいのではっ!?





すい~(手ぐし)
ズルズル。


すい~
ズルズル。




時々、白髪も混じって抜ける。

「オマエは抜けてよし。」
ちょっと微笑み。




すい~
ズルズル。。。。



かれこれ40分。


終わらん。







エエ歳したオンナが
風呂場で髪を抜く・・・


時々微笑みながら・・・




ヤバイ。




客観的に見て、これはヤバイ図である。



今日はこんなとこにしとこう。










で、コンディショナーはするべきか。



どうせ数日内に全部抜けるなら、高待遇は必要ないのか?

それとも、今までの労をねぎらうのが、人の道というものか??





うん、人の道を選ぼう。



今まで、私の頭を守ってくれてありがとう。

たっぷり、栄養をお吸い。







・・・生えてる毛にコンディショナーしてるのか?

抜けた毛にしてんのか???





またもや分からない状態になり。

ちょっとイラっとしたのであった。




もしかして、だつもー始まったかも?
datumo1.jpg
1日目。





本格的にだつもースタート。
ホラーな風呂を終え。
datumo2.jpg
2日目。







それでもまだ全然残ってる!!!!!
あんなに抜けたのに!!




大事な頭、守ってくれてるんだな。



ありがとう、モウハツたち。



次に会うのは1年後になるのかな・・

また会おう!!

やや不調

ここ数日ずっと喉の痛みが続いておりまして。



昨夜から、頭痛と関節痛もスタートし。



足の指の痺れも少々。




さらに口中に口内炎ができかかってて、痛くてモノが噛めんとです。。。




味覚異常?も出てきました。



全部の食べ物じゃないんですけどね、

ヨーグルト食べたら苦く感じたり。





ドカン、とデカい副作用が出る、というよりも、

あっちジワジワ、こっちジリジリ、って
地味~~~なカンジで。




寝込むまでのこともなく、
ちょっとその気になりゃ動けるけど。。

常に体が不快。。。



というイラッとさせるタイプの副作用ですな。






抗癌剤入れたのがちょうど2週間前。



そろそろ脱毛も始まったかな~~?
な雰囲気で。





2週間前に体に入ったモノが、
こんなに時間が経ってから影響してくるんだ~?

だって、2週間前、何食べたかなんて覚えてないでしょ。



でも体は覚えてるのね。




たいしたもんだ。







そうそう、禁煙、続いてまっせ。



つい換気扇の下に行っちゃうけど。


「あ、禁煙してたんだっけ」


とまた立ち去る。(笑)




ずっとストローってのもナンなので

定番の禁煙パイポ買ってみました


ロングセラーだけあって、
やっぱ
イイ!(゚∀゚)



長続きするもんには理由がありますな~。

鼻血ブー

なんて懐かしい響き。





鼻血ブー。




小学生の頃は。


鉄棒から落ちたといっては鼻血を出し。


友達から頭突きをくらったといっては鼻血を出し。




そのたびに男子から鼻血ブーと言われ


天を仰いで


首筋にチョップをかまされたっけ。
(チョップかますと鼻血が止まるという・・?迷信)






むやみやたらに鼻に衝撃を与えることがなくなってから
十数年。







今朝、久しぶりに




鼻血ブー。







何にもしてないのに



鼻血ブ・・もういいか(笑)







お約束の
鼻にティッシュつめて


しばらくしたら止まりましたけど






昨夜テレビで
内臓のスゴイ機能の番組見まして。


肺とか。
腎臓とか。





知らんところで、
こんなに精密に頑張っている各臓器。


それぞれの臓器が
自分の役割に専念して

奇跡のような機能を働かせて



それで当たり前に健康でいられる。



すごーい。
生き物、すごすぎる。






寝ているれっちゃんのお腹にそーっと耳をあてると


ゴロゴロギュ~と

何かを一生懸命消化してる音




彼らの体もまた
奇跡の集合体であり




各パーツが

末永く

その奇跡の働きの健やかたらんことを


心から
心から


しばし祈りました。













アタシは忙しい

今日は退院後の体調チェックのため
通院受診。


病院に「ただいま~」ってカンジ^^;





血液検査で白血球の数値を確認。






本日の白血球 1100






せ・・・せんひゃくぅ!?







低っ






通常健康体であれば3300~9000らしいですが、
抗癌剤の副作用で白血球が品切れ状態。


もーこうなると、何でもかんでも感染しちゃうってば(笑)



つきましては


常にマスク着用
1時間に1回の薬用ハンドソープで手洗い
ケガ厳禁
生もの厳禁
風邪っぴき接触厳禁
etc..




普段、どれだけ体の防御反応に丸投げだったか、って
改めて分かりますわ。


ごめんね~。


黙って必死で戦ってくれていたんやねえ。

もっと、ちゃんと自分の体にお礼いわんとね。(人-)






癌では、進行状況によってステージってやつがありまして。



私のステージはⅢb。

5年生存率、33~45%。







さ、サンジュウって・・





これまた・・・・






低っっ





しかもこのパーセンテージは、あくまで”存命中のヒト”という数値なので


寝たきりだろうが
再発していようが

とにかく生きてればカウントされる数字。






それで5年後に生きてる確率33~45%かあ。

キビシイな。。。
(ま、でも定員があるわけじゃなし。(笑))




抗癌治療は、あまりの副作用の酷さに
途中で継続できなくなる人がいる。


そして一旦治療が完了しても、
その再発率は驚くほど高い。




5年。


けっこうすぐだぞ?^^;





仕事を休まなくてはいけなくなると確信したとき、
お客さんにどう伝えるか・・悩みました。



サラっと、「ちょっと病気だけどすぐ戻るし♪」
とでも言っとく?
その方が余計な心配かけないし。



なんて考えもしましたけど。






ちがうな。





そのテキトーなごまかしは、思いやりなんかじゃない。





みなさん、時間とお金を使って、わざわざ足を運んでくれるんです。

「せんせー、きたよー♪」って
犬と一緒に(笑)駆け込んできてくれるんです。




うまくタイミングが掴めなくて、自分の口からは言えなかったけど


ピンチヒッターの同僚からは、ありのままのことを伝えてもらいました。






私ね、単なる犬の先生なんだけど、
人生の一部に関わらせて貰ってるワケで。


単なるお客さん、なんかよりも、
もっと深くて強いものがそこにあります。(と勝手に思ってる(笑))





そんな自分が伝えられることは、
犬のしつけについてだけなのかなあ?





いつか自分も癌になるかもしれない。
検診はちゃんと受けておこう。

とか。


これだけの癌国家なんだし。
もしも今後誰かが癌と診断されたとしても。


そういえば、アイツが癌だとか言ってたな。
でもそれなりに頑張ってたっけ。
私も頑張ってみるか。


なんて思ってくれたら。




人生に関わらせてもらえたお礼が、
犬のしつけ以外でも、
いつかどこかでできるといいな。




犬のしつけインストラクターってね、
犬にオスワリや芸を教えてりゃいい、ってもんじゃないと思う。




その人の生き方からにじみ出る

命への尊敬や想いがあって、

その想いをレッスンという形に乗せて伝える。。。


そういう仕事だと思うのです。






ねえ、子犬の生命力って逞しいと思わない?

ねえ、若犬のエネルギーって、すばらしいと思わない?

ねえ、犬たちのココロってこんなに奥深いんだよ。

ねえ、彼らってこんなに優しくて賢くて、ステキな生き物なんだよ。

楽しいね、不思議だね。
愛しいね、興味深いね。


ヒトと犬は、もっと仲良くなれるよね!!





って。





この仕事してると、

「犬のしつけ!」「犬のトレーニング!」「犬の勉強!」

「犬の○○」「犬の・・・」

”犬”ってパッキリ分けて考えるヒトが多いけれども。



ちがうんだよ。


繋がってるの。




自分の生き方。

命への考え方。

生命への敬意。

豊かな日々の過ごし方。



犬だから、人だから、なんて
区切りは、ない。


区切っちゃ、だめ。





だから私は、自分の生き方ごと、
みんなに伝えようと思う。






悲劇のヒロインになってるヒマはない。

根拠のない楽観に甘えてるヒマもない。





5年。
とにかく当面の目標5年。





5年で
今のしつけの常識を変えてやる。

犬たちはまだまだ苦しがってる。

コンパニオンだなんていいながら、
共存なんて程遠いしつけの常識。

オヤツ使って優しい顔して、ヒドイこと指導してる。




5年で何かを形にする。


犬たちの尊厳を、権利を、取り戻す。



犬の神様!
力を貸しとくれ。




アタシ、忙しいぜ!!


(こういう話・・またじっくりfellowship laboに書きます♪)

まだ2週間

ようやく夜も目が覚めずに
朝まで爆睡できるようになり。


気力・体力共にだいぶん戻ってきました。



とはいえ、やっぱりすぐにバテちゃいますけどね。(悔)



ん?

病気のせいじゃないって?
・・歳のせい?


そういわれりゃ、そんな気がしないでもないケド


うるせーよ。








急展開でお仕事できなくなってから、

2週間ちょっと。





まだ2週間!?
うっそーーーーーん




信頼できる同僚にピンチヒッターお任せして、
自分のメンテナンスに専念させてもらうことができたけど。

みなさんにきちんとお伝えできなかったな。。。




レッスンの曜日・その時間になると、
みんなの声が、顔が、浮かんでくる。


今頃、あんなことしてるかな、
こんなことしてるかな、
相談受けたあのこと、その後どうなったかな、
仲良く暮らせているかなって。



どの飼い主さんとも
もう長いおつきあいで、

遠くの親戚よりよっぽどしょっちゅう会っていて


一緒に来てくれるお子さんがどんどん成長していて
まるで自分の甥っ子姪っ子みたいで



どのわんこもすでにウチの子と同様で(笑)

ピッカピカの個性派揃い。

長所も短所もよーくわかってて


ウチの子と同じように時には「コリャ!!」と叱るけど
可愛くて愛しくて。





土・日・火の3日間。



ココロはいつも、教室にいます。

気力エンプティ

少し歩ける程度に体力が回復してきたので。



久しぶりに、れっちゃんのお散歩へ行こう


れっちゃんは今ではもう、ほとんど引っ張らないし。
他犬に吠えられても、基本スルーできる。


体力ヘナヘナな今の私でも、ゆっくり1/3周くらいなら行けるかな。


なんて思いながら、家の前へ出たんですが。




その瞬間、
犬を連れて歩くのに必要なものは、体力だけではナイと悟りました。





犬を連れて歩くのに必要な
もうひとつのもの。








それは






気力 






今や滅多にないけれども。

もしもれっちゃんが何かに激昂したら。


今の私の気力では、制御しきれないだろう。



「止めよう」
とする意思の前に

「困惑する」
が先に立ってしまいそうだ。






気合だとか
毅然とした態度だとか
リーダーのオーラだとか

色んな言葉で言われてるけど。





つまりは、気力





何があっても自分が安全を守ってやるんだ、
とか。


吠え掛かって迷惑をかけないぞ、
とか。



リードを持つ者に、
明確な意思があること。

意欲があること。





犬は、側にいる者のその気力を感じ取る。






・・で、今日のワタシには
その気力がエンプティである。



はて。




面白い。(爆)





この気合の入った犬が
DSCF0722_convert_20140323224048.jpg
気力のないニンゲンにリードを持たれたらどうするか。






結果。





気力のないニンゲンは





ほぼ引っ張ることのなくなっていた11歳の老犬に

今さら さんざん引っ張り回され



他犬にちょっかいを出すことを楽しまれ





翻弄され放題で散歩を終えましたとさ。









結論。



気合の入った犬の場合。
(あくまでも”気合の入った犬”の場合。
 全ての犬に適応されるわけではない。)


リードを持つ者はそれ相応の気力が要求される。




なぜなら犬は



関係性を重視する社会的な生き物であるがゆえに



相手の出方によって自分のふるまいを決めるという



こざかしさ 高度な判断能力を持っているから。


いわゆる”人を見る”ってやつですか。






そりゃそうやねえ。

フヌケたニンゲンに、判断委ねるのは自殺行為やもんねえ。

いくらオヤツをチラつかされてもねえ。

















現状覚え書き

ちょっとずつ、体力回復ちう。



軽い動きなら、1時間くらい連続稼動できるように。




さらに、夜も熟睡できる時間が延びてきて。

それでも、まだやっぱり朝4時に目が覚めるんだけどね。^^;




体調の変化覚え書き。


脱毛はまだ今のところなし。



喉の痛み・・・
粘膜がヤラレる副作用が出てきたみたい。

でもまだ口内炎は出来てない。
エライぞ、アタシの免疫力!



粘膜つながりか?
コンタクトが痛くて入れられない。
必然的に、メガネ生活。


加えて
とにかく日光がまぶしい。
外に出るにはグラサン必須。


ただし、コンタクト入れずにグラサンだから。
裸眼0.03と言われるアタシ。

ほぼ、何も見えてないのと同じ(笑)



頭痛。
時々やってくる。
すぐに去っていくけれども。



足の指の痺れ。
なぜか左足の親指と人差し指。
気がつくと痺れていたり、治っていたり。




吹き出物。
額、頬、何なら頭髪の中にも
一斉にブツブツが出てきた。

胸、背中にも同じく。

鏡で見ると、ありすぎてちょとキモチ悪い。。。




腫瘍の硬さの変化。
今までカッチカチやぞ!!な硬さだったのが、
少し柔らかくなってきた。

おかげで右を下にして眠れるように。



しかし、患部から突然出血。
コレかあ~。
「もうすぐ皮膚を突き破るぞ、癌の塊が外にはじけるぞ~」
と主治医が言ってたのは~・・


とりあえずガーゼで圧迫止血、
テープでバッテンにしとく。

今度の診察までこれで様子を見るか。




さて、抗癌剤が勝つか、
外に出たがる腫瘍が勝つか?




只今、白血球減少キャンペーン中のはず。(底値の時期)
数値は今度の診察時にチェック予定。





今のところ、覚悟していたよりは全然マシ。


まだまだ、イケルで!

取り戻す

退院して翌日。
まだ、なんとなく感覚がつかめません。



相変わらず、夜はすぐ目が覚めちゃうし。
昨夜はダンナをまたいで、3回トイレへ行きました。

習慣って、コワイですね。



それでも、久しぶりに3時間ほど熟睡できたのは嬉しかった~♪




まだ体力が回復していないので、スローモーかつすぐ電池切れになりますが。


洗濯機に洗濯物を放り込み。
→休憩。



干してある洗濯物をたたみ。
→休憩。



半分干して。
→休憩。



残りを干して。
→休憩。
※ここらへんで、すでに夕方




れっちゃん、今日はお散歩行ってあげられなかったね・・
ごめん。(人-)






昨日帰宅したとき。


1週間ぶりの再会に、れっちゃんがどんなコトになるかな?と
楽しみにしてたんですが。^m^




まず玄関で、歓迎のペロペロ~~



ぺ・・・・・。(動きとまる)



ペロペロ~~



ぺ・・・・。(動きとまる)




ブルブルブルッ



そして変なテンションで走り去って行き、
部屋の奥から



ウオゥ~~~オゥ~~~~





遠吠えが聞こえてきました。。。(笑)



知ってる人なのに知らない臭い~
(多分細胞レベルで臭いが変わってると思う)

嬉しいんだけど緊張する~




葛藤?かな。




内心、感動の再会を期待してましたけどね。
なんとも興味深い動きをしてくれました。

さすが、れっちゃん(゚∀゚)




通常の人は、
「もっと喜んでくれると思ったのに!」
なんてがっかりしたりするのかな。




薄情、じゃないですね。
それだけ、動揺できる繊細なココロを持ってる、ってことです。



彼は葛藤の場から自分から離れ(走り去り)、
遠吠えという行動でストレスを自発的に消化しようと努力できる
スバラシイ犬です。



ストレッサーから自分から離れられない犬(問題解決能力が低い)
物理的に捉まった犬(抱っこ含む)
キャパの小さな犬

なら

こんな状況での葛藤や不安が
攻撃に転じることもあるでしょうねえ。

「喜んでいると思ったら、次の瞬間突然咬むんです」
みたいな。







あらやだ。
職業病(笑)






職業病ついでに。





玄関で1週間ぶりにREXに触れたとき。

「固っ」


と感じました。






何といえばよいのか・・
地肌と被毛の表面との間に、1cmほどの固い層がある・・みたいな?



そして、どこか重くベタついた感じ。







私が入院している間、できるだけ実家の母にいつもREXと一緒に
いてもらうようにしていました。


寂しがりやからな~。(・_・、)




それでも、ダンナによると


夜もあまりくつろぐことなく、どこかピリピリしていた聞きました。



突然夜にガクガク震えだし、ダンナにしがみつくように
もたれかかってくることが何度かあったそうです。

REX、普段はダンナにはそんなコトしないんですよ。





不安やったんやろね。





なぜ私が突然いなくなったのか?


いつも数時間後に帰ってくるのに、
どうして現れないのか?


彼には理解出来ませんもん。





犬ってそんな環境変化にとても弱いんですね。
それほどまでに社会的な生き物。

ニンゲン、どれだけ分かってあげられるかな。






カチコチのREXの体に

ていねいに ていねいに

ブラッシングして、



耳の先からシッポの先まで

やさしく やさしく

ちゅーしながらもみほぐして





するとね


少しずつ


私の知ってる柔らかさに
戻ってくるんですよ。
DSCF9072_convert_20140322160348.jpg
「かあちゃん、もう会えないかと思った。」






イビキをかいて眠るREXを見て、
ダンナが


「久しぶりにこんなにリラックスして寝てるのを見た」


って。






飼い主は、犬を、絶対に看取らなきゃいけません。

飼い主は、犬を残して逝ってはいけないのです。

うん。
DSCF6979_convert_20140322160720.jpg




ごめんね、れっちゃん。
あと1回、切除手術の時はお留守番になっちゃうけど。



それ以外は、ずっとずっと一緒だよ。

退院の日

長い長い(気がした)入院も今日で終わり。


いよいよ帰宅できることになりやした。

これから先は、通院しながらの治療になります。





病院に入る前と出た後と。

何が変わったともいえないけど、
何かが180度変わった。


たった1週間だけれども。

たぶん、人生のターニングポイント。




ほぼ寝たきり生活だったので、稼動時間は10分限界。
EVA程度(笑)

でもあんなに元気に飛び回れない(負けた)




スリッパからブーツに履き替えたら、ヨロヨ~ロ。

それでも、久しぶりのシャバにココロ踊る




荷物をまとめて、準備万端。
DSCF7299_convert_20140320112743.jpg
1週間、私を守ってくれてありがとう。



この部屋で、眠れない夜を過ごし。(色んな意味で)

抗癌剤デビューを果たし。

下剤デビューもした。





ベッドの上で、たくさんの愛と元気をもらった

こんな所までついてきてくれてありがとう

みんな、いつも枕元で一緒に守ってくれたね。
心強かったよ!!


chance_convert_20140321220705.jpg


mac_convert_20140321221051_convert_20140321221704.jpg


moka_convert_20140321221125_convert_20140321221852.jpg


fuu_convert_20140321220822_convert_20140321222017.jpg


inu3_convert_20140321220956.jpg



un_convert.jpg







そして、家を守るダンナからも
愛息の画像が2枚送られてきた。







1枚目。
fuke_convert.jpg










2枚目。
un2_convert.jpg


きんえんえとせとら

ワタクシ、ヘビーすもーかーです。




ハタチの頃から、タバコはいつもココロの友。



禁煙、なんて、一度もしようとは思わなかったです。





ところがまあ、今回こんなコトになり。

嫌がおうにも、禁煙状態となりました。





紫煙(ステキな表現) にまつわるエトセトラな思い出。


青春時代のあんなことや、

辛いときのこんなことや、



お酒を飲めないワタシにとって、その分思い出もいっぱいでして。





タバコねー・・


一番感じるのは、

「仲間意識」でしょうかね。





犬のしつけインストラクターの修行時代、長期間の合宿があるですよ。

そン時喫煙所に集まって、
タバコくゆらせながら「あーだ こーだ」語り合った連中とは、
今もマブダチです。



犬の勉強のために、あちこちのセミナーに顔を出していたころ。

どのセミナーへ行っても、
喫煙所に集まるのは

同じ顔(笑)(゚∀゚)



犬の仕事をする前に、港湾の仕事をしていた頃がありまして。

港湾っちゃー、ちょい荒くれなヤンチャなおっさんたちが多いんですが。

その中でハタチちょいの女子がウロウロしてると、
色々あるんですよ。

からかうくらいならいーんですが。
からんできたりね。
イチャモンつけてきたりね。
ちょっとイジワルしてきたりね。
(男ってガキ(笑))


でも、おっさんたちがタバコ吸ってるところに仲間入りすると、

その瞬間からオトモダチになっちゃうんですね。



次の日からは、別のおっちゃんから守ってくれる。



どっかの部族が、友好の証に酒とタバコを勧める、みたいな?
あんな感覚があるんです。




最近じゃあ、肩身が狭くて仕方ないし。
周りの人に迷惑かけちゃうし。

古き良き時代が終わったなー・・なんて、薄々感じてまして。






ま、こんなコトもありーので、禁煙を決めた次第です。







入院直後じゃね、さすがに痛いやらしんどいやらが大きくて、
吸う気にもなれなかったです。



吸う気になれなかった1週間。





禁煙は、最初の4日までが一番ツライ。んだって。

ありがたや????






明日、ひとまず無事退院となりましたので、



同じ病院の


禁煙外来へ



パジャマのまま(笑)




明日の受診予約を取りに行きました。(爆)






このチャンス逃したら、きっともう出来ないよねー。









只今、禁煙パッチでガマン生活です。
taba2.jpg

え?
吸ってるやん!って?





吸ってるけど吸ってないよー



ストローだよー
taba1.jpg
ほら(笑)



シャワーを浴びる

入院してから約1週間。
風呂に入るどころじゃありませんでした。


正しくは、
「風呂のことを思い出すヒマがなかった。」



風呂に入りたい、って、ココロの余裕がないと思えないのね。



個室を借りてるので、
トイレとユニットバスもついてるんですよ。

しかもトイレなんて、毎晩1時間おきに・・(以下略



座ってるトイレの真横に、ユニットバスがあんのに。
ぜんぜん目に入ってなかったです。
手すり程度に思ってた。




それが、ある瞬間ぐいーんと目に入ってきました。
余裕が出た瞬間だったのでしょう。





差額ベッド代。
聞いて驚け。


1泊+7350円。



おかげさまで、トイレは使いホーダイさせて頂いております。
あわよくば。


お隣のユニットバスもプリーズ。


人間、余裕が出ると欲も出るらしい。(笑)







「風呂、入っちゃダメ?」と主治医に咬傷交渉。


まあ副作用も落ち着いているし、
シャワーならOK♪

やったーーーーーーー




こんなゴテゴテしたところに、防水フィルムを何重にも貼って。
DSCF7254_convert_20140320093327.jpg
まだ傷口は塞がってないからね~♪





ほぼ左上半身フィルムで固められた状態で(笑)



レッツ・シャワー




すごいな、髪の毛がヘルメットみたいに固くなってら
(ほのかに枕の形)




左手はフィルムで固定されてるので、ほとんど上に上がらんとです。
右手、がんばれ。


3回シャンプーして、ようやく頭皮に出会えた。。




と思ったら、左手にムリさせてたらしい。




バリ。

フィルム、剥がれる。





そ~っとガーゼを伝って染み込んでいく水分。。。。。





お願い、傷口まで辿り着かないでーーーーー







・・・そんなこんなの傷も、10日経った今日はこんなんになりました。
image_convert_20140321114747.jpg
まだ青アザは残ってマス。

オトモダチ

この病院には、ガーデンテラスという場所があります。


屋上にこんなスペース。
DSCF7286_convert_20140320112400.jpg
ダレよ、「タバコ吸いにいくんでしょ( ̄m ̄*)」とか言うてるヤツは!?

ここは全面禁煙でございます。
もちろん、ワタシもルールは守るでございますよ。





眺めが良くて、色々な植物が大切にお手入れされています。
DSCF7288_convert_20140320112443.jpg
ん~~~~~~~~気持ちいい





特にお目当てのコがおるですよ。
DSCF7289_convert_20140320112520.jpg







オハヨー
DSCF7290_convert_20140320112545.jpg
まだちっさいけど、沈丁花。
ほんの数個、つぼみをつけています。


沈丁花とか。金木犀とか。
ジャスミンとか。
ワタクシ、花の香り、大好きです。


病院の屋上で、まさか沈丁花に会えるとはね~。



ホラ、病院って、天然の香りってないでしょう?
基本消毒系だし。
清潔だし。






今まで私のいた世界は。

犬の臭い。
猫の臭い。
タバコの臭い。
家の臭い、木の香り、
食事の残り香、体臭、色々なものの織り交ざった臭い。


「日々生きてるぜ!活動してるぜぃ!」
な生々しい匂いの中で生きてたですよ。






それがねー、みーんななくなっちゃった時の
”ポツン”感ってのは・・・

心細いね。




風呂上りの犬が土の上でスリスリする気持ち、
分かるもん。




家から持ってきたタオルで顔を拭いたときの懐かしさ感。


人間も動物だ、臭いの中で生きてんだよー。




除菌だ、無臭だ、も
行き過ぎてはだめ。


多分、絶対、ダメ。







病院の屋上の片隅で、
生きてる匂い、生々しい香りを偶然見つけた。

鼻で”命”を感じる。





1日に何度も、このか弱いツボミたちは
巨大生物に匂いを吸い込まれるのであった。。。
DSCF7296_convert_20140320112705.jpg
スンスン。
スンスン。

夜の方程式

日中ウトウトしてるってのもあるんですが・・




夜が長すぎる。(T-T)




10時消灯。

直前まで、夜の点滴。



・・点滴って、トイレ近くなるのをご存知?





この抗癌剤、とにかく膀胱にオシッコ溜めちゃダメ。

薬が膀胱に溜まって粘膜を傷つける、出血性膀胱炎も副作用のひとつであるからして。

それが膀胱癌を引き起こすとか起こさないとか。


・・とにかく、溜まったらすぐ、出せ!ってことで。






出しますよ~、出しますとも。








そもそも、ポート手術の傷が痛くて、左を下にして眠れません。

右胸には腫瘍があるので、右を下にしても痛くて眠れません。
(ワキにテニスボール挟んだカンジ)

上を向くと、腫瘍の重みで胸の神経を刺激するらしく、これも痛くてダメ。




つまり、背中に布団をつっかえ棒に当てたりして、
ずっとナナメってるんですが(笑)


寝返り打ったりして、痛みでしょっちゅう勝手に目が覚める



だいたいそれが1時間おき+膀胱たまってくる=トイレへ行く

A:1時間おきにベッドとトイレを往復する
という方程式。





さらに今回の副作用のひとつとして、便秘ってやつもあります。


ワタシ、幸いにも今までの人生で、便秘とは無縁の体質でした。




唯一、便秘の思い出といえば。






ソフトさきいかをオトナ買いしたときに。


調子に乗って1袋を食べ切り。






さきいか、腹の中で水分吸って膨らみ。






激痛でどーにもこーにも・・・・
(マジ、救急車呼ぼうかと思いました)



いや、今考えるとそれって便秘ジャンルじゃないような?
別のヤバい症状だったのか?





いや、まあ、そんな程度の便秘の思い出しかないんです。






でも今回、いらっしゃいました、便秘さま。
ぐ、ぐるじい。


お薬、もらいました。




さて、ここで問題です。


先ほどの問題にオプションが加わった場合、
どういった状態になると予測されるか。

レギュラー1:寝返りの度に痛くて目が覚める=1時間おき
レギュラー2:膀胱にオシッコたまってくる=1時間おき
  +
オプション :下剤による腹痛=随時









では、答え。

A:1時間おきにベッドとトイレを往復 + 一旦トイレへ入ったら15分は苦しむ





この状態が毎晩、退院までずーっと続くんですが。。。




個室でよかった!!!!!!!!

ってか、相部屋でこの状態って、考えられなさすぎ。

入院食

私がお世話になっている病院は。




入院中のお食事が穀菜食ですの。

※穀菜食・・穀物・野菜・果物・大豆・植物性タンパク製品等の食事。
      肉、魚は基本なし。



初日の夕食。
DSCF7243_convert_20140320112141.jpg
ご飯は胚芽米。


薄味でおいしー








ある日の昼食。
DSCF7257_convert_20140320112242.jpg
リッチだわ。







ある日の朝食。
DSCF7275_convert_20140320112321.jpg
朝からこのボリューム。
でも、完食。





7泊8日の滞在中、出てきた全ての食事を、



全て写真にコンプリートしました。(笑)





何でもいー。


とにかく、楽しみを見つけること!

抗癌剤

昨日の手術跡がいてて・・



寝返りうつたびに目が覚めるし。

動くたびに思い出すし。




だのに、今日から抗癌剤スタート。




しかもよ?




昨日設置(?)したばかりのポートを使うって(T-T)


まだ傷口塞がってないのにー




いやあああああ









ぷっす。
DSCF7258_convert_20140320111835.jpg
あうあう。








私の化学療法はFECと言われる3つの抗癌剤を併用するもの。
F・・フルオラウラシル
E・・エピルビシン
C・・シクロホスファミド
(画像の赤い液体はエピルビシン)



抗癌剤を入れる前に、たっぷりの吐き気止めの点滴をいれ。




真打登場。

どきどき。
どきどき。





・・良かった、一番ツライと聞く吐き気が、ほとんど出なかった~^^




だけれども、20分おきにひんぱんに訪れる看護士さんに
毎回

「吐き気はありませんか~?」

「んー・・大丈夫そうです」



「胸のあたり、気持ち悪くありませんか~?」

「悪くない・・気がしてますが・・」




「胸がモヤモヤしませんか~?」

「・・・」



ここらで、社会性の高い私はモヤモヤする気になってくる。


「モヤモヤ・・するような気がするといえばいえないこともな・・」





チャチャチャっと吐き気止めの点滴替え玉。
予定調和?^^;





だけど医療の進歩は本当にすごいと思う。

ヘタレの私にも何とか参加できそうな治療だもん。






吐き気が・・とか、”コレ”という症状ではないけれども、
なんかこう・・

体の中で、何かがゴソゴソとしてるみたいな。

ナンかとナンかがこぜりあってるみたいな。




あー、バンパイアに咬まれて変化するときってこんなカンジ?
なんて妄想しながら、



いつしか疲れて深く眠ってしまったのでした。

CVポート手術 その2

ついに、スタート。





この頃になると、なんだか疲れてしまった。

”怯え疲れ”

とでも申しましょうか。


学習性無力感、と申しましょうか。





第一関門、麻酔。
麻酔の麻酔&一番細い針の使用 にて何とかクリア。




「途中、痛かったら言って下さいねぇ~。
 時々、痛くても我慢しちゃう人いるみたいだから。」




・・そんなん・・我慢できんの?

どんだけ強い精神力(。。)




案の定、途中痛くて麻酔増量。(T-T)






手術台に仰向けに寝転がるでしょ。

アタマに、透明な四角い箱を被せられるんですよ。


シンプルなプラスチックの四角い箱だけど、
イメージは火葬仮装パーティの宇宙飛行士風。




で、箱の上から半分に術布をかけられ、術野が見えないようにされるってわけ。







手術もたけなわ。


主治医が、助手の看護士さんになにやら言うんです。

「○▼※#こっちに。」



「ハイッ!」

ゴロゴロ・・(デカい機械を寄せてくる)



主治医:「ストップ!ストーップ!!!!!おぉ~(安堵)」
看護士:「す、すみません」




機械を寄せすぎて、手術台に当たりそうだったらしい(汗)





で、その看護士さん、

アタシのヘルメットの布をめくって

顔を覗き込んで


笑顔で



「大丈夫ですかぁ?



・・はい。
(こっちが聞きたい)






数分後、

「○▼※#こっちに。」



「ハイッ!」

ゴロゴロ・・(デカい機械を寄せてくる)



主治医:「ストップ!ストーップ!!!!!おぉ~(安堵)」
看護士:「す、すみません」




・・・・・・。




で、その看護士さん、

アタシのヘルメットの布をめくって

顔を覗き込んで


笑顔で



また



「大丈夫ですかぁ?







次にデジャヴあったら絶対聞き返してやる!(-_-メ)











ま、3回目はなかったんですがね。(笑)








約1時間の恐怖の時間が終わり。

DSCF7254_convert_20140320093327.jpg




うええ~ん
痛かった。。。(ノ_・、)








CVポート手術

長い長い長い病院の夜。


(だって、10時消灯。)




そして朝は、4時に目が覚める。

鳥だってまだ起きてないぞ。






・・・ありえない。






さらに長い朝食後。




ふっ・・・




ついに届いてしまった。
DSCF7245_convert_20140320091432.jpg
ホンマにやるん?←往生際が悪い




仕方ない。
着てみた。





DSCF7247_convert_20140320092357.jpg

「どっからでも手術しやすいでっせ」な
術衣のスカスカ加減がイヤ~~~





ポーズもとってみる。

DSCF7248_convert_20140320092246.jpg






さて本日のメニュー。

CVポート埋め込み手術。




詳しく知りたいマニアックな方はこちらへどうぞ。

読むだけで痛い気がするうぅ~

CVポートの埋め込み





この手術、局所麻酔なんですが。
それがさらにキモチを暗くする。


局所麻酔って、ダブルで嫌いなんです。


理由1:アチコチに何度も刺す麻酔が何度も痛い
理由2:何をしてるかが丸分かり(想像力を掻き立てる)



理由2はどうしようもないとしても。(泣)
せめて理由1はどうにかならんか。




なので、術前に主治医に懇願。
「お願いです、麻酔のための麻酔をして下さい

「病的に麻酔にストレスを感じる体質なんです

「それさえ軽減できれば、きっと前向きに手術に向かえると思うんです




多分了承されたと思われ・・な主治医の反応???





自分で手術室へ歩いて行き、
自分で手術台に寝っ転がる、と。



アタシがマグロなら、力の限り跳ね回るだろう、と思う。
天井に届くまでビッチビチ跳ねてやる。




命の糧となるものへの敬意と感謝を、こんな状況で感じるとは。

今まで以上に、心を込めて「戴きます」を言おう。






準備万端からの。

長らくのお待たせ時間を経て。







つづく。




入院

これから約1週間、お世話になる病室。



差額ベッド代をものともせず(笑)
果敢に個室に挑戦。





DSCF7242_convert_20140320085329.jpg

広くて、明るい。ほっ。






ベランダから見た景色。
これまた、広々~~♪
DSCF7241_convert_20140320090012.jpg
(網戸を開けろ、網戸を(笑))





今日は、入院するだけ。
まずは、場所なれせよ、ということらしい。




まだ日が高いうちからパジャマに着替えると、
一気に病人気分が盛り上がる。。。




明日はCVポート手術。


うぅ~~~~


緊張。

続きを読む »

行ってきます!

今日から1週間の入院です。


こんなに長く家を離れるのは、3年前の東日本大震災で
石巻へ動物救護支援に行って以来かな。


あの時の光景を思い出しながら、
あの時と同じスーツケースに入院用の荷物を詰めて。
TVでは、震災関連のニュースが流れてる。



病院にもコインランドリーはあるらしいけど。
7日分の着替えを全て準備。




自己完結型滞在(笑)




もしも体の状態がよければ、勉強しようと本を4冊
愛用のノートPCも持っていこう・・・
あれも、これも・・



スーツケース、2個になった・・・( ̄ー ̄)






病院ではパジャマ生活になるだろうから、
ムダ毛の処理をしとこうかとも思ったけれども。





ま、いっか。
・・どうせもうすぐ全部抜けるんだし(爆)





家を空けることで、一番心配なのはれっちゃんかな~・・
ブッチさん、クロベエさんは頑張れると思う。

ダンナは一番心配なし。


だって料理も私より上手いし。


洗濯も私よりキレイに干すし。


掃除も私よりマメだし。




すんません(人-)






みんなの想いがこもった・・・
免疫を高める健康食品も持った!
お守りも持った!
i podも持った!

よし!


今日から私の代わりに全ての仕事を背負ってくれる同僚。
すまん。^^;
あとを頼んます。


その同僚を支えるために、遠くから駆けつけてくれる仲間。
手伝うから安心して!と言ってくれる仲間。
ありがとう頼りにしてます。



あ、今気がついた。
「頼む」と「頼る」は同じ字なんだな。




早く戻ってきてね
待ってますよ
頑張って
そんな言葉をかけてくれたみんな!


いつも大喜びで教室に駆け込んできてくれるかわいいわんこたち。
いつも笑顔で来て下さる飼い主さんたち。




みんなみんな、大好きだあーーーーー



私は幸せ者だなぁ。





行ってきまーす!!










試着と背後犬

ヅラは、届いただけではいけない。




試着せねば。



返品・交換はお早めに。





ヅラとしては安いものだが、
(医療用=通常十万~二十万)
(今回購入=3990円~14000円×4つ分)

アタシの財布からすれば、とんでもなく高価な品なわけで。



試着は、シビアにいかせてもらいます。(きっぱり)





まずは保護ネットをかぶり。
image1.jpg
ノーメイクなのを忘れていた。。。ま、いいか。
(後ろで、れっちゃん寝てるし。(笑))





ひとつめ。
バンダナと毛が合体したやつ。
image2.jpg
緊急・かつ短時間の来客対応はこれでいこう。




ふたつめ。
ミディアム。
image3.jpg
今とほとんど変わらん。
違和感なし。OK。




みっつめ。
これもミディアム。
image4.jpg
ちょっと楽しくなってきた。(笑)
あ、れっちゃん起きた。




よっつめ。
ショート。
image5.jpg
これも今とほとんど変わらん。
・・てか、今より、こざっぱりとキレイ。
れっちゃん、また寝た。



これなら、返品・交換せずに使えそうかな。

多分、2週間後くらいには、お世話になるだろう。






ズラに夢中の私の背後で、
実は色々とアピるれっちゃんが写っていた。

ではれっちゃんファン(いるのか?(笑))のために。

image4-2.jpg
かあちゃん・・


image6.jpg
あのね、ホネ、いらない?


image7.jpg
忙しいの?


image5-2.jpg
ちぇ。







ありがとう

この病気が分かってから。

今までの5倍速で全てが動き出しました。


仕事のこと。
家族のこと。
生き方のこと。

ぎゅっと凝縮して、考えた時間。


凝縮して考えると、気持ちも濃縮されるものなのですね。



みんなが体のことを気遣って、色々なことを考えてくれる。
励ましの言葉を伝えてくれる。
応援してくれる。


今まで以上に、グイグイ染みてくるんだな。
少しだけ気弱になって、緩んだ心の奥深くに・・「愛」が。




自分の体の異変は、数年前からなんとなく感じていたけど。

まだまだやらなきゃいけないことがあって、
来週アレがあって
来月アレをして。
コレをもっと伝えて

もうちょっと、もうちょっとだけ・・
この痛みは肋間神経痛だろ?
単なる乳腺炎かもね?
なんてごまかしながら、ここまで来ちゃった。


「多分、ヤバい。」
そう感じてから、2倍速にスピードアップしたけど、
まだ、今はダメだ、寝込んでる時期じゃない、そんな気がしてた。


結果、もっと大きな迷惑をかけることになってしまったけど・・(申し訳ない
ようやく、今なら大丈夫、って思える時期と、体の異変の限界が
ちょうど合致したのは偶然じゃない、と思えるんだな。


然るべき時に、訪れた時期、なんだと思ってる。




医者は、最初に異変を感じた時期を聞いて、ムッと暗い顔をした。
「なんで、もっと、早く・・・!



分かっとります。
自分で、自分の体を労わることをおざなりにした代償は大きい、ってこと。


命と天秤にかけられるものが、この世にあるんか?って
誰もが言いたいことも。



でもなあ・・


すんません。(笑)
そういうアホなんです。


偶然も必然だな、って思える今日この頃。




今の状況は、正直言って厳しい・・瀬戸際なんだろうと思う。

楽観はしてません。



でも、悲観もしません。



粛々と現実を受け止めて、
悪あがきもしないけれど
捨てばちにもならない。

正当な努力を、精一杯、する。




みんなの「愛」が冷静さと勇気をくれる!


ありがとう。
みんな、愛してるよ~~~~!!!!








キター(゚∀゚)と治療開始日

注文していたものが、届きました。
DSCF7174_convert_20140309234830.jpg





ナニ??
DSCF7175_convert_20140309235011.jpg





じゃーん。
DSCF7178_convert_20140309234944.jpg
ズラでござ~い。




抗癌剤治療に向けて、ズラを用意しました。

その数


3つ+1つ(笑)



夏場に向けて、洗い替えも準備。
DSCF7182_convert_20140309235059.jpg
こっちはブラウンが強い。
アタシのオリジナルの地毛より、よっぽどツヤがある。



DSCF7185_convert_20140309235121.jpg
なぜか目をそらすれっちゃん。(笑)




こちらはバンダナと毛がくっついているタイプ。
       
通常家では、保護キャップをかぶることになりますが、
急な来客・・荷物の配達とか、回覧板とか。
そんなときに、ポンとかぶれば相手をビビらせずに済むスグレモノ。
DSCF7188_convert_20140309235157.jpg
クロベエさん、興味深々



主治医と相談の結果、3月11日から入院することになりました。
12日にCVポートを埋め込む手術。
13日に抗癌剤投与スタート。

約1週間、副作用を見るために入院です。



3月11日。

奇しくも、あの東日本大震災の日。



心の準備をする時間もなく、伝えたいことを伝える時間も与えられず。
無念の中に亡くなっていった方々。

昨日と同じ今日がきて、
今日と同じ明日が来ると当たり前に思っていた。。。


私は、覚悟をする猶予があります。
私は、「今後のこと、頼むね」と伝えられます。
そして、生きるための選択が出来ます。


恵まれてる。


生きるために、精一杯の努力をしなくては失礼だ。





ホントはね、やっぱりちょっと、怖いです。

副作用の苦しさとか。

手術の痛みとか。

それでも根治できる確証はない。
これから訪れる、未知の世界への不安と恐怖。



だけど、1/365の確率でこの日から治療がスタートすることに、
背中を押される気持ちです。



あの日あの時、みなさんが経験したものに比べれば、
こんな苦しさ・・どうってことはない、ってきっと思える。




勇気出して、闘うよ。


生きよう。



結局やるんかいっ

怒涛のセカンド・サードオピニオンが終わり。

もともとの主治医にお願いすることについに決めました。


それを伝えると・・



主治医のせんせー・・・




ちょっと嬉しそう(笑)


ま、私も犬のしつけ先生業してますから。


そのキモチも分かる(爆)



改めて治療方針の検討。
そこで衝撃の事実発覚


化学療法(抗癌剤)6ヶ月・・はあくまで目安。

とにかく今は腫瘍が大きすぎて、切除も出来ないから、
腫瘍が小さくならなければ、もっと抗癌剤投与期間を延ばしてひたすら小さくしてみる。


小さくなったとて、温存切除はまずムリ。
すでに癌に侵されている表面も、かなり広範囲に切り取らなきゃいけない。
つきましては、皮膚移植が必要になってくる可能性がある。


切除ができたとして。
その後、放射線もしなきゃいけないけど、
同時進行でさらに転移防止の投薬を1年続けなければならない。




以上。



どんどん大変そうだあーーーー(-_-;)




ちなみにセカンドオピニオンで、脳転移も調べた方がよい、という返事をもらいました。

今回、内臓と骨への転移は調べましたが、脳転移の検査はしてなかったから。


で、その返事を読んで主治医はん。


「脳転移見つかったらね~・・
 ステージⅣに上がっちゃうでしょ。
 
 治療意欲なくなるのもナンだから、あえて今調べなくても・・・」






「何か、症状が出てきたらそれから調べたら?」






「そりゃ、骨転移ももっと隅から隅まで調べたら、あるかも知れんけど・・」








とりあえず、転移があろうがなかろうが。

今は、この一番デカいヤツを最優先でどげんかせんといかん。

コイツはもうすぐ皮膚を突き破るぞ、癌の塊が外にはじけるぞ~



・・


・・ってことらしい。




そう言いながらも、たまたま聞いたらたまたまCTが今空いてたから、って
その後すぐに脳のCT。

ウルサイ機械に15分間ビキビキ言われながら、
(結局調べるんかい~~)とココロでツッコミ入れてました。




ふうう~~~~~~


保険考

えー。

これから、年単位でお付き合いしなければならない病気と
オトモダチになっちゃった身としては。

治療費ってやつが気になるワケです。


告知を受けて、すぐに保険証を引っ張り出したんですね。
一応、某有名保険会社の保険に入っていたので。

改めて確認したらば。

死亡保険金・・・・0円 (ま、これはいい。)
疾病入院給付金・・5,000円
女性入院給付金・・5,000円
手術給付金・・・・100,000円
先進医療給付金・・10,000,000円



以上。


つまり、この保険は入院したとき”のみ”10,000円/日もらえて、
手術したとき”のみ”100,000円もらえるってことですが。




最近じゃ、癌でも通院治療がメインなんですってね、奥さん。(T-T)



ほぼ、ダメぢゃん。



もちろん、全くないよりは頼りにゃなるけど。



「癌と告知されたらお見舞い一時金100万円」だとかさあ
「通院治療も保障」だとかさあ


ちょっと金額プラスして特約付けとけば、今頃左うちわ安心だったろーに。
ケチった自分のバカバカーーー。



なんでしょう・・すっごく、ソンした気分。_| ̄|○


黒いアヒルがささやいていたんだろーか。。。








ヅラ考

抗癌剤治療について調べると、もれなく出てくるのが

「抗癌剤を投与して、2~3週間で脱毛が始まります。
 早めにウィッグを準備しておきましょう。」


ウィッグ・・つまり、ヅラ。




持ってますけど?
aflo_convert_20140304213500.jpg
(かつおぶしではない。)



私のは、イロチの黒だけれども。



さりとて、色の問題でもない。




なので、ネットで検索したらば。



あらまあ。

img62187270.jpg




いやいや。

kw04miku1.jpg





かわいいー
aq349-11.jpg





うーん、可愛いけどちょっとフツウかなぁ?
img59965401.jpg







・・いや、普通でいいんだった(笑)←目的を忘れてた




さらに脱毛について調べてみると、頭皮が敏感になったりするので、ちゃんとした医療用が良い、と。
そこで、医療用で調べたらば。


たっか~~~

1ヅラ十数万。


ヅラにそこまで贅沢して良いものか?

いやまて、贅沢という表現は適しているのか??
もはや、ワケが分からなくなってきた。。。




・・えーと、なんだっけ?

あ、そう、脱毛。
で、ヅラ。



さらに調べたら、何でも医療用のレンタルがあるらしい。
280円/日。

日割り計算なので、使わなくなったらいつでも返却OK。


さらに、1年以上使用した場合は、そのままプレゼントしてくれるらしい。


いいかも?

いや、欲しいわけでなく。(笑)
早くサヨナラできたら、それに越したこたーない。

高額だと、使い終わってから捨てるのも忍びないだろうしなあ。
かといって、しつけ教室のゲームで使うのもいかがなものか(爆)


近々治療はスタートの予定。
あと1週間ほどで決めなければー!!

セカンドオピニオン

提案された治療方針としては。


6ヶ月間の化学療法(抗癌剤投与)+ハーセプチン
  ↓
外科的切除
  ↓
放射線治療1ヶ月


のフルコース。

でもでも、抗癌剤の副作用って、調べれば調べるほど大変そうで・・・


毛が抜けるくらいはかまへんけど、
感染症だとか、ひどい倦怠感だとか。
動けなくなるのは困る~。
(お仕事、どーすんの
(れっちゃんのお散歩どーすんのっ



何とか、抗癌剤の副作用を少なくしたい。
(それなりに動ける状態でありたい)

あわよくば、切除なしでどうにかならんか・・・


そんな思いから、色々調べまくってみたけれど。



・・さっぱり、分からん。
ハイパーサーミアだとか、
ガンマナイフだとか、
陽子線だとか、
免疫療法だとか。

どれも「末期癌が治ったーーー 奇跡の治療法だーーー」的な
ドヤ説明。
もう、ちんぷんかんぷん。


で、セカンドオピニオンを主治医のせんせーにお願いした。

セカンドオピニオンだけではどうも納得できなさそうな自分がいたので、
サードオピニオンも(笑)


セカンドオピニオンは先進医療に長けた病院に。
担当医は経験豊かそうなおっちゃん。(失礼^^;)

治療方針は結局担当医と同じだったけど、
あっけらかーんとした口調で
「チョイとこうしてあーして、だーいじょーぶ、だ~~~いじょ~~~ぶ♪」
ってノリ。


サードオピニオンは若い女医さん。
やっぱり治療方針は同じ・・

でも、一番心を動かされたのはこの女医さんの言葉だった。

「色々な患者さんを診てきたけど・・
 どんな治療をしたって、もう手術すら出来ない状態になってしまっている人たちだっている。
 でも、あなたのステージは確かに進んでいるけど、まだ手術に持ち込める。
 今、決断しなくてどうするの?もったいないと思う。」

そんな意味のことを、まっすぐ目を見て言われ。。。


はい。
もう、四の五の申しません。


腹をくくりました。
せんせー方が勧める方針で、命、預けます!
ようやく、スッキリとキモチが定まった帰り道でした。


主治医は淡々と朴訥に、正直すぎるくらいリスクも充分伝えながら包み隠さず話すタイプ。
2人目は明るく、細かいことは考えずに任せとき~!ってタイプ。
3人目は感情を込めて、広い視野から見て説得するタイプ。

同じ内容を伝えるにも、いろんな個性が出るもんだ。


病気が発覚して、どうしても視野が狭くなりがちで。
しんどいの、いやー とか。
痛いの、いやー とか。

でも、女医さんの言葉で、目の前がパーっと開けて・・
同じ病気で闘ってる人がいっぱいいる。
治療したくても、もう出来ない人もいる。
外と自分が、繋がった気がした。


むしろ、責任感に似た・・
トットと治療にかからないと、失礼だ。
そんな決意を固めた、オピニオン巡礼でした。


はあー、やったろかい!!





検査の嵐と結果

病気発覚から3日後から、どとーの検査。

内臓転移のチェック、お約束のCT
癌のタイプ確認、生検針(コレがちょー痛い!!!!!なぜか局所麻酔が効かなかった・・
抗癌剤に耐えられる心臓か??心エコー
骨転移のチェック、骨シンチ(ミンチではない(笑))


その結果、
癌の病巣は最大7cmまで育ってて、リンパ節への転移あり。
皮膚の浸潤、潰瘍があり、ステージⅢb。
ホルモン受容体+
HER2受容体+
癌細胞の増殖活性 高い

でもとりあえず内臓、骨転移はなし。ほっ


さて、敵の姿が見えてきたところで、どうやって闘うか。
そしてここから今度は、オピニオンの旅に出るワケです・・・


診察と発覚

コトのおこりは2月始め。

夜、右胸が痛くて目が覚めることがあって、何だかヘンだなあと思ったのね。
進んで病院へ行くことなど滅多になかったけど、このときばかりは
さすがに「行こうかな」と思った・・・

でも、何科に行きゃいいんだか?
とりあえず胸のことだし・・と婦人科に受診することにして、待つこと30分。
ようやく名前を呼ばれて、診察室へ入れると思いきや。
「婦人科は、ヘソから下です。ヘソから上は外科へ。」
へええーー知らんかったーー

も一度受け付けで外科の予約を取り直して、待つこと今度は1時間。

ようやく診察室へ入れてもらえて、病巣を視るなりせんせーは一言。
「乳癌ですね。90%間違いなし。」

告知、はやっ

ウワサのマンモグラフィ、エコー、注射針ブッ刺して細胞診のトリプル検査。
「間違いないです。乳癌。それなりに進んでます。」

この時点で、ちょっと頭のシンがシビレるカンジ。
ショック受けてんな~アタシ、と分析できる自分が悲しい・・

「ってことは、手術ですか?」(仕事、どーしよ
「手術?できりゃまだ良いけどね」

おいおい~~
手遅れってコトですかい~~
ここらでシビレが頭全体に回ってきた~

淡々とせんせーは続ける。
「まず抗癌剤からスタートしてみて、どこまで小さくなるかだね。
 あ、毛抜けますよ。副作用もいろいろ。
 仕事?無理だと思いますよ。」

ああ、センテンスごとに頭が白くなっていくうぅ


ここから、検査の嵐が始まるのであった・・

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

かうちゃん

ブログ内検索