napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

プロなら逃げるな。

5月27日は
れっちゃんの11回目の誕生日だと
先日のブログで書きましたが


紆余曲折の11年だったどー
IMG_2058_convert_20140527095143.jpg



私がなぜこの道に入ったか

どんな信念を持っているのか

どうして今インストラクターとなり得ているのか


まとめておこうと思います。




11年前
人生のターニングポイント。


マンションから一戸建てに引越したことから
始まりました。




長らくマンション暮らしであったため
一戸建ての無防備感(防犯)にノイローゼになった
アタシ。

家の中で
護身用の棒と
催涙スプレーを握って歩いてました。(ほぼ病気)


そこで
「番犬を飼おう」
ということになり


そこそこ大きくて頼りがいがあり
見た目でナメられず
ボディガードになってくれそうな犬
wan1_convert_20140527095256.jpg
「選ばれましたー。」




ネットの里親探しで
2回断られながらも
ようやく3回目で譲ってもらい



強いガードドッグとなるように
「REX」(ティラノサウルス・レックス)と名付け
rex_convert_20140527122740.jpg
ガオおーー




名は体を現す


願いどおりの強い犬となり



空き巣どころか
飼い主まで逃げ出したくなるような


全てを追い払うがごとく
無敵の子犬として
我が家に君臨しました。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

んもう

ご心配おかけしております。


ジリジリと体力復活に尽力しております。




さて、1ヶ月前に注文した犬具が
外国から届きました。
(つまり、輸入)

DSCF8460_convert_20140529013627.jpg
引っ張り防止に腰からリード~♪


新しい!(笑)


しかも


引っ張ってない犬は

大人しく
飼い主の前を歩いとるしw

飼い主短パンやしww



訓練のムリヤリ感がなくてよろしい。




その名も


インスタント トレーナー



ぷぷ。


ずいぶん強気なネーミングじゃねぇか。
お手並み拝見。





サイズはMとLがある
っていうから


M×2
L×3
で発注。


代理店は上海とか。



で、それが届いたので
検品。


数量5個。
正解。


破損。
なし。


サイズ。
分からん。




は??



どこ見ても、サイズ表記なし。

ヤラレた~~。(悔)


フリーサイズなら、5個もいらんし。



で、中国の代理店へクレームメール。

「MとLでサイズは違うのか?私には同じに見える。」

「同じサイズなら5つもいらない。3つ返したい。」

「3つ返品すれば、返金はするのか?」


当然、英語でございます。
ネットの自動翻訳、大活躍♪


でも、相手から返事なし。



まー、そんなんだと思ってたけどね・・・



ちょっとアタマに来たので

「明日3つ発送する。着払いで。


とメールしたら、
大慌てで返事がきた。


「返事遅れてすんまそん。
返品、送らなくていいから。
着払いの送料の方が高くなっちゃうから。
もうそれあげるから、使っちゃって♪

3つ分返金するわ。
ほんと、ごめんね~。
次回注文してくれたら、オマケしちゃうからね」


てな内容で。


そんなわけで、
「腰からリード」な

即席訓練士ww


ご興味のある方はお分けしますよ。

1個いくらになるかな?
計算しとくわ。
安いよ。多分5$くらい?





私の古くからの友人が、NPOを立ち上げました。

で、アニマルコミュニケーターで有名な

あの
ローレン・マッコール先生をお招きしてセミナーを開催するそうです。

ご興味のある方はいませんか?と
声をかけて頂いたので、お知らせしますね。



ローレン・マッコール先生
動物たちの生死観・動物からの魂のメッセージ

6月23日(月)10:00~16:00

大阪府社会福祉会館
(大阪市中央区谷町7丁目)

非会員8000円
会員5000円
学生3000円

詳細はこちら
http://kokucheese.com/event/index/147362/




う~~~~~ん
行ってみたいなあ。

アニマルコミュニケーターって賛否両論だけど

信じても
信じなくても
どっちでもアリかな、と思う。

大切なのは
「本当にそう喋ってるの?」
とかいうことじゃなくて

心寄り添いたい、理解したい、という気持ちだと思うから。


退院後1週間かあ・・
行ってみようかな。(無謀?(笑))






愛しのREX

昨日になっちゃいますが




5月27日は


れっちゃんのお誕生日~~~



オイラ11歳になったどー
IMG_2058_convert_20140527095143.jpg






11年前、生後1ヶ月のキミをネットでみつけた。
wan1_convert_20140527095256.jpg
「誰かもらって下さい。元気な子犬です。」






その元気な子犬は


あっという間に恐ろしいデビルと化し





目が開いている時は何かにくらいついて
DSC00038_convert_20140527095221.jpg
絶対に離さない生き物と成長した。






触れるのは目を閉じている時だけ。
DSC00034_convert_20140527095205.jpg
私の手も腕も、いつもヤバイほど傷だらけだった。





気が強いのにヘタレ。
やっかいなタイプ。。。



庭へ降りる段差が怖くて、暗い目でムカついている子犬。
DSC00073_convert_20140527095236.jpg
この後家へ入ると、
「ナゼオマエだけが庭に出るんじゃ!」
と怒ってガルガル襲われる。




いつも真面目にムスッとしてたっけ。
05-11-03DSCF1004_convert_20140527095315.jpg
お花畑でも真顔





クリスマスも
DSCF1519_convert_20140527095421.jpg
やたら真面目なトナカイ





お正月 雪の日も
DSCF1680_convert_20140527095438.jpg
ムス。





コスモス畑でも
05-11-03DSCF1015_convert_20140527095354.jpg
「・・・・。」




「ねえ、ちょっと笑いなよー」
05-11-03DSCF1012_convert_20140527095331.jpg
「・・・。」




「ねえってばさー」
05-11-03DSCF1009_convert_20140527095343.jpg
「・・・。」(体が傾いてる)





あんまり笑えとうるさいので、ちょっと笑ってみる。





「・・ヘッ」 
05-11-03DSCF1016_convert_20140527095406.jpg
・・ぎこちない。(笑)






そんな笑顔のヘタクソな犬が
いつもヘラヘラしているようになったきっかけ。
DSCF7340_convert_20140527095506.jpg
「かあちゃーん♪」





思えば

彼がムスっとしていた頃、
私はしつけ(オビディエンス)に燃えてました。




ギューーーーっと集中を取る。

ギラギラと号令を待たせる。



写真も、多分

「sit」(座れ)
「stay」(待て)
「watch me」(見て)

で撮っていた。


だから、彼は忠実にやってた。
真面目に。
教えられた通りに。


お仕事中ですから。
そりゃ真面目な顔だわな。






犬の行動はニンゲンが指示してあげないと

だってニンゲン社会で犬はどうして良いのか分からないんだから

それで従ったら褒めてご褒美あげるんだよ



もしくは



犬の判断に任せていたら
犬がどんどん偉くなっちゃうよ
下克上されちゃうよ

ちゃんといつも上の立場で指示しないと







どっかで誰かに刷り込まれた情報を信じて


彼を号令で操ることが
「しつけ」
だと思っていた頃


彼はほとんど笑わなかった。

でも犬ってそんなもんだと思ってた。






だけどある日


彼を山に連れて行き


「道案内頼むよ」
「ボディガードよろしくね」


彼にお仕事を依頼したら






「まかせて!」
DSCF2172_convert_20140527114809.jpg
って、こんな笑顔で笑ったの。



それから
一緒に山を歩く度に

一緒に冒険する度に


私たちの絆と信頼は深まり






人間がいちいち指示しないと
社会に迷惑かけちゃう
オツムの弱い生き物


から



人間に力を貸してくれる
お人よしで気のいいヤツら
しかも結構頼りがいがある




に認識が変わる頃



彼はどんどん穏やかになっていった。
DSCF2118_convert_20140527114748.jpg
「ウム、分かればよろしい」




そして、ますます
惜しみなく力を貸してくれるようになった。



彼が望んでいたこと。
気がつけてよかった!



犬は
命令に従うことに喜びを感じるんじゃないんだね。
共同作業であることに喜びを感じるんだわ。

たとえオスワリでもフセでもね。




「ありがとね」
「どういたしまして」

お互いに言いながら日々を過ごし

気が付けば11年目



いつもこんな極上の笑顔で
見上げてくれる相棒が


私のそばにいる。
DSCF7394_convert_20140527095531.jpg
「か~~あ~~ちゃ~ん♪」





犬族の暖かい心を教えてくれた。


愛してるよ。
私のREX!


出演オファー

今日はほんの短時間ですが

友人と●イゼリアへ




メニューにフランスパンがあるんですが

結構ウマイ←実はすんごいフランスパン好き♪



メインは普通に

パスタと
フォカッチャと
フランスパン







デザートは









バニラアイスと
またフランスパン(爆)










パリパリの熱いフランスパンに

バニラアイス乗せて食べると


サイコー


ですのよ。







もしアンパンマンに出演依頼がきたら。


私は



フランスパンナ




でいこうと思う。





フランスパンLOVE。








ちなみに友人は


絶対に

煮込みハンバーグのソースを
フランスパンにつけて食べたいと




そしてそれは

やっぱり間違いなく美味しかった(少しもらった♪)





彼女はきっと





ソースパンナ

タレパンナ





出演だと思う。










こんなことをブログに書いてると
必ず

「じゃあ私は●●で♪」



つきあってくれる
愉快な友人たちがおりますが



なぜか
私のブログの読者はほぼ全員



コメント嫌い(爆)






ブログにはマメに反応して下さるんですが


わざわざ感想をメールで送ってくれたり w

なんなら直接電話して感想を述べてくれたり ww



いやあ、むしろ悪いわぁ~~




大丈夫やでぇ~
そのためのコメント欄やでえ~~
どうか使って下され~~~






お!コメント入れてくれたね!と思ったら


しっかり鍵かかっとるし(爆々)







このブログの存在をお知らせした
長年の親友は



あまりのコメントのなさに



「ここコメントしていいのかな??」






鍵コメでこっそり聞いてきた(ぷぷ)







時代が変わったのかな

私なんかは
人のブログって結構出会いの場で

コメント入れてるうちに
入れてる人同士が知り合いになって
輪が広がるという経験をしてきて


実際に会ったときも

「いつもコメント入れてる●●でーす」
「ああ、●●さんね!初めて会った気がしないね~」

みたいな




1対1というよりも

1を中心として複数の会話が周りにあって



その中で
人の考えや
自分の考えを

聞いたり述べたり


当然そこにはマナーがあって
空気を読んだり
気配りをしたり


コメント欄で磨かれた
社会性の部分も
けっこう重要だったな~と思うのです。


ツイッターともラインとも
ちょっと違う独特なもんがあってね。



良いコメント欄って
まるでオトナの社交場のような






さあ。




アンパンマンから出演依頼がきたら・・

あなたなら??



求む脱皮

イマイチの体調
ユーウツを吹き飛ばすべく




こんなモノを入手




これだけで分かるはずもなかろうが・・銀の物体
DSCF8476_convert_20140525220147.jpg
クロベエさんに食われてビニールボロボロ







コレで分かる人は分かる?
DSCF8475_convert_20140525220123.jpg
紙もクロベエさんに食われた






1時間ほど足を浸しておくと

7日後に
足の皮(角質)が


べっろーーーーーーーん


と脱皮するようにむけて


中からスベスベの足が♪


出てくるらしい。






早速履いてみる。
DSCF8477_convert_20140525220210.jpg
ちょっとパーマ液のようなにおい。








横からも撮って気づいた。
DSCF8478_convert_20140525220226.jpg
とんでもなくむくんでる。 

おっそろしー・・
こんなのマジで、ヤバイぢゃん。

そりゃしんどいはずだ。







ここでようやく思い出す。



そういえばさ~





アタシ、治療中だったわね。(爆)




爪が剥がれないように気をつけて、
とか

絶対感染症にかからないように、
とか
言われながら


暮らしてるカラダだったわね。。。




こんな刺激ブツ、
マズかったかしら???





7日後、乞うご期待




決して外れてはならない

昨日は+5Kgでしたが



今朝体重量ったら
+3.5Kgに


ラクダか(笑)




やっぱりむくみが大きいみたいです。




今日もそこはかとない頭痛と
軽い吐き気


長いなあ、今回。






ところで


我が家のアイドル ブッチさん

肉球の間にイボが出来まして



いつもお世話になってる動物病院さんで
イボとり手術を受けました。





右前足、テーピング中。
DSCF8471_convert_20140525220043.jpg
「決して、取らないように。」
先生に繰り返し念をおされましたが。







れっちゃーん・・キミは何をくわえているんだい?
DSCF8480_convert_20140525220245.jpg
「かあちゃん、こんなモノが落ちてました」






すぽ。
DSCF8488_convert_20140525220324.jpg
決して取ってはならないハズの物体(汗)








あらやだ、トイプードルの足先みたいで可愛い♪
DSCF8484_convert_20140525220306.jpg






いやいや、

大急ぎでもう一度ちゃんとテーピングし直しました。





ウカツに取れてはならんもの。

お互い気をつけようねえ、ブッチさん。







ちょっと長引く今回・・

翻訳か?ってカンジのタイトル(笑)



今回の副作用、またちょっといつもと違い・・


頭痛と耳鳴りも参戦し、
なんとなくスッキリしないイヤなカンジが続いております。



動けないわけじゃないんですけどね。

どうにもなんだか気分がよろしくないというか。



カラダ、闘っておるのでしょうな。

最近、とにかく眠くて。



昨日は、洗面所で顔を洗いながら寝てました。(爆)






むくみもひどいです。


んー・・むくみ?
だけでもなさそうですが。


体重、+5Kgでっせ!?!?!?!


なんか、ヒザが辛いと思ったらさー。



2ヶ月で5Kg増えたら、ちょっと負担大きいよね。

しかも筋肉は衰えてのことだから。




「元々が細いからー 少々肉がついてちょうどイイのよ!」

ともれなく言われそうですが(笑)
いやね、見た目の問題ではなく。

(見た目は絶対今の方が健康的 



この急激な変化に、カラダがついていきません。



カラダにお肉が付くと、その場所が痛い!?

肩、背中、わき腹、痛いっす。
体を動かすと、お肉ごとぎゅう~って絞られてるカンジで痛ーい

お陰で風呂上りに
バスタオルで全身が拭けません(痛くて)



やっぱ、ちょっとヘンですよね。

自分の体がアウトオブコントロールですわ。





・・ま、そんな感覚もめったに体験できるものではございませんので


なーるーほーどーーーー




と好奇心いっぱいで(ヒトゴトか(笑))
過ごしております。





そうそう、嬉しいお知らせを頂きましたよ。


ペピイ 継続教育プログラム
これからの動物病院に求められる犬の問題行動アドバイス
https://www.peppy.ac.jp/graduate/pro/


こちらのセミナー
おかげさまで一時キャンセル待ちが出ておりましたが

広い会場へ
変更となりまして
定員UPとなりました



定員オーバーと言われた方も
もう大丈夫




さあ、ふるって





+5Kg

ぜひその目で確かめに・・・









ちがーーーーーーーう!!!!!!





大丈夫です

すみません、少し間が空いてしまいました。



月曜日に抗癌剤打って、
3日間はほとんど動けず。

ゾンビのように
ゆ~ら
ゆ~~ら


一番苦しい時期。



ようやく、昨日あたりから
ゾンビを脱し

また少しずつ体力を戻します。




んも~~~
このサイクル

短すぎて
モチベーション保てん




おかげさまで
先日お知らせしたこちらのセミナー

ペピイ 継続教育プログラム
これからの動物病院に求められる犬の問題行動アドバイス
https://www.peppy.ac.jp/graduate/pro/


そろそろキャンセル待ちも出そうな雰囲気。
ありがとうございます。



今、犬たちが人間たちから求められていること・・
それは、犬たちにとってどうなの??

犬たちが正しく犬として生きること。

人が彼らにするべきこと。


共に生きるために、どうすればいい?



単なる問題行動対処マニュアルセミナーだと思わないでね。
犬は、機械じゃない。
ボタン押して、困りごと解決なんてできるわけない。


改善に向かうために、
どんな考えで
どんな対応を
していくべきなのか

それをお伝えするセミナーです。



ワタシのワールド、多分満開です(笑)




ケモ4回目

昨日はまた
教室へ行って


わんこたちと挨拶したり
飼い主さんたちと笑い転げたり

仲間たちと熱く深く
語り合ったり


時間があっという間に過ぎちゃうわ。





そんな昨日は
今日の自分へのエールでして



今日は4回目の抗癌剤。

また数日、動けなくなるんだな~・・



夕方から
きた。。。(泣)



今回は吐き気と頭痛

そして前回と同じ
表面は暑いのに体温は激低という




友人から激励にプレゼントしてもらった
ペパーミントのアロマの瓶を握り締め


(珍しく)食べ物はおろか、お茶や水を受け付けないので
これまた友人に激励に頂いたジンジャーエール・・
(こんなとき、唯一飲める!)
で水分補給をし


ひたすら
耐えるのみ。




これで抗癌剤治療やっと半分きましたが

次回からはまた違う抗癌剤に変わります。


抗癌剤が変わるということは
副作用も変わるということで



また
入院
だそうで



今回は4~5日で♪

なんて主治医はか~るく言うてましたが



はあああ~~~~~~



未知の副作用もイヤやけど

またれっちゃんが固くなるとか
10時就寝の生活になるんかとか
どうせ夜は1時間に1回トイレやろとか
入院費かかるやんとか





ちなみに入院は

例のペピイセミナーの日から 


と言われましたが


いやいや!
ダメ!
ムリ!
アカン!!
お願い~~~~~


と頼み込んで

何とか翌日からになりました。(セーフ)




ふうう~~~~~






猫だってやるんだもん!

最近、話題になってますね~。


「猫が犬に体当たり 4歳の少年を救う」
http://grapee.jp/3292



ぬこ、弾丸ダッシュww
すげー。





自分勝手
群れない
マイペース
気まま
人より家につく


ナドナド
言われている
猫さんですが




いやいや、
どうして。





意外と義理堅いんですよ。





我が家の兄弟ぬこ×2


ブッチさん
DSCF8024_convert_20140516151908.jpg
食いしん坊の甘えん坊





クロベエさん
DSCF7546_convert_20140516151832.jpg
何事にもひるまない気合の入った番長







れっちゃんが1歳の頃
散歩中にダンボール箱を見つけて
(絵に描いたような出会い)



まだへその緒がついた子猫に

私がミルクをあげて
れっちゃんが下の世話をしてやるという

二人六脚?で育てた子猫たちも


今やすっかり
カラダも態度もデカくなり





れ:「ボクもベッド乗りたい・・・」
DSCF7563_convert_20140516151929.jpg
ク:「やだ。」







れ:「ボクもそこで寝たい・・」
DSCF6695_convert_20140516151959.jpg
ブ:「やだ。」






猫っぷり満開ですが




以前子犬を預かったとき、

少し生意気になってきた子犬に

れっちゃんが反撃されたことがありました。




珍しくやや形勢不利になったれっちゃんの声を聞いて


ワタシ急いで駆けつけましたが

同時に我が家の猫×2匹も
奥の部屋から飛び出してきました。



次の瞬間、


ブッチさんとクロベエさんは



親衛隊よろしく
れっちゃんの左右にすばやくついて


子犬に向かって威嚇を始めました。



3匹が一列に並んで
子犬に迫る様子は


そりゃ見事なもんで


その気迫に押されて
子犬はあえなく白旗 



その様子を見て
猫たちは

「フンッ」


隣の部屋へ戻って行きました。






猫も仲間のピンチに加勢するんだあー

すごいもん見ちゃった


感動すら覚えました。

動画、撮りたかったなあ。








ワタシが退院してからしばらく

夜中に4~5回トイレ通いしてましたが



ブッチさんは必ず付き添ってくれるんです。

いかにも眠い目をこすりながら(笑)



足元で寝ているブッチさんは

必ず私と一緒にトイレへ行き
横で座って待っててくれて

布団に戻るのを見届けてから
また私の足元で寝るという

マメな介護っぷりで



だけど昼間は
ブッチさんずっと寝てたっけ
(睡眠不足(笑))




私の体調が戻ってきたころから

夜中にトイレに行っても
もう付き添いしてくれなくなったのは
ホント不思議です。







そんな猫さんたちの一面を知ってるので

少年を助けた猫さんのことも


「うんうん」


とうなずけちゃったりします。




猫だって、やるときゃやるんだもん~~!


危険なラグ

リビングつづきの我が家のダイニング。





ラグはペーズリー。
DSCF8361_convert_20140516105022.jpg




実はこのラグ



ちょっと危険。







柄にまぎれて、
何が落ちてるか分からない。
DSCF8365_convert_20140516105049.jpg
れっちゃん、何かありますか?






はい。ココにかじりかけの軟骨が。
DSCF8373_convert_20140516105108.jpg
そんなトコにあったんかーい







踏むととてつもなく痛い。
DSCF8376_convert_20140516105126.jpg
・・が、踏んでも痛いだけなのでまだマシ。








時々、猫がウ●コダッシュする。

※ウ●コダッシュ・・猫がトイレでウ●コした直後、ダッシュで部屋を駆け回ること。




出し切っていない最後のヒトカケラのウ●コを

ダッシュで振り切ろうとするので



DSCF8361_convert_20140516105022.jpg



・・のどこかに猫のウ●コが落ちてたりする。

ほぼ、踏むまで発見できない。





さらには、
夜の間に猫がゲーしたのが




ペーズリーにまぎれていたりする。








我が家ではそれらのモノを



地雷



と呼び




「クソッ 朝から地雷踏んだわ!」

というカンジで




ひんぱんに会話に出現するのであります。








我が家に遊びに来たら

ぜひ

ダイニングでおくつろぎ下さい。(笑)




春日な洗濯

やや体がダルい私をいたわって

ダンナが
洗濯しといてくれました。




本当に、ありがとう。


素晴らしいダンナさまです。(ヨイショッ)











・・・・・・??
DSCF8358_convert_20140515082407.jpg
なんだ?なぜAllピンク???










ダンナいわく












「みんな
k_convert_20140515095727_convert_20140515095859.jpg
春日になったわ」










コイツのせいで。
DSCF8360_convert_20140515082428.jpg








すみません。

私が最近買ったヤツです。















ところで。










ただいま、こんなカンジに仕上がっております。















ちょっとだけよ
DSCF8295_convert_20140515082336.jpg



がんばれよ~!

2週間
我が家でホームステイしていた子猫たちが

本日、神戸市動物管理センターへ
帰っていきました。



カリカリが食べられるようになったら、卒業なんだ!
DSCF8268_convert_20140515082157.jpg




成長は嬉しいけど

にぎやかなコイツらがいなくなると思うと

寂しいわ~~




リビングの真ん中で行き倒れる兄弟。
DSCF8269_convert_20140515082214.jpg
クロベエさん、そっと見守る






果敢にもれっちゃんのオシリの臭いをかぎにいく。
鼻にシワを寄せて抵抗するれっちゃん。
DSCF8272_convert_20140515082234.jpg
残念ながら子猫に話は通じず、
この後れっちゃんは立ち退いた・・






私の腕のなかで、安心して眠る兄弟。
DSCF8287_convert_20140515082250.jpg
小さくて 柔らかくて 暖かなイノチ2つ。





いつも子犬や子猫を育てて思うのだけれど

1頭1頭

色んなことを教えてくれます。




本やセミナーの情報なんか、
数千分の1程度ですわ。

ううん、それにも満たないかも。




実際の命って、

奥深くて
豊かで
複雑で

「オラたちと付き合わずに分かった顔されてたまるか~~」
とばかりに

多彩なバリエーションで翻弄してくれます(笑)




今回の子猫たちだって

今まで育てたどの猫たちとも違う動きをして



「ほ~~~~~♪」
「へ~~~~~♪」


と楽しませてくれて



多分
野良の子か
人工保育かで
違ってくる行動なのかな?

実に興味深かったです。



私の動きひとつで
子猫たちの心理がコロッと変わり

それにつれて動きも変わり

関係が変わり



やっぱりね。



動物たちは
ピーマン頭のブラックボックス(腹立つな、この表現)じゃない
行動学だけじゃない


愛情とか
信頼とか

データで計り知れない
ココロの部分


それを大切にすくいとっていかないと

いくら
「痛みを与えないから優しい」
「動物自身のモチベーションを高めるから優しい」

なんて言われても

そりゃ
ボコボコに痛めつけて教えるよりゃ
優しいのかもしれんけど


そう


「優しいかもしれんけど、冷たいね」



行動学、必要なんだけど。
なんだけどさ。


行き過ぎると、”行動ありき”でココロの存在を忘れちゃう。

その危なさを分かっていないと。



愛情って計算じゃないんだよね。





彼らに、早く良いおうちが見つかりますように


そうそう、猫って

2個イチで飼うのがオススメです。

1匹で飼うより
ダンゼン飼いやすい。
です。ホンマに。





子猫たちをセンターに届けて

ちょっぴり寂しいキモチをまぎらわすために

帰りに大きな公園へ寄りました。




「この目線は正の強化によって形成されたものか?」
DSCF8345_convert_20140515082354.jpg
ちがうよ~  愛だろ、愛! それと信頼だよ。


そう言える感性は忘れたくないなぁ、と思う。

本気だぜ!

月に1回のインストラクターセミナー。

モリモリやってます




本気でプロになりたいメンバーが集まってます。



この業界でプロになるってことは、
本気で犬と飼い主さんの力になるってことです。


支えることができる力。
守ることができる力。
助けることができる力。


力をつけよう!



自分の言葉が
犬とその家族の一生にかかわってくる


その責任を
正面きって背負う覚悟を持って。




ある飼い主さんは
あることを言われて

それを信じて一生懸命言われたしつけをして

犬がお利口になると信じて


そして犬のココロは壊れてしまった。



犬も
飼い主さんも
一生背負わなければならないかもしれないほどの

大きな
心と体の傷を負ってしまった。




救えるのか?
このアタシに。

毎日、自分に問いかけて

その度に
救ってみせる!と

自分から答えが返ってきた。



結果、力になれたのかどうかは
犬と飼い主さんにしか分からないけど。



いくら私が
「やったわ♪」と思っても
それは私の思いであって。

自己満足に浸るようになってはオシマイなの。

答えは、私が持ってるんじゃない。
犬と飼い主さんが持ってるんだから。






ぶっちゃけ、この仕事はにゃなりませぬ。

あれこれふくめて
時給換算すると


・・・・・。




咬まれても
飛びついてでろでろにされても
押し倒されて体中爪あとだらけになっても



全て自分の責任において
だーれも保障してくれない。



だけどやるんだ!
学ぶことは楽しいぞ!

そんな、熱いココロを持った仲間たちです。



アタシ、負けてらんねーわ。
DSCF8260_convert_20140514200051.jpg




悪いことは・・

最近のスーパーのレジって

ピ!の後でカゴに商品を入れるとき
すんごくキレイに入れてくれますよね?



昔ってば
そんなキレイに入れてくれなかったよなー。



スーパーでそんなキレイに入れられたカゴを見る度に
必ず思い出すことがあります。




以前、専門学校の講師をしていた頃のこと。


専門学校は大阪の都会にありまして。
車で1時間ほどかけて通勤してました。


我が家はそんな都会の喧騒からかけ離れた
となりの県の
こじんまりした町で・・


買い物なんかは、近くの○ックスバリューへ
値引き札が貼られた夜に行くことが多く。



その日もフツーに買い物へ行き、

値引き札が貼られた商品ばっかり
ホクホクとカゴに入れ

レジに並びました。



その日は特に

店員さんが
ピ!
の後にカゴに入れる手際と入れ方が美しく


まるでテトリスのような
はたまた
カミソリ1枚入らぬピラミッドの石積みのような

ゲージュツ的センスを感じて
見とれておったです。

「プロだなあ」
って。





で、その翌日、専門学校の日



講義のために教室へ入っていくと
一人の女子学生が


「せんせー、昨日は褒めてくれてありがとう!!」

と駆け寄ってきました。



はて。
何のことやら。



「昨日ー?
 学校来てないでー。人違いちゃう?」←冷たい(笑)


「いや、確かにせんせーやった!
 ○ックスバリュー来てくれたやろ?」



「・・・。 (行ったけど・・なぜそれを・・)」




「レジで褒めてくれたやん!
 すごいなあ、キレイに詰めるなあ、プロやな、って。」



「・・・。



そーやったんかー!
このコ、昨日あのスーパーでバイトしとったんやな~~!!


で、たまたまそのコのレジに私が並び

無意識にココロの声を口から発してしまった、と。



いや、値引札が嬉しすぎて
レジのお姉ちゃんの顔まで見てなかったのよね。。。



多分そのコは
気がついてない私を分かっていて


だからこそ
ココロから出た正直な褒め言葉を
とても嬉しく感じたのでしょう。



いや~しかしマイッタ。

まさか、教え子がこの町にいたとは~


いつもキリっとしているW先生(笑)が

夜のスーパーで

スッピンで
犬の毛だらけのスウェット着て
値引札にこだわって
ダンナと手ェつないで

買い物しとるとこ見られた~~~。(爆)



その後
恐れていた
「値引き先生」

などというアダ名を付けられることもなく
そのコは卒業していきましたが



誰であっても
絶対関係ないということは
ないかもしれない

ややこしい?(笑)


つまり

今、目の前にいるその知らない人は
明日には知り合いになるかもしれない
ということを

常にココロにとどめて
ふるまおう。


ということを
その女子学生に学びました。




この仕事を始めてン年。

だいぶんこの地元でも、知り合いが増えてきました。

動物病院でも
ニンゲンの病院でも
スーパーでも
ショッピングモールでも
時には散歩でも

お客さんや元お客さんに出会う確率が増え、
嬉しかったり
場合によっちゃ
恥ずかしかったり(笑)



これからも、きっと新しい出会いがいっぱいあるはず。


車の運転中ににらんだ相手や(おい)
クレームをつけたお店の方が(おいおい)

明日教室に来て下さるかもしれんね。



袖振り合うも多生の縁。

ないがしろには、できませぬ。




悪いことはできまへんな~~~



いつもどこかで~誰かが~
DSCF8218_convert_20140512133249.jpg
みてる。





ほら、見てるよ~~~
DSCF8215_convert_20140512133316.jpg







久しぶりに

今日は久しぶりに

腫瘍の痛みが復活


うずくまるほどじゃないんですが

ピキピキ~
ピキピキ~

と間欠で痛むです。



まーそれでも
以前に比べれば全然マシで


治療前なんかは

痛み出すと
「う~~~~~」とうめきながら

ひたすら痛みが治まるのを
じっと待つという

なんとも非生産的な時間を費やしていました。



抗癌剤治療を始めてから

徐々に痛みが引いてきて


ここ最近は痛みがあったことも
しばしば忘れてしまうくらいでしたが


今日はふっかーつ 



ピキピキ程度なんで

「ふんっ」

とせせら笑いながら
作業を続けたりしてますが



カラダのどこかに
わずかでも痛みがあるというのは

イラつくもんですね。



何かが落っこちる音に敏感になったり
開けにくい煎餅の袋に「もう!」と腹が立ったり


もしもこっちの気分お構いなしに

ベタベタ撫で回したり
抱っこしようとするような人がいたら


アタシ唸っちゃうわ(笑)



そいでもって

「癒して欲しいのに」
なんて要求された日にゃ


ごめん、
咬むわ。@問題行動




シバイて「咬んではダメ」と叩き込まれるのも

オヤツで「触られるのは良いこと」と刷り込まれるのも


どっちもどっち。
ピント外れの大きなお世話だな。






一言

「どうしたの?」


って聞いて欲しいだけなのに。




ぢょし会♪

体調良かったら行こうよ~♪と
お誘いを受けて


女子会 



車に乗っけてもらって・・のんびり個室。
DSCF8244_convert_20140509225609.jpg
ウグイスの声がきれい。




ここはお野菜が本当に美味しい。
DSCF8245_convert_20140509225637.jpg
このお店で野菜の美味しさに開眼したと言っても過言ではない。。。





創作和風料理。
DSCF8246_convert_20140509225701.jpg
10割蕎麦だけど、トマトが乗ってる。合う!!!





山菜のてんぷら。
DSCF8247_convert_20140509225723.jpg
植物ってうまいーーーー




もっといっぱいお料理出たけど、
食べるのに夢中で写真なし。

よくあること。





本店。
DSCF8248_convert_20140509225744.jpg
山の中。風が気持ちいい~♪






デザートのハシゴ。
DSCF8249_convert_20140509225758.jpg
場所を移してさらに食い、喋る。




久しぶりにぜーんぶ吐き出してデトックスしたあーーー
身長5cmくらい伸びた気分。




んでやっぱり、

「前よりダンゼン元気そうに見える。」
と言われた。(笑)



アタシの人生、何か間違ってた???






少数精鋭でいこう

数日前から


そろそろきてるな~・・ってカンジの
白血球減少期



底値の1000程度で
1週間前後過ごします。 コワイコワイ。



この間
「絶対の絶対に感染症にかからないように!!!!」


強くお医者さんにクギを刺されますが



そりゃだれだってかかりたかーない。

けど
なっちゃうのが病気ってやつで(笑)





幸い今のところ
感染症にかからずに済んでおりますが

なんだかイロイロ分かる(感じる?)ようになってきました。



あ、白血球、今少なくなってきてんなー、とか。

何かと闘ってるなー、とか。

今、防御機能0だなー、とか。



上手に表現できませんが、
カラダからのサインで

なんかねー、分かるようになりました。




最初はよく分からんどころか

分かるようになることすら
信じられないくらい

全く感じ取れなかったものが



いつの間にか
分かるようになって

「へー」って


こんなこと、色んな場面でありますね。





この時期を過ぎれば、
また白血球は増え始めるはず。




ない袖は振れぬ。

今しばらく、
少数精鋭で頑張ろう~!






そろそろ・・

ついにGWが終わってしまいましたね。



さあ、そろそろまた動き出さねば!

・・な方も多いかと。




子猫ズに癒されながら
BBQドカ食いしながら

それでもこのGWは

水面下(!?)で活動してました。


いくつかのプロジェクト(超個人的な(笑))を
同時進行で進めていますが



子猫がゴロゴロと膝に乗ってきたり(萌)
れっちゃんが肩の上にゴミを置いてきたり
クロベエさんが「もしもし」と手をかけてきたり


その度に


「なぁに~~~どちたの~~



とろけるような猫なで声でお相手をするもんですから


なかなか進まないんですがww




とってもワクワクしながら
作業を進めております。




そうそう、ワタクシ今度、セミナーやりますよ。

ペピイ 継続教育プログラム
これからの動物病院に求められる犬の問題行動アドバイス
https://www.peppy.ac.jp/graduate/pro/


6月8日(日)です。
定員 30名 。
DSCF5872_convert_20140507091828.jpg
去年もやりましたが、
定員を上回るお申し込みを頂きました。満席御礼(人-)



ハゲだ、ヅラだ、スメアゴルだと
フザケたブログを書いておる私めですが、



あの、
やるときはちゃんとやりますから(笑)



私ね、
元々、犬のしつけインストラクターなんすよ。
難関突破したそれなりのプロです

思い出して頂けました?(爆)



行こうかな?という方は
お申し込みはお早めに。



ってか、
ワタクシ正直この先いつまで出来るかわかりません。
学べるときに学んで下さい。

スキル、知識、欲しい人は遠慮なく喰らいついてきて下さい。
今のうちに。


お口あ~~~んで待ってても、
わざわざ親切に教えてあげないよ~~。


そのかわり、
学びに来るガッツのある人には

出し惜しみも
手抜きもせずに
本気で欲しいだけ教えます。




とはいえ、心配なのはこの体調。

このセミナー、3時間スペシャルなので、
途中でソファで休憩、なんてことは出来ません 
(ダレだよ~~やりそう、なんて言ってるのは)



体調のことを考えて、
今年は講師依頼をキャンセルすることも考えましたが、

じゃあ来年は確実に大丈夫かっていうと
やはりそうでもなく


少々無理してでも
今伝えて
おきたい
おかなきゃ
おかねば

それが出来るのは有難いことです。


しっかり調整して、挑まねば。



途中でズラのお色直ししたら、
受講生の皆さんどんな顔するだろ~~




朝のカーテン

おかげさまでこのGWは


体調のひどい急降下もなく


何年ぶり!?
ってくらい


家族と
のんびり楽しく過ごしました。


別にどこにも行かなかったんですけどね。





朝起きて
カーテン開けると

皆が一斉に起きだして


れっちゃん、ブッチ、クロベエと
オハヨウの挨拶して


そのうちにダンナも起きてきて


「あー ウチの群れは今日も幸せだあー♪」


と実感し




四本足たちのゴハンを先に準備して

見事な食べっぷりに
今日の健康を確認し




二本足の朝食のために
冷蔵庫を開けると

何かしら食材が入ってることに
感謝し


このほうれん草はどんな畑で育ったのかなんて
食材の身の上に思いをはせ・・



まあ、とにかく時間がゆっくり流れるんですね。

「まだこんな時間??」って
驚くくらい。

得した気分。



いつまでも、こんな幸せな時間が続きますように

明日も
明後日も

こんな朝が訪れますように





10人の私がいれば

5年後に生きている確率は3~4人。


そのうち
再発や転移をせずにいるのはさらにその半分・・

1~2人。



乳癌ってね、手術後に再発や転移が見つかったら
それが小さなものであっても
もう末期扱いらしいです。

カビの胞子みたいなもので・・
1箇所に見つかったら、他もたくさん微細転移してるから、と。

なので根治は困難であると判断され、
基本的に手術はもうしません。

1日でも長くQOLを保った生活が出来るように、
余命長く過ごせることを主眼とした
緩和ケアに切り替わります。





今の自分と同じ10人。


5年後
元気に生き延びている1~2人に入れるかな?





朝のカーテン
開け続けられるといいな。


おかわりBBQ

昨日の

ありえない
肉のドカ食いにもかかわらず


今日も体調は絶好調 
(白血球は多分1000に落ちてる頃だけど)







冷蔵庫を開けて





肉、まだ残ってるやんか~い






の一声で





BBQ再び(爆)



今日は肉500gしかないけど
DSCF8164_convert_20140505101129.jpg
OK,OK!






日が暮れかけた頃

炭の火が呼吸するようにゆらめく
DSCF8166_convert_20140505101150.jpg
こんな時の一服がサイコーなんだが・・・


鋼鉄の意志で我慢 
アタシえらい。




ゆらめく
火や炎は

人のココロを穏やかにする効果があるそうです。



人は太古から

火を頼り
火に守られ
火に育てられ



きっと大昔のこんな時間には

犬たちのご先祖もそこらへんで寝ていたんだろう




人の団欒の真ん中から火が消え

炎を囲んで話し合う時間を失った私たちは



ゆらめく炎を見つめながら
時間をかけてコミュニケーションするという行為を忘れた



時間の価値は
スマホと小さな腕時計の中に封じ込められ

火が消えるまで

なんて不確定を許さない。





得るものと手放すもの。

自分に何が起こっているのか

分かっていたいな。

















どうにもとまらない

とあるきっかけから



どーしても






どーーしても







どーーーーーしても









が食いたくなり







ここんとこ

カラダを気遣ってへるしーな野菜メインだったけど





たまにはガッツリ肉を食わんと





カラダが病気と闘えん!




・・などと勝手な理由をつけて









じゃーん
DSCF8148_convert_20140504074534.jpg
ネコ焼肉ではない・・(シュール)






庭にセットを組み立てる。(ダンナ担当)

DSCF8149_convert_20140504074556.jpg

左下のバーベキューコンロを使うと思うでしょ?







ところがどっこい。









パーゴラ(藤棚)が崩壊寸前で大変危険。(笑)
DSCF8153_convert_20140504074618.jpg
命がけ・・になるので、コンロは使わない。(使えない)

早いとこどーにかせんと。

どーにかしたら、友人を招いてパーティでもしようと
思っているんだが。(5年前から)







なので、今回は卓上コンロにて
DSCF8155_convert_20140504074635.jpg




二人で

約800gの肉と
大皿山盛りの焼き野菜と
サラダと
おにぎり3コを食べ尽くす。
DSCF8156_convert_20140504074652.jpg
病気・・もう治った気がする(爆)






お庭バーベキューに熱狂する夫婦を尻目に


愛犬は



さめた目で家の中で寝てましたとさ。



眠いんで、中で寝てていいですか~?
DSCF7871_convert_20140504082033.jpg


預かりっ子世にはばかる・3

ボクたちの名前を

この家のおっちゃんが考えてくれたそうだ。



ココへ来てから80g体重が増えたよ!
DSCF8127_convert_20140504074416.jpg






兄弟ネコ、彼の名前は「ぼっちゃん」
DSCF8133_convert_20140504074455.jpg
前髪がぼっちゃんなんだってさ(笑)






ボクの名前は「モモジロウ」
DSCF8132_convert_20140504074436.jpg
モモが白いからだって。ほらね。




人も犬もネコも社会化バッチリ 





ボクたち、カリカリが食べられるようになったら
神戸市動物管理センターで譲渡デビューなんだって。
DSCF8144_convert_20140504074512.jpg
がんばって大きくなるどーーー!!


カウンターコマンディング

犬マニア

もしくは
インストラクター志望者

あるいは
犬オタク


へ向けての


有料記事 第


今回は

コマンド主流のしつけの概念を
もう一度根底から考え直そう!


そのfellowship labo的考えを
綴ります。

-----------------------


犬のしつけでよくある手法

カウンターコマンディング
(問題の行動をさせないように、相反するコマンドを命じる方法)



たとえば

犬がハンドラーから離れようとする
 →オイデ

犬が飛びつこうとする
 →オスワリ

犬が食事を欲しがってテーブルに足をつく
 →フセ

犬が他犬に興奮して吠える
 →ミテ


などが良くあるパターン。


実はワタクシ、このアプローチは

好きではナイ

です。(言っちまったー・・(笑))
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

かうちゃん

ブログ内検索