napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

パピークラスと子犬育て

今回は結構長編になりました。

首が痛い。
肩がこった。
鼻がたれる。
お腹へった。

自爆、誤爆、なんでもござれの
WATANABEワールド、またしても全開。フルスロットル。(笑)

--------------------------------------------

あちこちでパピークラスなるものが開催されるようになりました。

犬の育て方について
早くから正しい知識を持って頂くというのは
とても大切なことです。



でもね。



犬のしつけはなるべく早くから!
(手遅れにならないように!)

子犬の頃からしっかりしつけをして、賢い犬にしましょう!


そんな、ムード。

なんかね、ヒトのお子サマ方のお受験戦争と同じニオイが、プンとするんだな。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

れっちゃんのカミナリ研究

風邪、しつこく粘ってます。




ダンナは私より後にひいて、

私より早く治りました。




物持ちが良すぎる。
WATANABEです。






さて。




先日、カミナリが鳴りまして。




れっちゃん、6歳を過ぎた頃から
カミナリが怖くなりました。




ガクガク ブルブル 
ハアハア・・パンティングが止まらない
DSCF9152_convert_20140817130425.jpg
「かあちゃん・・怖いよ~~~」





この日はふとダンナが



そーだ 風呂に入れてみよう♪



と言い出し

ナルホド



カミナリの静電気が不快な時は
霧吹きで水をかけるとよい
なんて説もあるくらいですから

お風呂アリよね?





そもそも
どーせ


カミナリ=キライ
お風呂=キライ

なれっちゃんですから



今お風呂に入れちゃえば

ストレス1回で済むかも?






結果。





なかなかイイ(笑)





まず
シャワーでカミナリの音が聞こえづらくなったのか?


ガクガクブルブルが
通常の「お風呂・・スキじゃないのよね~・・」
程度に軽減。





続いて
水気を飛ばすために
ブルブルしてもらいますが


ご存じ ブルブルは
カーミングシグナルでもありますので


バイオフィードバック効果も期待♪

※バイオフィードバック・・「悲しい顔をすると悲しい気持ちになる」ように、
               ”行動”につられて”感情”が操作されること



実際、ブルブルの度にシッポが上がってきました。






加えて

イヤなものに
さらにイヤなものをプラスすると

元々イヤなものは
そんなにイヤではなくなる


コントラスト効果
のためか?




お風呂から出て
まだカミナリが鳴っていても

さっきほどの強い恐怖反応はなく



ご褒美であげたガムを

嬉しそうにかじれるようになりました♪

(お風呂に入る前に、同じガムをあげてみましたが
 食べられる状態ではありませんでした)





まー、結果的に

何が良かったのかは分かりませんが


少なくとも
怖い対象に意識を集中させない
(怖さが怖さを呼ぶ・・疑心暗鬼に陥る)

ってのは必要で



だけど
気をそらそうにも

普段の遊びにもノッてこない
オヤツにも見向きもしない

ならば一体
何なら気持ちの切り替えができるのか???





そんな好奇心
探究心を

実体験として検証させてくれた
れっちゃんに感謝! 






しかしこの風邪・・・


マヌカハニー、頼むぞ!








バンザイ3/4

ウチの物干し。



そう、洗濯物を干す、アレですわ。




庭にね、でっかいのがあるのね、
サザエさんが、布団とか干してる、あんな感じの。




あまりにお天気良いから、
れっちゃん用のバスタオル洗いました。



洗えば、干しますわな。




物干し、2段になってまして。


下の段は、肩くらいの高さ。

そこには、すでに私のパジャマだとか、Tシャツだとかが
秋の風に揺れてまして。




上の段は、私の身長より高いんですが、
ソコにバスタオルを干したい。





うん、

干したい。
ぜひとも。





でも、

干せない。





なぜなら、バンザイが不完全。





左手で濡れたバスタオルをエイヤっとひっかけるも、
ヨレちゃって広がってない。



分かります?



バスタオルを広げるには、右手と左手のコンビネーションが必要なわけで。




言うなれば、

バン(左)ザイ(右)が同時に出来ないと、広がらない。




でも、ザイが不完全。

せいぜい、頑張ってバンザ。

いや、ザまでいかんな。

バンサ。





役に立たないサは諦めて、
バンだけでどうにかしようと



右からバン 左からバン やってみましたが

バスタオルはよじれたまま
右へ左へと動くのみ。




ならばと

ジャンプでバンサ!試みましたが


いかんせんあまりにジャンプ力不足で



バンサ!バンサ!してるうちに

5回目くらいのバンサで






バスタオル、落ちる。



ついでに、ジャンプの衝撃で
ガーゼキャップも、落ちる。






花札のカエルか、っちゅーの。









kaeru_convert_20141026013706.jpg
見てるんなら、手をかしてやれ。







れっちゃん、肩車したら伸ばしてくれんかな。。。






10分ほど格闘の後、ようやく納得のいく作品に仕上がるも
もうね、汗だく。





ご町内のミナサマ・・目撃してたなら、いっそカモン拍手!









ちなみにパスタ鍋。


これまた、キッチンの高いところに収納してまして。




基本、バンザイ必須。



大きいから、片手じゃ降ろせないんですね。






なのでこちらは、バンでズリ下ろして、頭に乗っける、と。








ほとんど、どこの国の夕食?











リハビリ、がんばろう~











久しぶりに、風邪ひきました。


くしゃみ、鼻水、鼻づまり。
私の風邪は、鼻から?

だけですまない、頭痛、発熱、咳、全身痛。


なけなしの免疫、突破されました。



寝込んでます。

すみません、メール返信遅れます。




行かねーし!

気持ちよい秋晴れ



昨夜、母から
「明日、久しぶりにお墓参りいかない?」
って



WATANABE家のお墓は
愛知県にあります。



長らく行けてないので

行きたいのはヤマヤマですが



長距離ドライブに体力が持つかな、とか

れっちゃん連れていく体力が心配、とか

お仕事のメール返信あるしな、とか


そんなこんなで
ワタクシは今回は見送りましたが




母は姉と行ってくる、と。




くれぐれも気をつけてね、と昨晩念押しして






今朝 メールが


母:「今高速乗りました。
  また体調の良い時に一緒に行きましょうね





WATANABE:
「気をつけて行ってきてね。

 ご先祖さま方によろしくお伝え下さい。
 私も、近々いきますから、よろしくって伝えてね。」












「縁起でもないっ









・・・・・。








いやいや、ちげーし。
そっち方面、行かねーし。
行くつもり、まだねーし。


前までは行くけど、中までご一緒するつもりねーし。





コトバって難しいね~(汗)




それでもバンザイ

退院後2回目の通院。




診察室へ入るなり

主治医、バンザイポーズでお出迎え




負けじとバンザイ返しで

リハビリの成果を披露するも、


いまひとつふるわず。




少しでも高く挙がることをアピったつもりだけど、


「カラダ、傾いてるで」


とバレバレ。。。



ハイ。
続けてリハビリ頑張ります。






これからの治療方針の確認。


11月上旬より、ハーセプチン開始。
3週に1度のペースで、14回。

ほぼ1年やな。

副作用、軽いといいんだけどな



はあ・・・。




放射線はもう少し傷が落ち着いてから。

ホルモン治療も、傷が落ち着いてからにしましょう、と。









自分の頭が黒いのって、新鮮。
20141023210315131.jpg
お手入れラクラク、ちょっとクセになりそう。









そんなこんなで

明日の体調に自信が持てない日々が続きますが、

無謀にも(笑)
リクエストにお応えして、セミナーやりまーす!




11月5日(水)
GK9セミナー インストラクター志望者向け

ドッグラン研修 ~犬の行動観察~
犬たちは、ノーリードでどのように行動するのでしょうか?
フリーな状態だからこそ見えてくる、犬たちの習性や心理、気質の読み取りや
必要なトレーニング、インストラクターとして必要な視点や技術など、
学ぶことはたくさんあるでしょう。

詳細はGK9 HP コチラ





ちなみにハーセプチン・・・

4日に打つコトになっちまっただ・・・




出来るだけ、這ってでも行きますが、


どーにも こーにも起き上がれなかったら



ほんっっっっっとにゴメンナサイ。



いや、でも絶対やるから!


まだまだ、やりたいこといっぱいなんだあーーー!!!




弁当箱から愛をこめて

右腕のリハビリをしつつ



失われた体力をとりもどすべく


日々苦戦中。


傷口はまだ完全にはくっついていないっぽい。





入院前から約4kg体重が減りましたが


でもこれはやつれたっつーワケではなく

多分浮腫の水分が抜けたのね。



でもまだ1kgほど水分は残っていそうです。






手術後の後遺症といえば


右腕二の腕の内っかわ
約2/3

右腋下から脇腹にかけて
約1/3

皮膚感覚が麻痺しています。



切除の際に

神経も切ってしまうので

しゃーないんですと。

コレは、治らないらしい。






そんなこんなの

イマイチ本調子に戻れない体調ですが



ダンナのお弁当は

結構マジメに作ってるアタシ。






ええ。






マジメに。












20141020135952079.jpg













そんな弁当を食べたダンナからメール。









「キャラ弁だねぇ♪」









「あれはジバにゃん?^^ 」




















いやいやいや。










あーた昨日

ジバにゃん可愛いねぇって




確かユーチューブ見てたじゃん 





ド根性親分

昨日

術後初めての通院ですた。




傷の状態チェックと

切除した組織の病理検査の結果を聞きにでし。




バンザイテストでは


練習の甲斐あって
条件付きながら合格

引き続きリハビリにハゲむべし、と。






傷の状態もまあまあ


ただ
ドレーンの穴がまだふさがっておらず


いやこれはきっと

先日のセミナーで笑いすぎてハジけたんやね(笑)






病理検査では

残念なことに
がん細胞は死滅しておらず


つまりは

まだWATANABEの体のどこかに

がん細胞が生き残っている可能性が高く






通常

がんと言えば
”塊” というイメージなんですが


乳がんにおいてはちょっと性質が異なり

血液やリンパ液に乗っかって
全身にがん細胞が散りやすく

その流動的な広がり方から

”液体がん”とイメージされます。



なので、でっかい親分を切除しても

子分である微小がん細胞が
まだ全身をフラフラと漂っており


ソイツらがどこかで定住しはじめると

そこで再発・転移になるという仕組み。
こらこら。





抗がん剤がよく効いて

がんの親分が完全に死滅してれば

子分たちも死滅
しているであろうと考えられるのですが



ワタシの親分、

根性出して
生き残ってました。

さすが、親分(笑)




いやいや、そんなとこで根性、いらんちゅーの。





主治医:「死滅してたらねー、予後も良かったんだけど。」




ちょっと。

それは、予後はよろしくね~ってコトですかい。 




ハゲまさね~方針だな、オイ。(笑)




ま、ね。



気休めじゃ事態は変わらんし。

現実があって・・で、どーするよ?が大事だし。

未来の不確定さは万人に共通だし。


粛々と、ね。
ズズーッ←コーヒー飲む音





切っておわり、ではない病気。





だからね、みなさん。


早期発見、早期治療してね。

親分が子分たちを撒き散らし始める前に。




ワタシが言っても説得力ナッシングだけど。















ただいま!

怒涛の入院生活の終了から4日目





そう

退院後 4日目にして 





インストラクター志望向けセミナー
(6時間コース)

やりました。(笑)






仲間の変わらぬ笑顔に囲まれて


ああ、帰ってきたなあーと





右手は相変わらず動きませんが

みんなにフォローしてもらいながら



れっちゃんも大喜び






みんなからこーんなサプライズ!
20141015085401384.jpg
きゃー 大好物のチョコレートだぞぅー

↑これ以上よじ登れない右手w






そうか、行って、帰ってきたんだなーと改めて実感
20141015085402f40.jpg
「ただいま」ってイイ言葉だな

帰る場所があるから
言える言葉






縫い目がほつれそうなくらい

今回も笑って笑って




これ以上ないくらい真剣に語り合って






もしも私が現場から退くことがあっても


この想いや考え方だけは



誰かのどこかに残って

受け継いでもらえますように。






ヒトとして犬という動物とどう付き合うか。

プライドの必要性とプロとしての自分に課すもの。

人を知り、己を知る。   等々・・・







おすわりのぉー、させかたぁー!

・・に留まらない



ITという職業に就く選択をした仲間たちに

学んで欲しい
気づいて欲しい


たくさんのマインド



届いたかなぁ?







帰宅後やっぱりちょっと疲れて

全身の浮腫復活と
前後不覚な倦怠感で

崩れるように寝込んでしまいましたが



気持ちはみんなの想いに抱かれて

とっても暖かでした






さて、次は放射線治療と

1年間のハーセプチン(抗悪性腫瘍剤)点滴です。








生きるための努力。







命?

いらないなら、私にクレ。





モアレアモーレ

サワヤカな秋晴れのお天気

台風・・大丈夫かな・・





さて。



バンザイの自主練しとりますが


そうそう一朝一夕には



・・ねえ。






右の二の腕にまだ浮腫が残っておりまして



それがまた痛いんですわ。


動かしたり
触ったりすると



いてててーーーーっ

ってつい叫んでしまうくらい。




その痛みが

もしやバンザイを阻止しているのでは?




そう考えたWATANABEは




浮腫対策として購入しておいた

アームスリーブを装着
20141012134113a7f.jpg
注※ 浮腫対策は必ず医療機関に相談すること。
    自己流だと重症化させる場合があります。
    私の場合、自己責任でやってます。
    良い子はマネしないように。





・・で、しばらく着けていたアームスリーブを取ると。
201410121341149a0.jpg
?見えないかな?






じゃ、もちょっとアップで。







いやああああ~~~~~
20141012134117715.jpg


キモチ悪う~~~~~





アームスリーブの布目が

浮腫った腕にクッキリ





も一度言っとくよ?
20141012134116f4f.jpg
私の場合、自己責任でやってます。
良い子はマネしないように。






退院

退院の朝も

宇宙人練習して



ついに昼ごろ退院。





10日ぶりの再開も


今回は意外とクールなれっちゃん(寂)


でもやっぱりお家はいいなー





待ってましたとばかりに


夜は近くのお店へ繰り出し




これこれ♪
20141011141004da1.jpg





うまうま~
20141011141006d30.jpg





そして、肉ーっ!
20141011141007883.jpg





この時ほど


左利きを有難く思ったことはない( ´艸`)






10日間で


3.5Kg体重が減りました。




手術でやつれたのではなく


浮腫が少しひいたのねん。




でもまだ

あと2kgくらいは水が溜まってそう・・・





水抜きとバンザイ。



肉食って、ガンバロー









10日目

上がらない右腕を


もっとあげてみんしゃい、と主治医に

ぐい~~~っと






もうね、朝から







捕まった宇宙人
20141009115059895.jpg








「おうちで真面目にリハビリするから!



と頼み込んで



ようやく明日

一旦退院と相成りました。

やったー




とはいえ

浮腫もまだ引いておらず

ドレーン抜いた後に水が溜まるかもね~
多分溜まるだろね~

と言われ


抗がん剤の後遺症もまだ残る中


日常生活には程遠いですが



それでも、やっぱりおうちはいいよね。






そんな退院を明日に控えたWATANABEの病室に

見慣れない看護師さんがやってきて


「お引越し、お願いします」


って




南病棟にお引越ししてちょ
(ただ今北病棟)






まあでも
病室のお引越しは簡単なもので




ベッドとテレビ台とテーブルを
そのまんまゴロゴロ持ってくだけ

201410091124000ce.jpg
中身の入れ替えは、なし。





今回の入院 2回目のお引越しですから

もう手慣れたモン(ちょっとイバり気味)





唯一
中身を入れ替えるものといえば

20141009112402490.jpg
れ~ぞ~こ。

かと言って、ジュース1,2本しか入ってへんし。









フト目に入った、冷凍庫のナニか。
201410091124037b8.jpg
ああ、保冷剤ね。



そういえば
ダンナがアイスを買ってきてくれたことがあったっけ。


そん時
冷凍庫に保冷剤を入れたっけ。





じゃ、保冷剤も一緒にお引越し・・




できなかった。

くっついて。


よっぽど強力なエルサがおるらしい。




冷凍庫に同化しておる保冷剤。
20141009112404573.jpg




看護師さんたちのお手をわずらわせてはならんと

何とか保冷剤を奪取すべく




仕方ないので、スイッチを”霜取りモード”へ





数時間後



ようやくエルサの魔力も弱まり


無事保冷材は確保できたものの






ホンキで霜も取れちゃったもんだから


今度は冷蔵庫の中が





お散歩がえりのれっちゃんが

美味しそうにゴクゴク飲んで満足できそうなくらい


それでもちょっと余るんでね?

くらい





豊かなオアシス化 









ん~~~~~~




保冷剤くっつけて去るのと

オアシス作って去るのと




どっちが手間のかからん患者だったかね?







もう、ほんっとにごめんなさい。






9日目

ようやく本日

主治医のお許しが出て

ドレーン抜去となりました。



ドレーンを抜く時に

1)すごく痛い
2)全く痛くない

いずれの説もあり





•••どっちやねん






結果

私は全く痛くない派だったので


ナミダがチョチョギレるほど安堵したんですが



抜いた後のドレーンを見て

気が遠くなりかけました。




だっって

30cmはある

長〜ーーーーーーい管が(怖)




コイツが体の中でトグロを巻いておったとは•••

ひい。





腕の浮腫は少しずつひいてきてますが


主治医いわく



もっとバンザイがんばれ





早くバンザイ出来るようになっとかないと


肩の関節が固まっちゃうって


退院の日を2,3日伸ばして
リハビリするかい、って



そんなのヤダ〜〜〜





必死に壁に張り付いて

バンザイ自主練にハゲむWATANABEでござんした。





早くお家に帰るうぅ〜〜〜













8日目

ま~だまだ

ドレーン抜けません 




目指せ!1週間で退院
でしたが

やっぱムリか~




手術直後の廃液の多さと

右手の酷い浮腫が


「ちょ~っとヤな感じ」


要観察ちう。




今回右腋のリンパ節にも転移していたので


そのあたりのリンパ節をゴソっと取っちまいました。




今後生きていく上で

色々な制限が出てくるわけですが


その中で


サバイバーの皆さんが口を酸っぱくして注意されること

リンパ浮腫




もしかして
その兆候か・・と

主治医は疑っているようです。




浮腫を予防・軽減するアームスリーブなるモノがありまして

伸縮性のある素材で


手首から二の腕まで
すっぽり腕に着けるんですが


これからはずっと


それを着けて生きていくことになりそうな・・ヨカン。




新たな世界よのう。
上等じゃ!






台風過ぎて、一瞬かかった虹の橋。
20141007124723895.jpg
イイことありそ♪





7日目

台風、幸いこちらは雨が降った程度で
強い風は吹きませんでした。


みなさんのところは大丈夫でしたか?



あちこちで災害が頻発している日本列島

どうかこれ以上の被害が出ませんように。(ノ_・、)





術後7日目

ドレーンの廃液はさらに少なくなり

この調子なら
近々抜去できるんじゃない~?| ̄m ̄)

・・と勝手に思っております。
(主治医からはまだ指示なし






全身の浮腫もまだまだありますが

特に術後酷いのは右腕の浮腫。


痛くて腕が曲げられません。


ほぐすために動かそうと思っても

ホラ

右胸を大きく切除したので

そっちが痛むし(泣)




看護師さんが

リンパドレナージュの方法をプリントアウトしてくれたので

それを見ながら
セッセとマッサージしております。



するとですね

本当にラクになるんですね。


腕も少し細くなります。



そして



今度は別の場所が
張って痛くなります。(驚)



カラダの水分って移動するんだ~~~~~




それを上手に上手に

リンパ節まで持っていくと

痛みが軽減するので



リンパマッサージってやつは
本当に効果があるんだ~と

最敬礼しておる次第です。




それにしてもね~

そろそろヤツらの毛皮が恋しくなってきました。



あと


肉食いて~~~肉!!!!












6日目

術後6日目



ドレーンの廃液がだいぶん少なくなってきました。




喜ばしいことではありますが


トントンのやりがいもなくなってきました。(寂)





さて。

WATANABEのベッドには

こんなボードが掲げられており。
20141005074803652.jpg






もっと近くで
20141005074804e92.jpg
右上肢処置

右側を手術したので、右腕で採血や血圧を測っちゃダメ。




アルコール

欲しがっても与えちゃダメ(爆)








な、なんと。

最近、少しずつ”毛”がリボーン
20141005090500f62.jpg


和尚さんが
寿司屋の大将に


8:28撮影





ちなみに2週間ちょっと前は
20141005095615e9f.jpg
燦然と輝くハゲっぷり(ホレボレ)

バイきんぐ、ではございません。






ほ~うと
鏡をじっくり見て

即座に旦那にLINE


「カミソリプリーズ(汗)」




眉毛やまつ毛はまだ
つるんつるんですが


それより先に





ヒゲが生えてきよった・・・ 






さて。

まだまだ上がらない右手で


顔の左半分

どうやって剃りましょうかね。。。







ほどほどに

術後5日目


顔を洗う
タオルで拭く
歯を磨く
服に袖を通す
ボタンをとめる
ズボンをあげる
茶碗を持つ
キーボードで文字を打つ
            etc...



ぎこちないながらも

なんとか時間をかければできるようになってきました。




指先は動くのですが

ヒジが肩まであがらんのですわ。


痛い、というより、力が入らない。
(痛いとこまで上げられない)



もどかしくて
時々
イ~~~~~となります。



ま、すぐに動くようになるんでしょうけども。

あせらない、あせらない(心の声)






本当にみなさまからは

たくさんの励まし

暖かな言葉

優しい気遣い

言葉はなくとも見守って下さっている方も含めて


人の気持ちってこんなにパワーがあるんだなあ、と
しみじみ感じております。

感謝、以外に言葉がありません。





と同時に


「今かよ

という
薄ら寒い出来事もあったり



せめてさ


体調戻ってからにしてくれやー!


弱ってる相手に追い打ちかけて楽しいか?


元気になってから
正面切って相手になってやらあー!


もう我慢ならん
上等じゃ、ゴルァ~~~





あイテテテテ(笑)


落ち着け、トントン トントン・・・



・・ふう。




こういう時にこそ、
本当の姿が見えてくるもんですね。




問題のない時に仲が良いのはたやすい。


でも大変なときに、どれだけ思いやることができるか。

ってことなんだろな。





ちょいと病気というメンドクサイことにはなりましたが、

「良くも悪くも
 見るべきものを見よ」

と天に言われてる気がします。




皆に支えられて
こんなにも応援してもらって

乗り越えられる山


傷の痛みを感じるたびに

私は、人に対して誠実か と

自分に問い直します。





トントン トントン トントン・・・




・・・・・。










ぷち。











しまったーーーーーーー


ヘンなとこが抜けてもたーーーーーー!!!!!


何かシュー言うたでえーーー!?





とりあえず元通りさしたけど
これでええんかな???




カラダに腐ったシルが溜まったら
どうしようーーーーーーー





看護師さ~~~~~ん




気になる

術後4日目



少しずつ右手を動かす練習

歩行練習


せっせとメシを食べること

よく寝ること



合間に仕事の連絡 等々・・





ただ今

体から”ドレーン”という管が生えておりまして



切った場所に
いらんモノが溜まらないように


体の中からチューブを通して
外に排出しています。




この液が減ってくると

ようやくドレーンが取れて

退院と相成るわけですが




昨日までは
ジャンジャン出ておりまして


しかも血液の混ざった赤い色だったのが



今日あたりから
透き通った液体になってきました。



アタシの体、えらい!!




ドレーンの管は透明なので

中身がよく見えるんですが





気になるのが




2014100314274259f.jpg
チューブをトントン突っついたり
少し振ると
泡が動く~♪




トントントントントントン•••





お、スッキリ☆
20141003142743ae4.jpg




なぜかコレに
妙にハマり



突然深夜に目覚め

個室なのを良いことに



トントン トントン・・・




止まらない・・








現状あれこれ

手術後3日目



タコ足の管人間は
どんどん管を取っ払われ


今や
ドレーンの管が残るのみ。





華麗かつ心許ない戦闘服も

スカスカ術衣は返却
カパカパおパンツは破棄


唯一
パツパツストッキングは
おみやげに持って帰っていいらしいです。



あ、ちなみに
先日のつぶやき
「エコノミー症候群予防なら、
 男性も履くんだよね(@ ̄ρ ̄@)」

という疑問に対して

わざわざメールにてお知らせしてくれた
奇特な方がおり(笑)


それによると
やっぱ男性も履くらしいです。




うーん。

なんで白やろな・・

せめて黒にしようや。





乳がんの手術は

術後に腕がどれくらい上がるかを
回復の目安とするらしく



毎朝

回診の主治医と

オハヨーゴザイマスの代わりに



「バンザーイ」



で挨拶を交わしておるWATANABEです。




初日は

手首がピクリ動く程度の

喜び5%のちっさいバンザイでしたが


2日、3日と経つうちに


40%ほどの喜びを

表せるようになってきました。






まだシャワーも浴びれませんし


歩く時も

酔っ払いタヌキのように
ドレーンをぶら下げて



それでも

順調に回復しております。(たぶん)




以前からの浮腫みは

相変わらず続いておりますが




今朝から

手術側の右腕が

さらにパンッパンに浮腫み



二の腕を
看護師さんがメジャーで測ったら

右・・25cm
左・・22cm




もう~~~~

当分浮腫みとの戦いは続きそうです。

グッドタイミング

「WATANABEさーん♪」


今まさに
手術室へ呼ばれんとするWATANABEに


「個室空きましたー♪」




あ、そう。^^;




スカスカ
カパカパ
パツパツ


シリトリみたいな
気合いの入った戦闘服で



ベッドごと部屋を移されるWATANABE。


「入りましたー」
20141001102829277.jpg


術後はこの個室で
療養です。

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

かうちゃん

ブログ内検索