napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

れっちゃんのカミナリ研究

風邪、しつこく粘ってます。




ダンナは私より後にひいて、

私より早く治りました。




物持ちが良すぎる。
WATANABEです。






さて。




先日、カミナリが鳴りまして。




れっちゃん、6歳を過ぎた頃から
カミナリが怖くなりました。




ガクガク ブルブル 
ハアハア・・パンティングが止まらない
DSCF9152_convert_20140817130425.jpg
「かあちゃん・・怖いよ~~~」





この日はふとダンナが



そーだ 風呂に入れてみよう♪



と言い出し

ナルホド



カミナリの静電気が不快な時は
霧吹きで水をかけるとよい
なんて説もあるくらいですから

お風呂アリよね?





そもそも
どーせ


カミナリ=キライ
お風呂=キライ

なれっちゃんですから



今お風呂に入れちゃえば

ストレス1回で済むかも?






結果。





なかなかイイ(笑)





まず
シャワーでカミナリの音が聞こえづらくなったのか?


ガクガクブルブルが
通常の「お風呂・・スキじゃないのよね~・・」
程度に軽減。





続いて
水気を飛ばすために
ブルブルしてもらいますが


ご存じ ブルブルは
カーミングシグナルでもありますので


バイオフィードバック効果も期待♪

※バイオフィードバック・・「悲しい顔をすると悲しい気持ちになる」ように、
               ”行動”につられて”感情”が操作されること



実際、ブルブルの度にシッポが上がってきました。






加えて

イヤなものに
さらにイヤなものをプラスすると

元々イヤなものは
そんなにイヤではなくなる


コントラスト効果
のためか?




お風呂から出て
まだカミナリが鳴っていても

さっきほどの強い恐怖反応はなく



ご褒美であげたガムを

嬉しそうにかじれるようになりました♪

(お風呂に入る前に、同じガムをあげてみましたが
 食べられる状態ではありませんでした)





まー、結果的に

何が良かったのかは分かりませんが


少なくとも
怖い対象に意識を集中させない
(怖さが怖さを呼ぶ・・疑心暗鬼に陥る)

ってのは必要で



だけど
気をそらそうにも

普段の遊びにもノッてこない
オヤツにも見向きもしない

ならば一体
何なら気持ちの切り替えができるのか???





そんな好奇心
探究心を

実体験として検証させてくれた
れっちゃんに感謝! 






しかしこの風邪・・・


マヌカハニー、頼むぞ!








スポンサーサイト

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

かうちゃん

ブログ内検索