napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

葛藤上等!

鋼鉄の意志で自分を制する。

毎日。

自分との戦いやわ。理性との戦い。

そして今のとこ、一応勝ってるけど。
もう明日は分からへん。勝てるやろか。誘惑に。


アリ○ールのジェルボールな。



・・つぶしたい。



つぶしてみたい。



指でぶっちゅーーと。



ぱちん、とはじけるんやろか。
中身の飛距離はどれくらいやろか。
どれくらいの力でつぶれるんやろ。


たすけてーー。

ゆ、指よ。この指が。


葛藤。





洗うといえば。(誰も言うてない)


れっちゃんお風呂入るでー
20150330091645bad.jpg



はじめてれっちゃんをお風呂に入れた日。


頭までよじ登ってきたよね。「ぴ~~~」て言いながら。


今でもあんまり好きじゃないけど、
しぶしぶながら自分で浴室へ入れるようになりました。
3歳過ぎくらいからかなあ。



やっぱりイヤはイヤやねんけどな。
2015033009164691f.jpg
その耳な。(笑)



ぜったいにれっちゃんを騙しませんでした。

「お風呂、入ろうな」

てきちんと伝えて、彼の気持ちが固まるまで待ちました。

オヤツでつらへん。(入ってくれたらご褒美としては使うけど、つりエサとしては使わん)
力づくで連れてかへん。

彼自身の意思で、入ってもらう。



やがて彼は「お風呂やで」という言葉に

迷い迷った挙句

「抱っこーーー」

とダンナにしがみつくという時期を経て
いつしか自分から入れるようになりました。相変わらずしぶしぶやけど。


病院の診察もそんな時期がありました。

「Wさーん」て呼ばれると
がし てダンナにしがみつきそのまま抱っこで診察室へ入るという。


「入らなあかんのは分かるねん。分かるねんけど・・勇気でえへんーー!!」


というときに、彼は抱っこを求めるねんな。


単に逃げたい時に抱っこをせがむんやなく、
自分では処理しきれへん葛藤を解決するための「えいやっ」として抱っこをせがむねん。


すごい。
なんという複雑で繊細な思考よ。


これきっと、お尻押したら「ガウ」言うし、
リードで引っ張ったら踏ん張ると思う。
抱っこで解決、て充分に評価されるべき自発行動やと思うわ。


苦手なもんはどうしたって苦手やんな。分かるわ。それでええよ。
充分やん。ムリに好きにならんでええやん。

葛藤の末に、最後の判断をゆだねてくれるなんて、すごい信頼やん。



オヤツを使って犬に○○を慣れさせましょう 


なんかなー。そらそういう部分もあるんやろけどな。
なんでやろ。「冷たいな、薄いな」て感じてしまう。


その言葉に彼らのこんなに繊細な心、見えてる?思う。



犬の行動学に対して、認知学はすっごく研究が遅れてる。

でも、私はもう何年も前から、もっと認知学(心理、感情・・つまりココロ)に目を向けんといかん、と
小さい声ながら叫び続けてきた。

今のしつけやトレーニングの概念だけでは、絶対何かが足りないんだ、と。




まあ見とってみ。

数年後には、「犬の認知学ーーー!!!」て世の中がみんな叫びだすで。絶対。
(遅いな!)



                               (C) Grace K9 fellowship labo
スポンサーサイト

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

かうちゃん

ブログ内検索