napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

オヤツやコマンドじゃない関係

先日行ったネイチャーウオークで

恒例の
「もしも飼い主さんが○○したら」シリーズ

今回は
「もしも飼い主さんが山の中でお宝を見つけたらワンコはどうするか検証」
やってみました。

ロングリードを着けて、飼い主さんとやや離れたところを犬がブラブラ歩いている時に
何気に歩いていた飼い主さんが
突然地面にお宝を見つけて「わあー!なにこれなにこれー!」と言って
しゃがみ込んだら犬はどうするか?


ワタシとしては、何年も前から、ほぼ確信とも言えるものがあったんですが
それを立証したくてですね。


ちなみに、なぜこんなことを検証してみたかったかというと
2012年、れっちゃんと山歩きをしていた時の写真を見て

「これは!?」

と胸にひっかかり、ずっとその答えを探していました。


5年前から胸にひっかかってた写真はこちら。
DSCF4201_convert_20170324164455_convert_20170324164731.jpg

なんてことない写真でしょうかね?

この時、ロングリードで山を歩いていたにもかかわらず、
私がちょっと気になった石ころに注意を向けたら、
れっちゃんが駆け寄って一緒に覗き込んだ、という場面です。


人が気にしたものを、犬も一緒に気にするんだ。
というか、
人が気になるものが、犬も一緒に気になる、というか。

それって、実はすごくね?

種族を超えた、社会的行動。
人と犬との、高い協調性、同調性・・素晴らしい共感性、がここにある。

このあたりから、「オヤツでつらなくても犬は動いてくれるのでは」と思いはじめ、

むしろその共感性をもって犬に語りかけた方が
よく届くよね、
てかその絆が作りたくてインストラクターやってんだよね、と気付いた。


GK9のパピークラスでは今や常識である
「オヤツなんかいらない社会化」

たとえば子犬にとって見慣れない物体(掃除機とか)があるとき

通常なら、オヤツで釣って側に来させ、近くで食べさせる?かな?
それとも「近くにおいで」とオヤツを見せるかな?


そんなコトをしなくても、実は子犬は

そっとその物体に手をおいて
「これ、何だろうねえ」とまず”飼い主さんが興味を示す”だけで
もれなく子犬たちは、好奇心を持って恐る恐る近づいてくる。

トンネルや人工芝なんかだって、
乗ってほしいところに手を添えるだけで、
子犬たちはその手を信頼して、
上に乗ったり、
ハードルをまたげてしまったりする。

え、パピークラスって、飼い主さんとの関係作りやんな。

食べ物につられて寄ってくるだけの関係が目的ちゃうやんな。

食べ物が社会化を進めるんちゃうよな。

信頼できる飼い主さんが傍にいて、
「大丈夫だよ」という呼びかけを信じて、
子犬たちは世界を広げていく。

え、え、それが絆やんな?

当り前なはずやけど・・
実際の子犬たちは、幼いうちから

「オヤツで釣る」

ばっかりされてない?

オヤツで動く子犬と
オヤツで動かそうとする飼い主さんと

いやいやいやいや、そんなんもったいない。
もったいなさすぎる。


そんな思いを抱きながらの何年間、
さらに検証できる機会が巡ってきましたよ。
ネイチャーウオークで。

全てのワンコが実証してくれました。

しゃがみ込んだ飼い主さんの元へ即座に駆け寄り、
飼い主さんの目線の先に何があるの?と覗き込む犬たち。

釣り餌や「オイデ」コマンドじゃない、素晴らしい共感性。

同じ世界を共有したいと思う犬たち。

素晴らしい場面がそこにありました。

これこそが、何万年も前から
人と犬とがパートナーとして生きて来た証なんやろう。


そしてさらに面白かったんが

補佐役と私も、突然お宝を見つけてみたんやけど

どのワンコも、知らんぷりやった。
チラリと見るだけで、飼い主さんの側から離れんかったわ。

そうか。
やっぱりそうなんやね。

ワンコは、「誰と」をとても大切にする。

まるでライラ(@映画)のダイモンのように
一旦絆を結んだ相手は特別な存在。

誰にでも同じ反応をするわけじゃない。
これも、ずっと暖めてきた推測を実証してくれました。


私たちニンゲンが思うより、
ワンコはずっと、私たちを特別な存在として
考えてくれているのかもしれないなあ。

それを信じられずに、
安易に「トレーニングだ!しつけだ!」と
食べ物に走っちゃもったいないね。
犬に悪いよね。


彼らが私たちに寄り添い共感してくれるのに対して
私たちはいったいどれくらい
彼らの世界に目を向けてあげられているんだろう。


ここ掘れワンワン!は
おじいさんがポチに共感したジャックポットやったんかもなあ。









スポンサーサイト

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

かうちゃん

ブログ内検索