napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

たくさんあってやばい

以前ブログにも書きましたが

ワタクシ
「同じモノがたくさんある」
ということに妙にラリッてしまう性癖がありまして。
過去記事:減り好き

なんか、好きやねん。

絶対、スーパーや百均の在庫管理って天職やわ。


ときどき日用品の掘り出し物なんかに出くわす
ヤ○オクをチラチラ覗いてたりするんですが

時々そんなワタシをノックアウトさせるモノが出てまして。
もうね、目が釘付けですよ。


ダンベル 12個セット
(序の口)


弁当箱 30個セット
(ドキドキ)


トイレ便座カバー 80枚
(うう)


ガラスのコップ 96個
(あうう)


ここらへんまでは
日常で使う可能性があるものの
(個数によるわ)


多分ほぼ一生ワタシが自発的に使わないであろうものたち


プラスチックの持ち手
(百貨店とかで荷物の紐にひっかけるやつ) 1210個
(悶絶)


傘の柄のみ 20kg
(ギャアアア)


段ボールにぎっしりの持ち手や傘の柄・・
(まず使わんやろ、ドッグTインストラクターとしては)
もう、うずくうずく。
震える指先を抑えるのに必死。

思わずポチりそうな自分が怖い。
(価格が1000円台てのも罪作りやわ)


鋼鉄の意思で入札は控えてますが
もしもある日

GK9の商品棚に

「は?」

というモノが並んでいたら


「我慢しきれなかったんですね」

と肩をたたいてやってください。






スポンサーサイト

指先でなく月を

今日の内容は
やたらマニアックで長くなりそうなんで、お時間のある方だけどうぞ。


こないだぼんやりとTVを見ていたら

「銀座の和食の名店に外国人が弟子入りする」
的な番組をやってまして。

はるばる遠い場所からやってきた外国人の弟子に向かって
名店の大将は丁寧に教えるかと思いきや、
発する言葉は、全てが『問い』でした。

「どうして僕はこの魚を選んだと思う?」
「この盛り付け、どう思う?」
「どうしてこんな刻み方をすると思う?」

それに対して
○○を見て判断したのだと思います
○○に並べると○○が際立つからだと思います
○○だからだと思います

そんな返事に大将は「うむ」とうなずいてました。

ああ、さすがこの大将は、
本当のプロを育てるのに何が重要なのかをご存じだわ。

そう思いながら見てました。(えらそうにー)



自分自身があちこちでセミナーやってて感じるんですけどね

セミナーの後に、たいがい受講者のアンケートが届くんですけどね

アンケートのほとんどは
内容は分かりやすかった、分かりにくかった
役に立った、立たなかった
みたいな評価で

まあ、それを見て泣きそうなくらいホッとしたり
吐きそうなくらい落ち込んだりするわけですが
(一応ニンゲンやからな)

ふと気づけば
いつの間にか、評価や点数に振り回されそうになってる自分がいたりします。

で、次のセミナーの資料を作りながら
どこか受講生の「イイ評価」を気にして、
○○=△△ みたいな、答えとマニュアルの羅列みたいな
いかにも分かりやすいですぅ♪みたいな内容になってたりして

「違うやろ!!」
と作りかけた資料をブチっと消し去ったりします。
ほんで、そんな自分にまたヘコむ。(小心者)

こんなん、分かりやすくする努力やない。
単なる評価を気にしたご機嫌取りやん、と。


もちろん、講師である限り、内容を分かりやすくする努力は大前提。
当り前や。それでお金頂くんやもん。

そやけど、「考える=難しい」と取る人って、少なからずいてはるよな?
「考えるのは難しい。分かりやすく答えだけ教えて!」て。

名店の大将は弟子のアンケートで書かれるんかな。
「難しい、分かりにくい」て。


じゃあ、と、難しい を徹底的に排除して
カンタン、分かりやすい を追求すると

結局、「考える必要のない一律な答えの羅列」になってしまったりして。


もしも名店の大将が、はなっから弟子に
マニュアルとただ全ての答えを教えていたら。
この魚を使う。
こうやって盛り付ける。
大根は細かく刻む。

そこに、本当の意味の学びはあるやろうか?
それで、無限のバリエーションの料理に向き合う力は付くやろうか?

あえて分かりやすい答え”だけ”を教えずに、
問いを投げかけることで考えるチカラを育てたいと願う大将は、
むしろ強い責任感を持った人なんやと思った。
その世界の本当の厳しさを知っているプロフェッショナル。



同業種の講師の先生とセミナーの話をしてたときに

「自分は一律的な答えをセミナーで言いたくない。
 自分が受講生に伝えたいのは、『考え方の道筋』であって
 マニュアル的な対応じゃないから。 」

「・・だけど、それを分かりにくい、といわれちゃうとねえ。」

そう言って凹んだりしてて

いやいや分かりますで。ほんまにそう思う。
て1000回うなずいてました。


相手は、犬という、感情を持ってて個体差の激しい生き物で
プラス飼い主さんの環境という
とても流動的な千差万別のパターンの中で

ほんまに個々に合わせて役立ててもらおうと思ったら、
方程式の組み立て方の”原則”しか伝えられへんのな。

入る数字はまちまちやもん。
自分で数字を当てはめて、自分で答えの数字を出さな、
それぞれの本当の答えにはたどり着かへんねん。

最大公約数の分かりやすいを追求して、答え(やり方)だけを教える?
セミナーでの「分かりやすい」の落とし穴は実はそこにある。

その答えがたまたま最大公約数に当てはまる犬やったらラッキーやけど
ハズレた犬はもうお手上げ。
合わない方法をチョイスされた犬は困るやろう。
それが、分かりやすい答え(やり方やマニュアル)だけを教えることの
裏側やったりすること、あるんちゃうかな。


昔私が激しく勉強をしていた頃(10年以上前)

まだネットもメールもそんなに発達してなくて
SNSなんてカケラもない時代で
情報ってもんが、とても貴重やった頃。

血眼になってセミナーの情報を見つけ出し
腹ペコの鯉みたいに飛びついて
骨まで吸い尽くす勢いで講師の話に耳を傾けた。

しばしば受講するお金がなくなって
食費を切り詰めたり
ヤ○オクで金目のもん売ったりして
必死の思いで参加したっけなあ。
(ババアの昔話はくどくていかん)

やっとの思いで参加できたセミナー、
そらもう睨むように目を凝らし
耳をそばだてて
何一つ聞き逃すまいと真剣そのもので。

講師の話が分かりやすいとか分かりにくいとか
そんな評価を下すことなんて露ほども思わず
とにかく1分1秒、このわずかなチャンスから、何か役立つ情報を抽出しようと
全身全霊を傾けた。

役に立つかどうか?なんかは講師側の問題ではなく
”自分が”聞いたことを役に立てられるかどうか?が問題やと思ってた。


帰ってからも、何度もハンドアウトを見直し、
自分でノートに書き写し、
毎日読み直し、味わい尽した。
その時のハンドアウトは、今でも年に1回は読み返すわ。
受講料の元を取る勢い。(いやもう元は充分取ったやろう)
そんな貴重な情報やったから、忘れるなんて宝をドブに捨てるような
モッタイナイことやった。


こんな奥の深いものがたった数時間のセミナーで全てが分かるはずもなく
むしろそれが当り前で

その時持った疑問や、
今はまだ答えが分からないヒントこそが最大のお土産やと思ってて

もちろん、あの頃のセミナーにはアンケートなんてなかった。
受講生はお客様扱いなんかされなかった。
貴重な情報を分けてもらって、それに評価をするなどあり得ず、
ただただ喜びしかなく・・
講師と受講生が裸でぶつかり合うような、ごく純粋な、アカデミックな空間やった。

難しい話も、何年もかけて、その時の疑問を一つずつ解きほぐしていった。
まだ解けてない疑問もあるわ。
そやけど、その時もらった答えのないヒントは、
自分で答えにたどり着いた時に、黄金の輝きを放つやろうと思って
今もいくつも探し続けてる。
数年越しに答えを見つけた時は、「やったぜ!」とガッツポーズする。
そして絶対、忘れない。
私の血となり、肉となる。


モヤっとするもの。
すぐにははっきり答えの見えないもの。
単純に「分かりやすい」ではないもの。
そんなものが、キラキラ輝いてた
『探す喜びの時代』。

間違いなく、そんな無数のヒントたちが、今の私を育ててくれた。
考えて導き出すという本当のチカラを与えてくれた。


ブルース・リーの映画やったかな

師匠は「見ろ」と天を指さした。

けれど弟子は、指したその”指”を見て、
師匠に頭をぺシッと叩かれる。

「指先じゃない。月を見るんだ。」

真実にたどり着きたいなら、指を越えてその先の月を見よ。



心と身体の限界を薄々感じている今

これからは、
「アナタの話”だから”聞きたいんだ!」という
依頼だけをチョイスしてこうかな・・と思ったりする。
点数や評価に縛られず、
本当に自分が伝えたいこと、自分にしか伝えられないこと。
伝えることだけに熱中できる場所に、身を置こうと思う。

その代わり、それを理解してくれる人たちには
私のほんのわずかな知識を全力を尽くして伝えよう。
命を削ってでも、何も出し惜しみせず、ありったけの力で伝えよう。


風に舞う桜を見上げながら
(腫れた顔で)
(ついでにきしむ肋骨を抱えながら)
歩いてきた道のりと、これから歩む道を考える。


ワタシにとって講義もセミナーも、単なるメシの糧ではないんだな。
今まで一粒ずつ拾い集めてきた、大切な大切な人生そのもの。
その価値を分かってくれる人たちの前にこそ、私は立ちたい、と願う。



なんか、今回はすごい長旅のブログになっちゃったけど
えーと元々なんやっけな。

そうそう。

「銀座の和食の名店に外国人が弟子入りする」
的な番組を見ました。

て2行ーーー!











その後のつよし

先日の春の嵐ののち

つよし<過去記事:GK9農園>、なんか縮んだ。


おーい。生きてるかあー?
201704182227249c3.jpg



ちなみに元気だったころのつよし。
201704130817313c0.jpg



ガールフレンドのアイコちゃんもやや元気なし。
20170418222740942.jpg



来た頃はこんなんやったのに。
20170413081744a8e.jpg

むむ・・



種で蒔いたニンジンは双葉を出しました。
201704182227523da.jpg
ニンジン?多分・・
雑草ではないはずやけど・・自信ない。



この教室、一番安定して育つんはタケノコやな・・
20170418222829392.jpg
太陽の塔みたいなやつ。


タケノコ、毎日2~3本収穫しています。

補佐役には
「え、生えてました??よく見つけますね!?」
と驚かれるけど

ずっと探してると目が

「タケノコ眼」

になってくるんよな。


夕食が1品増えるか否かの瀬戸際やから。

そら真剣やで。




なんか、腫れてます

こないだの日曜日
今期ラストのレッスンでした。

ほんまは大好きな飼い主さんやワンコたちと一緒に
レッスンで大笑いしてたいんやけど

伸び続ける雑草と戦うべく
レッスンを補佐役に任せて
この日も朝からずっと一人で草むしりしてました。


ご近所さんから苦情が出て追い出されたら元も子もないんで


もはや
「GK9を守るための草むしり」
と言っても過言ではない。

孤独な戦い。サビシー。


そんな戦いのさなか

Mちゃんママさんから手作りのお花見弁当の差し入れ~♪
20170418222227927.jpg
もうーめっちゃ美味しかったあ。

一品ずつ私たちを思い浮かべながら作って下さったんやなあ、と思うと
有難くて愛おしくて

よーくよーーく味わって頂きました。
ほんまにごちそうさまでした。



Rちゃんファミリーからは、
「あっと言う間に一面に増えるで」と
お庭の草(花?)のおすそ分けを頂き。
20170418222813694.jpg
GK9の庭に植えてみました。
あっという間に増えろ~


そんな幸せなお昼の後、

元気充電して
補佐役はレッスン、
ワタシは庭へ戦線復帰し

またひたすら雑草と戦っていたんですが

なんかね、顔がヘン。
両腕も。

すっかり日も落ちた頃、部屋へ戻ったワタシに補佐役

「その顔!!どうしたんですかっー!?」


いや、顔だけちゃうねん、
腕もやねん。

右の上唇と、両腕の肘の下あたりが
あり得ないくらいパンッパンに腫れあがってて。

どうやら、何か虫に刺されたらしい?


虫に刺されることくらい
今まで何度もあったんやけど

癌の手術で
転移した右の腋下リンパを全部ごっそり取ってからは

虫に刺されると異常に腫れることが多くなって
(単なる蚊であっても)

主治医からも
「特に右上半身は虫刺されや傷に気を付けること」
「蜂窩織炎という病気になっちゃうから」と
とガッツリ言われてて


まあそんでも一晩寝れば治るやろう・・と
甘い考えでおったけど

翌朝、さらにいっそう腫れまくっとった。

顔なんか、人相変わってたもんね。

上唇から頬にかけて腫れが広がって、
喋りにくいし
お茶はだーーーとこぼれるし
(腫れたお陰でほうれい線が消えてたのは嬉しいけれども)

両腕は形が変わって
皮が伸びきってはじけそうに痛いし


何より熱がね
どうやら寝てる間に熱が出てたらしく
起きたら汗だくで

朝になってもまだ微熱が残ってるぽい。
(計ってないけど)

こりゃいかん、皮膚科へ行きなさい!!!
と珍しく強い口調で補佐役に言われ

腫れ上がった顔で
GK9のめっちゃ近所の皮膚科へ歩いていきました。
とぼとぼ。


原因は特に教えてもらわなかったけど

「とにかくこんだけ腫れてるから抗生剤がいいと思うんだけど」

「今飲んでる癌の薬と相性悪いんだよねー」

「どうする?」

て聞かれて

でもこのままだとどうも悪い予感がするんで
一応もらって飲むことにして

なんかもう、いちいち。
めんどくせーよ。



仕事が終わって近くの○ーナンへ行き

これ以上虫に刺されておかしなことにならないように
こんなんゲット。
20170418222710184.jpg
蚊でも蜂でもどんとこい。



腕のガードは手甲
201704182228457a5.jpg
これがなかなか。
丈夫だし汗を吸うし涼しいし。

ガーデニング用の腕抜きってのもあるけど

あれってゴム入ってるやん?

腋下リンパ取ったニンゲンには
腕の締め付け厳禁やねん。
(リンパ浮腫)

フェイスガード。
手甲。
コルセット。(肋骨用)

よし。
戦闘スタイル充実。

これでまた草むしり戦線へ復活ー!



GK9農園 タケノコ編

GK9教室を悩ませている竹林。

切っても切ってもあちこちから生えてくる竹に業を煮やし
「食ったろかぃ」
と冗談半分で言ってましたが

あの竹はどうやら淡竹(ハチク)らしい

というMちゃんママの情報により



・・ゴクリ。
20170414003654643.jpg
本当に食べられるのか。
お腹が痛くなったり
笑いが止まらなくなったりはしないだろうか。



穂先を切って、そのまんま鍋に入れて茹でてみる。
201704140037082c5.jpg
糠も入れず、そのままお湯で10分茹でるだけ。



冷まして皮をむいてみた。
20170414003719fd3.jpg
見た目、それなりにちゃんとタケノコですけども。(かなりほっそい)



食してみる。ドキドキ。
201704140037323c9.jpg
あく抜きしてないからエグイかも、
変な味がするかも、
お腹壊したりするかも。





うまい。


め、めっちゃうまい。




程よい歯ごたえの中にタケノコの若々しい風味が口いっぱいに広がり
その味はエグみもなくむしろ芳醇な甘みさえあり

まるでアスパラガスのようだ。(美○しんぼ風)


去年は教室移転の準備で

敷地いっぱいに生えたタケノコを
親の仇のように折ったり引っこ抜いたりしてましたが

なんてもったいないことをしてたんだっつーの。
食えばよかった。



庭でタケノコ堀りができるしつけ教室。

多分、全国でもウチだけやわ。


レッスンに来て下さったみなさん
(遊びに来てくれてもOK)

敷地内でタケノコを発見したら、
どうぞ勝手に掘ってってくださいね。







GK9農園


昨年、GK9で二十日大根を栽培し

お座りマテで二十日大根を1本引っこ抜いてくる

という何ともユルいレッスンをしたのですが
(ほんですぐに洗って食す)

その二十日大根がハンパなく辛く

「もはや野菜ではなく調味料ですね」

という名言すら飛び出すレジェンドが生まれました。


さて今年。

二十日大根はさすがに回避し(学習)


夏の定番野菜にチャレンジすることにしました。
201704130816026c3.jpg

すぐそばの○ーナンで迷いに迷ったあげく


もう名前だけで採用されたようなキュウリ。
201704130816174e3.jpg
大量収穫!も魅力的。



つよし♂と来ればアイコ♀でしょ。
201704130816280aa.jpg
ただそれだけで選ばれたトマト。



ほんで、カップルとくれば天使でしょ、みたいな。
20170413081650e96.jpg
何を基準に選んでるんだか。



種はこちらをチョイス。
20170413081703679.jpg

収穫レッスンが楽しみだわあ。

くじをひいて当たった野菜を収穫してくる、とか。




大階段の横の土がよく肥えているようなので、
ここにプチ農園を開墾してみました。
20170413081718297.jpg




大きくなれよー。つよし。
201704130817313c0.jpg



アイコも負けるな。
20170413081744a8e.jpg
良い子のワンちゃんは踏み荒らさないように。



てここまでブログを書いて下書きに入れといたら

翌日春の嵐が吹き荒れて


つよしの一番太い茎がボッキリ折れてました。


つよし、がんばれ。
負けるな、つよし。




どんだけ食べるの

おおむねいつも仕事の時には
補佐役と行動を共にしておりますが

この二人

すぐにお腹が減って困ります。


こないだとある申請に行った帰りに
「コメダ珈琲へ行ったことがない」
という補佐役の一言で

ランチにコメダへ寄ったのですが

ココ、メニューが全部ボリューミーなんですね。

ボリュームランチを頼んだら

ぶっといエビフライが3本と
山盛りのキャベツがでっかい皿で出てきました。

それを
アイスティーと共に爆食した後に

名物シロノワールに舌鼓を打ち
201704071819291e9.jpg


まだ物足りなくてコーヒーゼリー(巨大)
20170407181957a3f.jpg

次々と注文しては平らげていく姿に
ついにはウェイトレスのお姉さんが

「たくさん注文して下さってありがとうございます♪」

てニッコリ笑って言うてたからな。

初回から、常連予備軍。



また別の日は補佐役と打ち合わせのために
ガストへ立ち寄り

ミートドリアにスタートを切り
ドリンクバーで飲み倒し

山盛りポテト
ホウレンソウベーコン
を食べ

デザートに
りんごパイ
チョコバナナサンデー
(でた、ダブルデザート)


からの~

10分後に小腹がすいて(おかしい)

マヨコーンピザ

もっかいホウレンソウベーコン


いったい何周すんねん

てきっとウエイターのお兄ちゃん思っとったに違いない。

レシートが筒(あの透明なやつな)に入りきらずに
タケノコみたいなっとったわ。


ほんで、すっかり満腹になって
なんだか眠くなってきて

肝心の打ち合わせは

「・・今度にしよっか。」

てことも度々。


コーヒー1杯で打ち合わせを終わらせる方法、
誰か教えて。



かーちゃんたち、食べ過ぎちゃうん?
20170407182022cce.jpg

私有地です!

暖かくなってきて

GK9の雑草も青々と茂りだし

今年も草との戦いが始まりました。


雑草を1本ずつ抜いていると
やっぱり出てくるんよな。

放置糞。


なんでかなー

なんで自分の犬のウンコひとつ拾えないかなー

しかも人の敷地内やしー!!
ダブルでダメやん。

同じ飼い主として情けないわ。



立ててみた。
201703151810082db.jpg



どこの誰かは分からへんけど、
もう、ほんま、たのむでー。
20170315180950966.jpg

春ですよ

寒いと言われるGK9の地域でも
ついに桜が開花し始めました。


自宅の前の桜並木
201704081600101b4.jpg


やっぱ日本人なんやなあ。
心震える季節です。



GK9教室、待ち切れず1か月も前から春が来たバージョン
20170315181243c4e.jpg
テーブルクロスは桜をイメージさせる組み合わせに。



ボッサボサのモッサモサの感じが好きなんで
20170315181259316.jpg
大量のフェイクプランツを繋げてみました。




ウォールデコにもサクラサク♪
20170315181315110.jpg




GK9の庭の草(ホンモノ)とフェイクが入り混じってます。
20170315181353ee8.jpg
ふふ、誰にも分かるまい(笑)



守り神れっちゃん、鯉に食われちう
2017040815591620f.jpg




駐車場の土手には、一面のヒメオドリコソウ。(Y母さんのブログで名前が判明!)
20170408155956f08.jpg
え、花が地味で分からん?



ヒメオドリコソウ・・やや地味めなムラサキの花ですが
201704081559416fa.jpg
一斉に群生して咲くのでとってもステキ。



草刈りもこの草だけは残して(見逃して)います。
201704081559299f2.jpg


去年の春は
教室探しと改装とで精神的に追い詰められてて
花も桜も全く記憶に残ってない・・
頭の中は「場所!」「床!」でいっぱいやった。

遅々として進まない移転に、
むしろ春が来るのが怖かった。


一昨年の春は
抗がん剤治療で極限まで体力が落ち、
ズルズルと這うようにしか動けず
とにかく一日を過ごすのに精いっぱいで

これまた周りの春を感じる余裕なんてなかった。



その前の年の春は
進行性の癌が発覚し
突然の人生の進路変更とジェットコースター治療が始まったばかりで

桜を見上げる余裕なんてとても・・
上なんて向く気にすらなれなかった。



そして今年。
(若干2本ほど骨は折れてるけど)

この空白の3年分の春を

今年はめいっぱいうめよう。取り戻そう。


大好きな飼い主さんたちと
愛するワンコたちと
そして大切な仲間たちと一緒に。



一日たっぷりのレッスンが終わる頃、空には春の月。
20170315181052a07.jpg


PET-CTの結果を聞いてきました

今日ついに、意を決して000000000000000000000000000000000000000000000000
00000--------------------------------------------------------


あいや、すみません。

トイレに行ってるスキに、ブッチさん(にゃんこ)が
キーボードの上に座ってました。

こらこら、勝手にブログを書くでない。



そうそう、
先日のPET-CTの結果を聞いてきました。
過去記事:PET検査に行ってきました


かれこれ1年治らない右わき腹の痛み。

ハンパない倦怠感。

常に酸素不足のような、呼吸の苦しさ。

朝晩の異様な全身浮腫。

そんな身体の異常を感じてて、
絶対なんかある、おかしい、と思ってました。

・・再発かなあ。
多分そうだろうなあ。
3年目だしなあ。

結果を聞いてハッキリさせたい気持ちと
知らぬが仏で聞きたくない気持ちと

長らくせめぎ合ってましたが

ようやく覚悟を決めて、病院へ足を向けた次第です。


んで、結果から言いますと。

再発・転移の明らかな所見認めず。

もうーーー椅子の上でフニャフニャ~と力が抜けましたよ。
安堵、というよりも、何とも言えない脱力感。
そんだけ心に重かったんですね。かわいそうに。(他人ごとか)


じゃあ、この体調不良はいったいなんなの。

今度こそ、ようやく犯人が見えてきましたよ。


右わき腹の痛みは、肋骨骨折でした。

しかも2本、ボッキリ折れてました。
割り箸みたいやった。


普通、肋骨骨折は1か月ほどで治るらしいんですが
どうやらワタシは何らかの問題で骨がくっつかないと。

2本同時に折れたんかもしれんし
別々の時に折れたんかもしれんし
それは分からへんけど

そうか。1年前から痛かった、てことは
ずっと折れとったんか。くっつかず。パカパカと。


その間にも
辛辛魚の段ボールを喜々として運んだり
アジリティで走ったり
飛びつくワンコを「どんと来い!」と受け止めたり
思いっきりコケたり
ラジオ体操したり
さんざんやってましたが

あまり長い間その状態だと
骨がくっつかなくなるらしく

「固定しなさい!」

と主治医にコルセットをハメられました。ぐえ。


放射線治療の影響で骨は折れやすくなるけど、
折れた心当たりは?
激しい咳でもしましたか?

て聞かれても
特にそんな記憶はないし
いや絶対笑いすぎやわ。


ただし、この骨折は
明確な転移の兆候は出ていないものの

骨転移でもろくなって折れた・・
という可能性も捨てきれず。

まあ様子を見ましょうという
モヤっとした結果でした。



ほんでこの異常な倦怠感と呼吸苦と浮腫。

これは右肺に放射線性肺繊維症を発症しているらしく。

肺繊維症とは
間質性肺炎が進行したもので

肺が硬くなって酸素を取り込むことができず
全身が酸欠状態になるというもの。
酸素不足の影響から、倦怠感と浮腫が起こる。

放射線治療の後遺症や抗がん剤の副作用でも起こることがあり、
治療方法はなく、悪化させないように付き合うのみ。

レッスンで声を張って喋るのが出来ないのも
1時間立っていることが出来ないのも
とにかく家へ帰ると崩れるようにすぐ横になるのも
足が思うように動かないのも

こういうコトやったんやね。
よかった。単なるぐうたらじゃなかった。(ちょっと自分を責めてた)
理由あるぐうたら。許して。



恐るべし、後遺症&副作用。

そやけど、あのフルコース治療(抗がん剤、手術、放射線治療)が
なければ、
多分もう今頃ワタシはここにいない。

腫瘍が7㎝を超し、
赤黒く皮膚に盛り上がって肉腫がはじける寸前で、
そやけど周りの組織はガンに食われて陥没してて。
自分の胸がホラーやった。リアルホラー。

転移した脇のリンパ節は肥大し
いつも脇の下にゴルフボールを挟んでいるようやった。
痛くて右を下にして眠ることができなかった。

絶え間ない焼けるような、波打つような、響くような痛みに
夜も眠れなくなり、ついに我慢しきれなくなって、病院へ駈け込んだけど

あのまま放っておいたら、多分2年もたなかったやろうね。


治療はしんどかったけど、
こうして3年目を生きることが出来ているのも
あの治療があってこそ。

他にも心膜炎やらケモブレインやら視力障害(もしかしたら老眼)や
薄毛の後遺症もあるけど、
命とひきかえの戦友のお土産と思えば

まあ、贅沢言わずに
上手に付き合っていかにゃならんよねえ、と思う今日この頃。


肋骨が折れようとも、
肺が苦しかろうとも、
こんだけ毎日大笑いしてられるから
再発を食い止めていれるんだろうな、うん。

笑わせてくれるみなさんに、感謝!



気になる中古

もう15年以上前から
いわゆる「ヤ○オク」ってやつを活用しておりまして

買ったり時々売ったり買ったり買ったりしております。

GK9の教室備品も、かなりお世話になってます。


まあネットの世界なので
オークションの問題も色々聞いたりしますが

ソコはソレ、長年培ってきた経験で
酸いも甘いも嗅ぎ分けられるようになり。


掘り出しもんに当たると
市価よりはるかに安いお値段で買えちゃったり

ワタシは中古があまり気にならないヒトなので

着てる服も(特にジャージ系)
かなり高確率で落札した服だったりして

今度会った時に「今日のヤ○オクファッションは?」
と聞いてみて下さい。
多分、1つか2つは着てると思います。

最近じゃ、補佐役に
「ヤ○オククイーン」
と呼ばれてます。


そんなヤ○オク歴の長いワタシの心を、
今、掴んで離さないモノが出品されておりまして。

もう、気になって気になって仕方ない。


それは

棺桶。


しかも

中古。


多分リサイクル業者さんが出品してるんやろうけど
商品説明文には

「木製 棺」

「中古品のため、シミ汚れあり」

「蓋の四隅には釘の穴跡があります」

「ノークレーム ノーリターン」

開始価格1000円から。



いったいどないなってこうなったんーー

え、普通そのまんま棺も火葬するやんな?

なんで中身だけ取り出すことになったん?

中身はどうなったん?

出した後の棺桶をリサイクルショップに持ち込んだん?

リサイクルショップはそれを引き取ったん?

これ、誰が買うん??


果てしない疑問が止まらない。



ちょっと待てよ

もしも1つ教室にあったら

疲れた時に「おやすみー」て入って仮眠をとったり

使わない時は物入れにしたり
ベンチにして座ったり

できるかもしれへんな?


・・・・・。


いえ、さすがに買いませんよ。


買いませんとも。ええ。






今期ラストのネイチャーウオークへ行ってきました

すみません。

またしても、前の記事からちょっと時間が空いちゃいました。

大丈夫です。元気です。
ええ、めっちゃ。(気持ちだけは)


さて。

今シーズン最後のネイチャーウオークへ行ってきました。


暑すぎず寒すぎず、最高のネイチャーウオーク日和。
201704022208199ba.jpg
今回は6頭12名の大キャラバン。

リードの長さを上手に使って、
時にはしっかりとワンコの動きを止め、
時には自由な動きの中で教えるべきことを教え。

リードワークって、むちゃくちゃ奥が深い。

リードワークがうまくいかないと、
ワンコはイライラし始めるし

上手なリードワークができると
それはそれは気持ち良さそうに歩くねんなあ。



難関の丸木橋。
20170402215552d28.jpg
「やだ。アタシ渡らないよ。」

ここでまた、それぞれのワンコが面白い。

平気なコ
へっぴり腰なコ
えいやっと飛び越えるコ
絶対渡らないから~と心に決めるコ。

どれも正解。

「橋を渡りなさい」なんて
ニンゲンの感覚やから。

ワンコの感覚では、「向こう岸へ行ければいい」

橋が不安定なら、回り道を探す。
足を濡らして、川を渡る。
それでええねん。
素晴らしい問題解決能力やんな。

オヤツで釣ってわざわざ橋を渡らせるなんて、
そんな必要はどこにもないし

誰もそんなことをしようともしない飼い主さんたちが
とってもブラボー!やった。

だけど渡り切ったワンコを抱きしめたり
「すごいね!」って笑顔で喜んだり

そんな時ワンコは
本当に誇らしげな顔をするんよな。

そんな「できた!」「認めてもらえた!」な経験が
ワンコのココロを育てていく。

自信を付けたワンコは、
細かいことで動じなくなっていく。



「こうやって足を浸けるのよ」
201704022328183bd.jpg
水が怖くてキライだったTクン(右)
Kちゃん(左)に 水って平気よ、と教えてもらって
その後は自らジャブジャブが止まらない~

1回目は出来なくても
2回目、3回目・・試行錯誤と経験で、
出来るようになっていくんやね。
それが成長ってやつよね。

そう、だから1回目から「出来るようにさせなきゃ」なんて
思ったらだめ。
正しい環境を整えれば、やがてちゃんと出来るようになるんやから。

その「焦らないでね」を伝えるのは
本来はしつけ教室やパピークラスの役目のはずなんやけど

そのしつけ教室やパピークラスが、
かえって次々とワンコに課題を提示した挙句
オヤツで釣って「すぐにさせよう」と急かすことにはなっとりゃせんやろか。

大丈夫、そのうちできるよ~
そのおおらかさと信頼を、飼い主さんたちに伝えたいねんな。

そして自然の中で、ちゃんとワンコたちは成長を見せてくれる。

楽しい、だけじゃない。
発見と学びと成長があるのが、GK9の目指すネイチャーウオーク。



GレトリーバーのRクンと秋田犬のHちゃん。
20170402215439002.jpg
今回もナイスペースの先導をしてくれました。
おふたりさん、イイ笑顔~♪(Tちゃん、11歳のお誕生日おめでとうー!)


MIXのKちゃん。
2017040221551669a.jpg
さりげに後輩ワンコに教えてくれてありがとう♪
いつの間にか、お姉ちゃんになったねえ。しみじみ。



柴犬のLクン。
20170402215452c58.jpg
ずーっとニコニコニコニコニコニコしてました。
ファミリーに囲まれて、ニコニコニコニコ。なあんて幸せなの♪



JRTのTクン。
20170402215504a2f.jpg
今日はいっぱい色んなことが出来るようになったねえ♪
伸び盛り、スポンジのような吸収力。絶対、また行こうね!



MIXのNちゃん。
20170402215529cbe.jpg
12歳とは全く思えない身のこなし。華麗なる丸木橋ジャンプ!
まだまだいっぱい山を歩こうね。秋が楽しみだね♪



「ゲームやりまーす」
20170402215541828.jpg
腕まくりで気合いを入れる補佐役。
今日もいっぱい走り回ってくれてありがとう。
おかげで、みんな安全に楽しく過ごせました。


ご参加下さったみなさま&ワンコたち、
幸せな時間をありがとうございました。


そして今日、

なんでもない坂道でズルったのと
ダッシュした時に木の根っこに足をひっかけたのとで

見事に2回もコケたワタシをいたわって頂き、

本当にありがとうございました。(イテテ)



そしてそして

ワタシのブログ<過去記事:びょういんとびよういんへ行ってきました>を読んでくれた
Mちんさん

なんばグランド花月のおみやげを下さいました。


ロバートのステッカーーー!!
2017040222001571f.jpg
どこに貼ろうかしら♪






 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

かうちゃん

ブログ内検索