napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

骨密度

あっという間に日々が過ぎていきますな。
もー追いつけない。


連日の猛暑の中での草刈りで
さすがに体力も限界を迎え

夜に頭痛吐き気がするようになったり
足の浮腫がすごいことになったり

アカン。寿命縮まるわ。

て中で、病院の定期診察に行ってきました。


どうせ
まだ肋骨くっついとらんだろうな~(痛い)

ここんとこ身体を酷使したし
腫瘍マーカー上がってんだろうな~

とか思いつつ。


案の定、肋骨はまだくっついておらずで

主治医は首をぐりぐりひねって
さすがにおかしいと思ったのか

「骨密度、検査しましょか」
てことになりました。


ワタシの飲んでるガンを抑える薬は
女性ホルモンに作用するんで
副作用で骨粗しょう症になることがあるらしく。

もしやコイツ、こんだけ骨折が治らんのは骨粗しょう症では!?
と疑ったらしい。

そやなあ確かに。

ここしばらくの食生活を思い出しても
小魚なんて食べたのは遥か昔やし
卵の殻もかじってない。(齧らんわ)

ほぼほぼ
ヤマモモとフランスパンで生きとったな。
(ダメダメちゃんの食生活)


そんなワタシの骨密度は
同年代の女性に比べて

まさかの
105%

若い人に比べても
99%


という驚くべき好成績を叩きだしてました。

主治医に
「良いホネしてますね・・」
て褒められたわ。

むしろ不思議や。
一体ワタシのカラダは、どこからカルシウムを生み出してるんだ。


骨粗しょう症の疑いは晴れたとて
骨折が治らないことにさらに主治医の首は傾き

ワタシはココロの中で

(こりゃやっぱり間違いないな。)

(笑いすぎ。)


もしくは連日の
e098f9c08647a856a6344f4ee0514ad1_s_convert_20170717085447_convert_20170717090027.jpg



そしてここんとこ
じりじりと基準値を超えて毎回上がっていた腫瘍マーカーは

まさかの下落。

やっぱりレッドゾーン基準値は超えてるけど
ずっと右肩上がりだった数値が
なんと今回初めて少し下がってて。


骨にはビタミンD(日光)と運動がいい。

ガン細胞は熱(体温上昇)に弱い。


あら、もしかして草刈り効果なのかしら。


時々、自分のカラダにビックリです。
エライぞ、ワタシの身体!!


皆さまも、くれぐれもお身体ご自愛下さいますよう。


スポンサーサイト

朝からこんなインストラクター二人

先日、補佐役が

「良いアームスリーブ(アームカバー)があるんです~♪」

「先生の分も一緒に注文しちゃいました♪」

「うふ♪」

て言うとったんやけど
ついにそれが届いたらしく。

「オソロで草刈りの時に使いましょう~♪♪」

今日、持ってきてくれました。





まさかの、タトゥー柄。
201707202051520a0.jpg
コルセットがもう。
コルセットに見えない。





補佐役も着けてみる。
20170720205214d0f.jpg
あれ、なんか可愛いくね?
ズルくね?





ほらぁ、「ちょっとポップ」で通用するやん。
20170720205137d1c.jpg
人柄の良さがタトゥーの怪しさを打ち消してる。





打ち消してないパターン。
201707202051264d8.jpg
完全に、ヤバい。
「教室」から「事務所」へ名義変更。



え、アタシこの姿で草刈りなん。



この姿で。


e098f9c08647a856a6344f4ee0514ad1_s_convert_20170717085447_convert_20170717090027.jpg


補佐役よ、ワタシを一体どこへ連れて行く気なんだ?




上半身はこんなことになってますけども



足元はブヨに刺されて赤子の足になってます。
20170720205237afd.jpg
腫れて、パンッパン。




ちなみに、アームスリーブの代金はしっかり回収されました。




進撃のヤマモモ

全米が震撼した!
進撃シリーズ、第二弾!


GK9の敷地内に生えてるヤマモモの木。

今年は大きな実をつけては地面に落とし、
それが自然発酵してワインな香りが充満してました。
酔っぱらいそう。


ただ発酵させて地面に返すのはもったいない。

てことで、ヤマモモジャムを作ってみることにしました。


収穫したヤマモモ。今回は5kgほど収穫。
20170713094557bb9.jpg
ラメみたいやあ。キレイ。



丁寧にゴミを取り除き
流水でよーくよーく洗って
201707130946107f6.jpg
ステンレスの鍋に投入。
(実はこれハンパない量。ラーメン屋の寸胴状態。)



ほんの少しの呼び水だけで、こんなに大量のヤマモモエキスが出てくる。
201707130946251c8.jpg
20分ほど加熱したらマッシャーで潰し



丁寧に濾して種を取り除いたら砂糖とレモン汁を投入。
20170713094637535.jpg
灰汁はきれいに取り去る。



とろみがつくまで
3時間ほど煮込んで完成。
20170713094647433.jpg

ヤマモモは痛みやすいので市場に流通せず

そのためヤマモモのジャムは
「幻のジャム」とか言われるらしく

自分で狩って
自分で作ったヒトだけが味わえるもので

ワタシも今回初めて食べたけど
いやちょっとなにこれ。

イケるやん。


カシスみたいな酸味。
ほのかなヤマモモの香り。
果肉の食感。

なるほど
一部に熱狂的なヤマモモファン
(道端のヤマモモを見ると舌なめずりする種族)
がいるのも分かるわ。


前半のワインと化したヤマモモ、もったいない。
来年は網を張って一網打尽にするか。
(多分30kgくらいは採れる)

ほんでジャム作って駅前で売るねん。
1瓶500円。(ホクホク)



補佐役も収穫を手伝ってくれました。
20170713094546a73.jpg
補佐役の白い傘がヤマモモの汁で赤くまだらに染まった。(すまん)


この日の補佐役はヤマモモ色のTシャツやったからよかってんけど

後日また収穫した時には白いTシャツで

ワタシが落としたヤマモモの直撃をいくつもうけて
今度はTシャツが赤くまだらに染まってました。(すまん)


保存料など一切加えていないピュアなジャムなんであまり保存がきかず
今週のみになりますが

レッスンに来て下さった方(合言葉を言ってくれた方)
にプレゼントしちゃおうかな。

合言葉
 「直撃」 →  「まだら」




進撃の雑草

毎日毎日毎日続く雑草との戦いに

日中はあり得ないくらいの汗を滝のように流し

塩の吹いたTシャツを脱ぎ捨てて風呂につかり

そのまま意識不明で寝てしまう日々が続いておりました。
(現在進行形)



愛用の草刈機をブン回す日々。
20170703190511189.jpg
オンコルセット


草刈機が使えるところはまだマシで

急斜面すぎて使えないところは
手で引っこ抜くかノコギリ(鎌では歯が立たない)で
ひたすら刈り取るしかない。

地面から3cmくらい残ってる
以前刈り取った竹の根っこに足を引っかけて

山羊よろしく斜面にへばりついている姿は
もはや



天然のボルダリング

なんなら口にノコギリくわえてるからな。
犬のしつけインストラクターって、なに。
肋骨骨折って、なに。


そのお陰かしらんけど
こないだダンナに突然

「ええウデの筋肉してんなあ!?」
て褒められ(?)た。

ご近所の旦那さんにも
「ええ筋肉ついたんちゃう?」
て言われたし。
(男性は筋肉に反応するらしい)

そういえば、愛用のユ○クロのエアリズムの袖が
最近キツイなあ、と何となく思ってて。

改めて見たら、パッツーーーンとしとったわ。
とてもガン患者のウデとは思えん。


肋骨のこともあるんで
ちょっと安静気味にして体重が少し増えつつあったんやけど

炎天下で6時間ほど草刈りすると
1日で1kgくらい体重が減る。

そんな日々が続いて
昨日風呂からあがって何気に鏡を見たら

腹まで割れてきてるしな。
2パックくらい。
とても肋骨骨折患者の腹とは思えん。


いやこれ、
わざわざお金出してラ○ザップやスポーツジムに通わんでも

ここに草刈りに来たらええやん。
むしろ来て。

間違いなく絞れる。
筋肉もつく。
いやマジで。めっちゃ全身運動。



以前は
「草たちも必死で生きてるのよね・・抜いちゃってごめんね」
とか思ったりしてたけど

暑い中何時間もひたすら草と戦ってると
だんだん頭がモーローとしてきて

抜いても抜いても際限なく生えてくる草に
だんだん腹が立ってきて

ついには殺意さえ芽生えて


「駆逐してやる!」
新劇進撃の雑草(絶賛公開中)
とか半開きのうつろな目でつぶやきはじめる。


除草剤はワンコや近隣の安全性を考えて
強い薬は使えない。
安全な除草剤はコイツらには歯が立たない。

除草シートは景観が悪くなるしなあ・・とか思ってたけど

もうええ。

張ってやろうじゃん。


しかしここに生えてるのはススキや竹や笹。
安い除草シートでは突き破る。

高い除草シートは費用がかかる。

・・積み立てるしかない。

毎月1本ずつ。
金貯蓄か。



やっと駆逐した雑草。ひい~ しかしこれも一時的。
20170717085515493.jpg
これから毎月1本ずつ、
ここに除草シート@ウオールマリアが張られる(はず)

全部に張り終えるのはいったい何年後なんだ・・


てまたな。
草刈りブログになっとる。




嫌ならやめていいんだぞ

ワタクシ、周りからは「しっかり者」と見られることが多いらしく。

あまり物事に動じなくて
いつも強気で
セミナーや講演も余裕でかまして(かますて)

「いつも前向きですね」て言われることも度々なんやけど
そういう言葉を聞くと、いつもオヤジの言葉を思い出すねん。

ウチのオヤジサマはなかなかのスパルタで
過去記事:親父の背中
過去記事:テレビ登場

何かの相談にじっくり乗ってもらったり
深く話すことなんて
ほとんどなかったな。


そんなオヤジの記憶の中で一番残ってる言葉は

「嫌ならやめていいんだぞ。」

何度言われたやろうなあ。

コドモの頃から
グチや悩みを口にした時には
いつもブッキラボーにこの一言が返ってきた。


普通さ、親ならさ、
コドモが何かを投げ出そうとしてたらさ、

「やり始めたことは最後まで頑張りなさい」
とか教えることが多いと思うんやけど。

そやけど、オヤジはいつも一言
「嫌ならやめていいんだぞ。」
と言うだけやった。
小学生の頃から、いつもそうやった。


「嫌ならやめていいんだぞ。」
その言葉が返ってくるたびに考えたな。
小学生なりに。

ほんまに、嫌なんかな?
ほんまに、やめたいんかな?


すると意外と自分の中の答えは「NO」で

いや、実はやりたいんやん、
そやけどうまくいかないことにクサってゴネてるだけやん、
と自分の中の自分に気づく。


あるいは
「頑張れ~」と言ってもらいたい甘えた自分とか

「やれと言われたからやったんや」と
失敗を自分以外の何かに押し付けたい自分とか

失敗した時の言い訳をあらかじめ用意しておきたい自分とか

色んなあまりステキじゃない自分が見えてきて。
(や、小学生やで)

ほな、ココロの奥でやりたいと思ってるなら
自分が努力するしかないやん、と。



中学生の頃から、私立に行っててんけど
学校がちょっと遠かってんな。

それを少しグチったら、
やっぱりいつもの言葉が返ってきた。

ついでに
「オレがお願いして、わざわざ高い授業料の学校に
通ってもらってる訳じゃないしな」

と言われて、
そうか、高い授業料を黙って払ってくれてたんだ、と
おこちゃまのワタシは初めてお金の価値を知ったし

自分の生き方は自由なのだと知った。

自由であるがゆえに、自分でチョイスしたその選択には
「正当な努力」が責任として生じるし

「正当な努力」の末に
なんか、違うんじゃね?と思ったら
そこからの進路変更もまた自由なのだと。


当時はその言葉を「冷たいな」と感じたこともあったけど

「どうせコドモだから判断できないだろう」
なんて思わずに
一人前の人間として考えさせてくれてたんだ、ってことや

これから生きていく上での
とても大切な心構えを教えてくれてたんだ、ってこと

いいトシになった今思えば
なかなかに立派な親であったな、と。
(まだ生きてるけどな)


ちなみにウチのダンナはオヤジとは多分正反対で
かなーりユルいタイプなんやけど

ワタシがグチったり悩みを相談すると

アイスクリームかなんかの~んびり食べながら

たいがいいつも
「ん~嫌ならやめてええんちゃう~~?」
て返事が返ってくる。

ん、同類。


ワタシなんかほんまは
人一倍の「気にしぃ」で「ビビリ」で

そやから

「一旦始めたことは必ず最後までやりなさい」

なんて言われると

ほんまにずっと続けられるんやろか、て
始める前から不安で心配になるし

「もうダメ~」てなった時に
逃げ出せないと思うと怖くて

結局最初の一歩すら踏み出せなくなる。


怖がりの犬に
「いつでも逃げられる」と教えることで
過剰にビビる必要が減ったり
やがては近づく勇気すら出るように

「嫌ならやめていい」

という言葉が続ける支えになったりするよな。
不思議やけど。



人生いつも100%やりたいことばっかりかというと
決してそんなワケにもいかなくて

少々イヤでもやらなアカンことなんて
いっぱいあるし

たった一言の「ガンバレ」や
グチをこぼしてもフムフムと聞いてもらえることが
立ち上がるパワーになることだってあるし

何もかも一人で抱え込んで頑張るだけが素晴らしいとも思われへん。
いつもいつも、「強い子ちゃん」「前向きちゃん」なんかではおられへんよな。


そやけど、
自分が今口にしてることは
グチなんか?
相談なんか?
決めたこと(報告)なんか?

をせめて自分で知った上で口にできたらええなあ、と思う。



草刈り、めっちゃしんどいねん。大変やねん。
もういややーーー
20170703190511189.jpg
ほんまは、「草刈りができる場所がある」ことに
感謝してる。








骨折のその後と思い切ったファッション

いつもの病院へいつもの診察に行ったら

いつもの主治医が体調を崩したらしく
なんと1か月の休職。ありゃま。

ワタクシのイノチの恩人ですから
早く良くなって帰って来てクダサイ。O先生。


代診の先生が血液検査の結果やら
肋骨のレントゲンを見て下さいましたが


血液検査。

白血球減少。(感染注意)

低蛋白。(つまり栄養不良)(もっと肉を食え)

腫瘍マーカーチビチビ上昇。(2週間後に再検査)



肋骨。

折れた2本のうち、1本はすこーし骨の再生が見られる。(やった♪)

だけどもう1本は
相変わらずの見事な折れっぷりで

なんなら前回のレントゲンより
折れた隙間が広がってるしな。

おいおい、治る気あるんかーい。


まあ痛いのもさることながら
なんせコルセットが暑すぎんねん。

今まではなんとかコルセットを隠すために
○ニクロのエアリズムの上にコルセットを締めて
その上からTシャツ着てたけど

ここんとこの暑さでさすがにシャツ2枚は着ていられず

先日ついに、エアリズムの上にコルセットのみという
暴挙に出てしまいました。

パッと見、サラシか腹巻か。

オンナ捨てたな。

て感じ。


補佐役に

・・先生、思い切りましたね・・
て言われたわ。


しかしなぜか
GK9の敷地内なら思い切ったファッションでウロついてても平気なんやけど

一歩敷地内から出るとな。

「え、アタシ・・」てなる。

ディズニーランドのミッキーカチューシャ状態。


自分がそんな思い切った姿をしてることをすっかり忘れて
初めてレッスンに来て下さった方の前に元気よく躍り出て

補佐役が慌てて
「えと、校長ただ今肋骨を折っていまして・・」
て弁明してくれて。
ありがとう、ナイスフォロー。


今の時期レッスンに来て下さった方は、
思い切った姿のワタシを目にすることが出来ると思います。
どうぞお楽しみに。



補佐役が蒔いたゴーヤがスクスク育っております。
20170702191816761.jpg
夏休みの登校日にはゴーヤ狩り出来るかな。



もしかして山芋では・・という噂を信じて、
抜かずに置いてる謎のツル。
20170702191827e74.jpg
何が実るんやろ。いつ抜いたらええんやろ。



パクチーも蒔いてみた。
201707021918410c9.jpg
ワサワサ茂ってくれないかなー



Kちゃんのママいわく「結構簡単に育ちますよー」なトウモロコシにチャレンジ。
2017070219185479b.jpg
ヤングコーンも食べれるかな?ワクワク。


日々の「楽しいね」の中にワンコが存在する。
そのために必要な、あんなことやこんなこと。

きっとそれが、「犬と暮らすために必要なしつけ」なんやろな。

犬「で」楽しむ
から
犬「と」楽しむへ。

GK9だからこそできること、日々考えています。



 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

かうちゃん

ブログ内検索