napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

夏休みの珍客②~側にいる存在~

Tクンとれっちゃんは
教室で一緒にいてもケンカはしませんが

Tクンはれっちゃんを「迷惑な存在」と認識してました。
れっちゃんを見る目は、常にクジラ目。
3m以内には基本近寄りたくないし近寄って欲しくもない。


2年間そんな関係でしたが、
まあ、困難というものは認識を変えるもんですね。

見知らぬ家、見知らぬ人、
初めて見る猫、聞きなれぬ音・・

数日は血便出すくらいパニクるんちゃうか、とも覚悟してましたが


くつろいでるれっちゃんをお手本に。
20170811083806f7c.jpg
「アイツが寝てるんなら、大丈夫なんやろか」


リラックスしてるれっちゃんの存在は、
緊張しいのTクンにとってとても大きな拠り所になるらしく。


いつの間にか、こんな近くに。
20170811131808865.jpg



お、さらに近づいた。
20170811131830f4f.jpg



ついにひっついたー
201708111318452aa.jpg
(れっちゃんが、他のワンコが体に触れるのを許すのも珍しい)



こらこら、寝相悪いぞ
2017081113185830f.jpg


側にいる存在(ニンゲン含め)に影響されるのが犬。

オタオタ、あたふたしてるモンの側じゃあ、
落ち着けないよね。

そこは、オヤツを使ったトレーニング理論とはまた別の
”ココロ”の部分。



ビビってたり、緊張してたり、興奮してたり。

ワンコのココロに大きな波がうねる時ほど

揺るがぬ冷静さでドシンと構える。
荒波に流されぬ錨となる。

そんな存在を、ワンコは頼り、信頼する。








スポンサーサイト

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

かうちゃん

ブログ内検索