FC2ブログ

napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

タイムカプセルカイロ

教室への出勤直前、
補佐役から電話がかかってきました。

まあ業務連絡やってんけど、
話のついでに補佐役が言うには

「3日前からお腹が痛い」らしく。


それでも出勤してくれる頑張り屋さんの補佐役に、
お腹を温めるカイロを家から持ってってあげました。


おなじみ、「衣類に貼るカイロ」
20171128224721f56.jpg
いやん、もしかしてアタシ優しい先輩なんちゃう?


嬉しそうに受け取った補佐役

一瞬フリーズして
「え・・コレって、大丈夫なんかなあ・・」てつぶやく手元を見ると

有効期限2001年12月
2017112822473383e.jpg
16年前のカイロでした。

16年前て・・何してたっけ??
ミレニアムの翌年よな。

少なくともれっちゃん(14才)はまだ生まれてないな。


それでも補佐役、一生懸命振ったりもんだりしてましたが

残念。
さすがに寿命が尽きていたらしく、温まらず。


何かの予感がしたのか、
実はもう一個持ってきたのよ~

なんかアタシってすごくね?
2017112822474580d.jpg
はい、今度は「貼らないカイロ」



て、これは有効期限2012年4月
20171128224758c45.jpg
5年前に期限の切れたカイロでした。


コレはさすがに期限が切れてまだ間がないため(うそーん)

ちゃんと温まりましたよ。

良かったなあ、補佐役。
これでちゃんとお腹治してよ。(優しい)(ほんまか)



そんなタイムトリップなカイロ騒動が起きた日の午後

パピーのKちゃんを連れて来てくれた
AちゃんCちゃん姉妹から


カイロを頂きました。
2017112822480978a.jpg
すごすぎるシンクロニシティ。


もちろん、有効期限・・
20171128224819421.jpg
余裕っす!

AちゃんCちゃん、ありがとう~~♪




スポンサーサイト

美味なるお土産と名男優の色眼鏡

L&Kのおかーさん、いつもほんっっまにありがとうございます!
20171125231857e11.jpg
レッスンさせてもらってる補佐役はともかく、
いつも草刈りで土に同化してるワタシにまで(泣)



昔ね、ワンコのお勉強で1泊2日のワークショップに参加したですよ。
れっちゃんと一緒に。

確か「犬の行動を学ぶ」的な内容で、講師は海外の先生やった。
広いドッグランにワンコたちを放して、
行動観察したり介入のタイミングを勉強したり。



R&Hファミリーの皆さまから、小西の黒豆パンー!
2017112523191757b.jpg
うわーい♪いつもすぐに売り切れてしまうという幻の黒豆パンっすよ。
わざわざ届けて下さってありがとうございます。



当時まだ若かったれっちゃん、
嬉しそうにドッグランで走っていたら、
一緒に参加してたワンコに追いかけられて後ろ足を咬まれました。

ものすご大きな声で「キャンキャーーーン」と悲鳴をあげて、
咬まれた足を痛そうにひきずって、ランの端っこへうずくまってしまってんな。


れっちゃんの元へ駆け寄ろうとしたワタシを、
外国人講師の先生と主宰団体のインストラクターたちは静止した。

「今行ってはいけない。」

「怖がることがクセになるから。」

と。


うまうまっ うまうまっ♪
2017112523192912e.jpg


広いドッグランのあっち側で、震えながらうずくまるれっちゃんの元へ
ワタシは行ってあげられなかった。

でもれっちゃんの目は、明らかにワタシに助けを求めてて、
「痛いよ。お母さんこっちへ来てよ、助けてよ」
て言ってた。

だけど講師と主催団体インストラクターたちは
それを「無視しなさい」と言って、ワタシが近寄ることは許されなかった。

その後もセッションの間中、れっちゃんはずーっと震えて縮こまってました。
目でワタシに助けを求めながら。


ドッグランセッションが終わってから、急いでれっちゃんに駆け寄り、
怪我がないかを確かめ。

幸い皮膚に咬傷や出血はなかったけど、
打撲(犬の咬傷はしばしば打撲傷になる)はあったかもな。
その後もしばらくは爬行してたから。


そやけど、その後も講師やインストラクターたちから
怪我の有無を確認されることもなく

挙句の果てに
れっちゃんに付いたあだ名は

「名男優」

やった。

「彼は大げさだ、飼い主の気を引く為に痛がる演技が上手い」
残りのワークショップの間中、れっちゃんはそう呼ばれた。


その時感じたものすごく大きな違和感と疑問。

え、もしほんまに怪我してたらどうやったん?
確認せんでええのん??
責任者としての在り方への疑問。

いや、怪我の大小にかかわらず、そら咬まれれば痛いやろ?

痛いことを「痛い」と言ってるパートナーに、
気を引くための演技と決めつけて
シカトかましたりせせら笑うのが正しいしつけなん??
それで本当に犬との良い関係が育てられるのか、の疑問。


10年近く持ち続けてきたその疑問への答えは

今でもやっぱり「NO」やわ。



そらな、何でもかんでも、庇えば良いというもんじゃない。
時には「ガンバレ!」と伝えることも必要。

そやけどな、

結局それって、

その状況が、そのワンコのキャパを超えてるのかどうか

の見極めがあってこそ、なんやと
10年かけて自分の中で答えを出した。


強すぎる依存心から、必要以上に庇護を求めるなら、
それは時にお断りすることや
介入せずに見守ることも必要やろう。

いつでもすぐに「ヨシヨシ可哀そうでちゅね~」と庇いこむことが、
かえってそのコの精神的な辛さを助長する時もある。


けど、”そのコなりのキャパ”がすでにオーバーしてるなら、
ガンバレもクソもないよな。

即座に助けてあげないと、
そのコは孤独の中で、飼い主に助けてもらえない不信感を育てるか
自分だけで対処(多くの場合は吠える、咬む)することを余儀なくされる。


だから○○の時は○○しましょう、なんてマニュアルじゃダメなんだ。


今はOK?それともNG?
その状況でワンコが学習するのはどんなこと?

とても難しく微妙な
その見極めをできること
瞬時に必要なチョイスができること
(それを教えることができること)

それがプロに求められてるスキル・・
少なくとも、ワタシがあの時ワークショップで教えて欲しかったのは
その知識とスキルやった。



「できるだけ簡単に」
「手間をかけない」
そんなしつけの方法が「飼い主に親切」なのだと
インストラクターの勉強をしてる時に習ったけど

ワタシは違う道を選ぶ。


ワンコの心理や感情、サイン、習性、言い分・・

「犬のしつけ」の上で今までほとんどニンゲン側から無視されてきた
そんな細かいコトや
時に犬の習性に合わせてニンゲン側が譲歩すること
時にきちんと向き合って主張すること
手間暇かけて育て、かかわるということ

ワンコの言い分を読み取り
ケース・バイ・ケースで必要な対応をする

ワタシはそれこそが”共に生きるパートナー”への
楽しい道のりやと思ってる。



もしも今なら

震えてうずくまるれっちゃんの元へ瞬時に駆けつけるやろう。

傷がないかチェックして
もしも大丈夫やったら
「大変な目にあったな。ま、人生そんなコトもあるさ」
と微笑んで彼の肩をポンポンと叩き

「歩けるかい?ちょっと外へ出ようか」
と誘い出し
「まあ、飲めや」
と水の一杯でも勧めるやろう。


たとえどんな肩書きであろうと
どこかの誰かが言うことが絶対正しい、間違いない、なんて
鵜呑みにしてるだけじゃあ

目の前のパートナーが悲しむ。

自分の目で見る。
自分のココロで受け止める。
自分の頭で考える。
自分のカラダで動く。

自分でパートナーと生きていく。


以後そうやって付き合ってきたれっちゃんは

公園で足をくじいた時に
・・かーちゃん、痛い・・と涙目でヒョコヒョコやってきて
「痛いの痛いの飛んでけーー」してもらって
また笑顔で遊びに行ったり

山で肉球に棘が刺さった時も
3本足でやってきて
「ココ、なんか痛いねん。見てくれへん?」て足を差し出して

指で棘をピ!と抜いてあげたら
「ありがとね♪」と手をペロッと舐めてご機嫌よく歩き出す

そんな寄り添い方をしてくれてます。



名男優?

その色眼鏡、ワタシたちにはやっぱり必要なかったねえ。
あの時、かけることを拒んだこと、きっと間違ってない。
20171128103052ccd.jpg
ねえ、れっちゃん。

ワタシと、ニンゲンの過ちを何度も許してくれて、ありがとう。





「想いの魔法」と守り神

え?今アタシ何しとったっけ??てくらい
息つく間もないほどのドタバタの毎日で

「自分は今、この場所にいます!」ってことを
感じることすら忘れてしまいそうな日々の中で

「呼吸すること」を思い出させてもらえる瞬間があります。


「想い」って、魔法やな。


Fちゃんのおかーさんのおかーさんが焚いて下さった栗の渋皮煮。
201711242237235d9.jpg
あまりの美しさに、思わず補佐役と「わああーーー」と叫んでしまったわ。
ほんで口に入れて今度は美味しさに思わずもう一度叫んだ。
こんな美味しい渋皮煮、食べたことない!!!



Mちゃんのママに頂いたシラス山椒。
20171124223615f62.jpg
やばい。ご飯が果てしなく食べたくなる・・美味しすぎやーーー!!
やばい。やばい。やばい・・
気が付けば2合のご飯を平らげてました。(やばい)



ブログ<過去記事:ローズの香りとあえてブラ下げること>を読んで下さった
Aちゃんのママから、なんとなんと!ローズのポプリぃぃぃーーー!!
201711242235573ee.jpg
真剣にレッスンしてる補佐役の横で、ずっとクンクンしながら
「ん~~っはぁ~~」「ん~~っはぁ~~」てうるさくてごめんなさい。
もうね、全身の細胞が喜んでましたよ。


写真を撮るのも忘れて
美味しくバクバク食べちゃってスミマセン^^;な
お土産を買ってきて下さったり

ほんまにもう、みなさんどんだけ優しいの。



今年最後の草刈りウォーズが開戦して

なかなかレッスンに顔を出せずに
敷地のあっちこっちにへばりついてるワタシを見つけて

「あ♪いた♪」て微笑んで下さるみなさん。


そんな優しい「想い」を感じる度に、
呼吸をすることを思い出すねん。

やっぱ、魔法や。



輸入したオーナメントがようやく届き、
GK9のツリーも充実してきました。

びほー。
201711132241057f9.jpg


あふたー。さて、変わったところはどーこだ?
20171124223845059.jpg



ターシャ(ターシャ・テューダー)のツリートップが守り神のカラスなら、



ウチはれっちゃんだぜ!
20171124223940159.jpg


クリスマスディスプレイ

11月も中旬ですね。

え、あと1か月半で来年やん。(やばいやばいやばい)

と、その前にクリスマス!

GK9でも、ディスプレイがハロウィンからクリスマスに変わりました。

じゃーん。2Fレストルーム。
20171108081331488.jpg
左のツリー、雪が降るねん。パラパラと。
ラッカーで固めたけど、やっぱり降る。
良い子のみなさんは触らないように。



教室の守り神、れっちゃんと花梨も衣替え。
2017110808135569c.jpg



ロールスクリーンのフェイクプランツもおめかし。
20171108081300dba.jpg



めっちゃお気に入り、アイアンのリース。(1号)
20171108081411667.jpg
この教室にとってもよく似合う。




後日、1Fも補佐役と飾りつけ。

今年は180cmのクリスマスツリーっすよ(@ヤ○オク)
201711132241057f9.jpg
オーナメント、これからまだ増える予定!



ねえー何してるの?ねえねえねえーー
201711132240474f2.jpg




テーブルランナーをタペストリーにして、アイアンリース(2号)と組み合わせて
20171113224135e0b.jpg
さあ、「あえてブラ下げる」ですよー




一気にマライアが似合う空間になりました。
201711132241193dd.jpg


時間がなくて今日はここまで。

でもまだディスプレイは増える予定・・一体何の教室やねん、ここ。










ローズの香りとあえてブラ下げること

光陰矢の如し。

元気にやってます。
毎日全力疾走です。(要領が悪い、ともいう)


なんかここ最近、やたら薔薇の香りが欲しくなってですね。

身体が欲しがってるってーの?

とにかくローズの香りがかぎたくてかぎたくて、
家じゅう探したりしたんやけど

見事にいっこもないねんな。

元々グリーン系かジャスミン系が好きで
ソープも洗剤もとにかく香り系はチョイスがぜーんぶそっちやった。


れっちゃんに一抹の望みをかけてクンクンにおってみましたが

・・犬のにおいやった。(そらな)


それでもどうしてもローズが欲しくてたまらなくなり
えいやっと購入。(@ヤ○オク)


ハウス・オブ・ローゼのハンドクリーム。ラ・ローゼ。
201711100952383bf.jpg
甘すぎず少し酸味のあるローズの香り。
幸せ~~~~~~

なんで急にこんなにローズなん?と自分でも不思議で
アロマの効能などを調べてみたら

ローズの香り
拒絶や傷つけられ、自分へ自信がなくなってしまった時に、
心を癒し、元気を取り戻す。
孤独感や失望感を和らげ、自分と他人への信頼感をよみがえらせる。


どんだけ疲れ果てとるんや、ワタシ。



GK92Fのカフェルーム、
全面ガラスにロールスクリーンなんですが、

ロールスクリーンのヒモの先に付いてるタマ(プラスチック)が
ガラスに当たってカチカチと音を立てるんですね。

どうにもそれが気になって、バンテージなど巻いたりしてたんですが
それだとあんまり色気もなくつまらんかったんで


100均のフェイクプランツを巻いてみました。
20171108081107b0a.jpg



お、可愛くね?
2017110808113747d.jpg




これさー、商品化できそうやん!
2017110808101111d.jpg

ブラ下がってるコレをくわえたがるワンコもおるかもしれんけど
いざとなればクリップで高い位置に止められる工夫もバッチリ。

そやけど

よっぽどなワンコでない限り
あえてブラ下げてます。


必要なことは
「出来るようになること、その方法が分かること」
やんね?

いや、自宅ではちゃんと安全管理も考えるのが必要やで。
事故起こさんために。

そやけどここはしつけ教室。

なーんにもないがらんどうの室内で
失敗させないように取り除け!!
全て片付けてしまえ!
オヤツを使って気をそらせ!

「ほら、お利口さーん」

て言ってて、日常で本当に必要なことは練習できる?

なんでもかんでも飛びついてくわえたがるワンコの練習、
(いや、それをマネージメントする飼い主さんの練習)
必要なんちゃう?


二本足と四本足が一つ屋根の下で暮らしていくために
本当に必要なことはなに?

しつけ教室は、それを提供できる場になってる?


いつもいつも、考え続けてます。
(そやからローーーズーーー)






 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

かうちゃん

ブログ内検索