napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

ド根性親分

昨日

術後初めての通院ですた。




傷の状態チェックと

切除した組織の病理検査の結果を聞きにでし。




バンザイテストでは


練習の甲斐あって
条件付きながら合格

引き続きリハビリにハゲむべし、と。






傷の状態もまあまあ


ただ
ドレーンの穴がまだふさがっておらず


いやこれはきっと

先日のセミナーで笑いすぎてハジけたんやね(笑)






病理検査では

残念なことに
がん細胞は死滅しておらず


つまりは

まだWATANABEの体のどこかに

がん細胞が生き残っている可能性が高く






通常

がんと言えば
”塊” というイメージなんですが


乳がんにおいてはちょっと性質が異なり

血液やリンパ液に乗っかって
全身にがん細胞が散りやすく

その流動的な広がり方から

”液体がん”とイメージされます。



なので、でっかい親分を切除しても

子分である微小がん細胞が
まだ全身をフラフラと漂っており


ソイツらがどこかで定住しはじめると

そこで再発・転移になるという仕組み。
こらこら。





抗がん剤がよく効いて

がんの親分が完全に死滅してれば

子分たちも死滅
しているであろうと考えられるのですが



ワタシの親分、

根性出して
生き残ってました。

さすが、親分(笑)




いやいや、そんなとこで根性、いらんちゅーの。





主治医:「死滅してたらねー、予後も良かったんだけど。」




ちょっと。

それは、予後はよろしくね~ってコトですかい。 




ハゲまさね~方針だな、オイ。(笑)




ま、ね。



気休めじゃ事態は変わらんし。

現実があって・・で、どーするよ?が大事だし。

未来の不確定さは万人に共通だし。


粛々と、ね。
ズズーッ←コーヒー飲む音





切っておわり、ではない病気。





だからね、みなさん。


早期発見、早期治療してね。

親分が子分たちを撒き散らし始める前に。




ワタシが言っても説得力ナッシングだけど。















関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://napper.blog.fc2.com/tb.php/175-862437e1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

かうちゃん

ブログ内検索