napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

リハビリ軍団

頭痛もやっと治まり、咳もとまってきました。

これで風邪とバイバイできるかな~と思ってたら、
デスクトップのPCがいよいよ本格的にツブれたわ。身代わり地蔵。


6,7,8月に外部セミナー控えとります。
健康なPCは仕事のパートナー。(いいフレーズーー!)

私のセミナーは画像や動画を大量に使うという特色があるので、
資料作るのに容量のデカいPCがいるねん。


今はノートPCで作業してますが、GW中に新しいPCゲットせんと・・

新しいパートナー、検討中。



昨日、Tちゃん(わんこ)のプライベートレッスンがありました。

散歩で引っ張るーー
他犬に吠えかかっちゃうーー

そこそこ大きめのMIXなんで力も強く
飼い主さんの手も痛くてツライ

というお困りやったんやけど


これな、単によくある

「リードを引っ張ったら止まりましょう」
「オヤツで気をそらしましょう」

では解決しないタイプ。

引っ張り防止ハーネスで物理的にごまかすのに意味はなく、
まして強引な服従訓練も逆効果。

オヤツすら、見向きもせえへんかったしな。

もっと犬の根本意識に働きかけたリハビリが必要なコでした。



元々とってもビビリさんで
教室内でも最初はお座りすらできず・・

ましてや外!?とんでもない!!
てかテンパりすぎて飼い主さんの声、一切耳に入らへーん!

な状態でした。


そやねん。

引っ張りの原因は、パニックやってんな。


不服従でも身勝手でもない、タスケテーーー(泣)な逃避行動が引っ張りになっとった。


かと言って、散歩中の全てが逃避行動の引っ張りというわけでもなく

恐怖の対象がない場面では、興味のある方へ飼い主さんを引きずって行きたいという

場面によって違う混合型引っ張りパターン。



世の中のしつけマニュアルで怖いのはここやねん。

犬の意識を読み取らず、一律な解決マニュアルをあてはめようとする。
「○○の時はこう!」みたいな。

それが時には逆効果になることもあるのにな。

なんで、もっと犬の意識に目を向けたしつけが普及せえへんのやろ。不思議やわー。



Tちゃんはリハビリに向けて、コツコツとレッスンを受けてくれました。

精神的キャパシティを広げ、自信を持たせるトレーニング
Tちゃんの心を守るハンドリング
飼い主さんとの絆を深めるトレーニング


犬の精神的、行動学的どちらの側面からもアプローチして

飼い主さんと二人三脚でリハビリを進めること約半年。


最初はやせっぽっちだったTちゃんの体型が少しふっくらしてきた頃
(強ストレス状態の犬は食べても太られへんのよ)

そろそろかな、と他犬と一緒にレッツリハビリ!


ちょうどSMセミナーN&Aセミナーのメンバーがいる時だったので
3頭に協力をお願いしてアセンブルウオーク(集まって一緒に歩く)してみました。


するとなー。


ぜんっぜん問題あらへん。
吠えへん。パニクらへん。

むしろ安心できる仲間だと認識した後は

群れの中で今まで見たこともないほどのリラックスぶりよ。


オスワリして、美味しそうにもぐもぐおやつ食べてました。



もちろん、単に犬の中に放り込めば良いもんではなく

犬と一緒に歩きさえすればこーなるという単純なもんでもなく


ちゃんと知識と犬の意識を読み取るスキルと綿密な計算と・・
それがなくては、当たり前やけどむしろパニックを増長させたり攻撃性を出させてしまったりもする。


一緒に歩いてくれる犬たちにも必要な対犬コミュニケーションスキルがいる。

そして自分の愛犬を安定させ、リハビリが必要な犬に一番適切な距離や位置を判断する
協力ハンドラーの高いスキルがいる。


それが一体化した時、たった20分でTちゃんは変わってきました。


さすがやわー、わがSMセミナーN&Aセミナーのメンバーとわんこたち。
最強のリハビリ軍団やわ。


そしてココロの安定した犬が、同族を癒すその能力な。

多分、どんなにニンゲンが褒めても、どんなに美味しいオヤツを使っても、
犬が犬に語りかける力には及ばへん。


アセンブルウオークの後、Tちゃん含めみんな一つの部屋に入りましたが
まったく静かで落ち着いたもんでした。


ほんま、こういう場面に出会うと、いつも心震える感動があります。


私たちが第一に学ぶべきことは、きっと「トレーニングの勉強」やないです。

「犬という生き物自体を知る」こと、生態や認知を理解することが、まず先決やと思うねん。

             

2週間後、また仲間の協力のもとにリハビリウオークやる予定。
どんなシーンが見られるのか、今から楽しみです。




今回、えらいまじめやわ。どうしたん。




 (C) Grace K9 fellowship labo
                      










関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

てち?

ばかれんさま

Yes,てちー!
めっちゃカワユス♪少しずつ変わりつつある彼に乾杯★

て伏字にした意味ないしなww

No Subject

ちゃんと理由があるんだね。
それぞれの犬の声に耳を傾けると犬も飼い主も幸せに暮らせるね。
マニュアル通りにはいかないよねー。
対犬スキルの高いわんこたちがTちゃんの近くにいたのもよかったね!
ビクビクしながら散歩するよりリラックスして散歩した方が楽しいね♪

華さま

わんこホントにいろーーんなこと言っとる!
ヒトだって「まず相手の言うことをよく聞いてから」やんな。
そして十人十色の言い分がある。

よーく見てるとね、耳で「よろしく」言うたり目で「ちょっと失礼」言うたり。
すんごい会話してんの。^^
お話上手なコたちに囲まれてると、わんこが自分でちゃんと居場所みつけるんだな。
周りが平気だと、自分も安心したり。
あーもう、人間がどんなに勉強したってかなわないよー。

No Subject

最近仕事で
社会化不足で犬に物音に人に吠える
というのが数件並行(^_^;

そこで我が家のムスメとムスコに一緒にお仕事してもらってます。
大活躍。

ムスメはフラットな精神状態で相手を安心させる役に立ってくれる。
ムスコはおしゃべり上手で相手をいたずらに刺激しない。
ムスコは相手の子が今落ち着いているかどうかのバロメーターにもなる。

母は君たちへの感謝でいっぱいです。
(「感謝してるならもっと構え、うまいものくれ」
  と、お話ができたらストライキが起きるかも(^_^;) )


ヴィーラフママさま

さすがー
おだやかなヴィーちゃんとお話上手なラフちんのダブルリハビリ。
男の子と女の子、立ち耳さんとたれ耳さん・・タイプも違うから出動要請も分けれるよね。
かぁちゃんのお手伝い、えらいぞ♪

犬って教えてしつけて形を沿わせるだけの存在じゃないよね。
もっと大きくて深い・・包容力にあふれた存在だと思うわ。種族の違う人間さえ包み込んでくれる。

うん、でも週イチくらいでちゃんとサービスしないと、「かぁちゃん一人でやれば?」って
冷たい目で言われちゃうから(笑)

No Subject

今日、初めてお父ちゃんと一緒に、近所の山に行ってきました。

ムスコ、いつものような暴走はせず、5メートル圏内を歩く。
それより先に行っても姿が見えなくなる前に立ち止まる。

メンバーに父ちゃんがいるせいか。
久々のお山だからか。

ムスメはいつものように、後ろを気にしながらお利口で先を行く。
今日はお父ちゃんを気遣いながら。


いつものところから、今日は今まで行かなかった道の先へ。

お初の場所では、ムスメとムスコの位置関係が逆転します。

ムスメははしゃいで暴走し、呼んでも戻るまでに時間がかかる(笑)
ムスコはいつもムスメがいるあたりで歩き、あるいは姉ちゃんの後ろをついていく。

初か馴染みかで変化するムスメとムスコを見るたびに、
お山は一度きりじゃなく、何度もくるべきだよねと思います。


トータル3時間。
しかも割とサクサク歩いてなので、大変ハードな山歩きでした。

ムスコとムスメ、ずっと笑顔。
うちにたどり着く前には人も犬もヘロヘロの足取りでした。
でも笑顔。

やっとサービスしてあげられました~。


仕事で犬に吠える子らと散歩することを繰り返してもらってますが、
吠える相手にひえ~っとなりながら、
一緒に散歩しているんだよね、とわかってくれて、
あれ?ついてきてないよ、とか
あ、離れちゃった、急ごう、という様子を見せてくれる姿に、
母は、先生のいう「包容力」を、感じます。
すごいね、あんたたち。

クライアントのあの子たちも少しずつ変化を見せてくれてる。
私だけではできない仕事。
この件では私はサポートしてるだけだわって感じます。
むしろ、ムスメとムスコが仕事してくれてます。

ヴィーラフママさま

わんこサービス、お疲れさまでした^^ええGWでしたね♪

新しいメンバーが入ると、わんこの動きは変わりますね。
れっちゃんも初めてさんが加わると、斥候の距離が近くなります。で、振り返る回数が増えます。
さながら「アンタ初めてやけど・・大丈夫?」って感じ。
不整地で不自由に歩くニンゲンを気遣いいたわってくれる、優しさを持ってるんやねー。

山を歩くと、そんな本来の犬との関係性に気付くことができる。私やったら養成講座の必須項目に入れるわ。
古来犬と協力しながら暮らしてきたのを忘れて、犬は行動を仕込むもの、しつけるもの・・そんな上から目線に変わっちゃったニンゲンを、きっと犬の神様は嘆いてるわ。

新奇環境での行動変化は、気質の差なのかしらね。変化に強いタイプ(姉)と、慎重なタイプ(弟)。
自分のお仕事や得意分野で歩く位置が変わるなら、やっぱり「人より前を歩く犬は主従関係ウンヌン・・」は妄想やね。犬はそんな単細胞やあらへん。

「私だけではできない仕事をムスメとムスコがしてくれてる」って言いきれるヴィーラフママの羅針盤は、間違いなく犬天竺に向かってるよ。
Go West!Return to nature!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://napper.blog.fc2.com/tb.php/291-310de891

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

かうちゃん

ブログ内検索