napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

らんまる、卒業

「ワタクシ、リハビリ施設を卒業致しました」
DSCF3132_convert_20160116110707.jpg


らんまる氏、昨日無事にセンターへ帰りました。


兄弟犬と再会。
DSCF3177_convert_20160116110833.jpg
ウチへ来る前は

兄弟犬や他犬に対して
過剰に突っかかっていったり
ちょっかいを出されると過剰反応してヒステリックに反撃したり
相手がサインを出していても読み取れないコだったんですが
(おかげでケンカ上等!のハゲ跡が頭や顔にいっぱい)

なんとまあ。

見事なマナーで挨拶ができて

相手のサインをちゃんと読み取って

むしろ兄弟犬や後輩子犬がちょっかいを出してきても
とても上手にいなしながら落ち着いて遊んであげるという

パーフェクト対応。



らんまるが兄弟犬や後輩子犬を遊んであげる様子を見て、「おや?」と。

れっちゃんソックリやねん。

こんなことまで、れっちゃんは教えてあげていたんやね。

パダワン、ジェダイの教えをしっかり受け取ってました。



すばらしい、素晴らしいよ、らんまるクン。

ウチへ来る前からお世話をしてくれていた
ボランティアのみなさんももれなくビックリ。

「え、え、コレがらんまる!?」って。



そうなんよ。


正しく良い経験をさせれば、
個々がそれぞれ持ってる素晴らしい芽は自然に伸びる。

問題行動だけを加工しようとしてもダメ。

良い花を育てるには、花ではなく土に目を向ける。


”美しい花”は後から結果としてついてくるもの。

GK9流、ホリスティック(全体)トレーニングの原点です。




子犬の甘噛みはテッパンメニュー
DSCF3152_convert_20160116110752.jpg
がぶー(イテテ)


がぶがぶーーー
DSCF3143_convert_20160116110730.jpg
イテテテテーーーーっ


どちらも、私の目を見てますね?

つまり「私を噛んでいる」と認識してるワケです。

手がオモチャに見えていた、とか
たまたまうっかり、ちゃうねんな。

何かしらのコミュニケーションで
あえて噛んできてるってワケで。


「いってぇーーよ!!」ときちんと本気で伝え


「かじるのはコッチ!!」
DSCF3156_convert_20160116110815.jpg
<へーい>ゴ~リゴ~リ

やっぱり私の目を見てる。

色んな反応を探ってます。

そう、犬は周囲の反応で学習する。

だからこそきちんと伝える・・いいこと、わるいこと。




我が家にリハビリに来た犬たちが
もれなく良い子になって卒業できる理由のひとつに

れっちゃんとネコたちの存在は大きいやろうな。

子犬が無礼なことをすれば即座にきちんと叱り、
やめれば「それでよし」と即座に叱るのもやめる。


犬と遊ばせているのに、なぜか社会性がつかない・・

どんどん無礼になる、又はどんどん怖がりになる。
そんな犬たちもおるな。

人と同様犬にも個性があって、
我慢強い犬もおれば
短気な犬もいたり
気の弱いコもいるし
あっさりした犬、しつこい犬、
抑制が効かずに相手を傷つけるまで怒る犬もおる。

単に犬と遊ばせればいい、という訳じゃない。


我慢強い犬とばかり遊ばせていると
「好き放題傍若無人でイイ」な学習をするし

抑制の効かない犬と合わせれば
「サインを出しても読み取ってもらえない、自分の身は自分で守らねば」
と身の危険を感じると即座に防衛攻撃に出る学習をする。


傍若無人を許さない、だけど
「ごめんね」のサインを出せばすぐにそれを受け取って許してもらえる、

そんな経験が子犬の自信を育て、会話上手な犬を育てるんよ。


あ、これって、飼い主にも言えることよな?

早期に親犬や兄弟犬と離された子犬は
嫌が上にも人からしか学習できへん。

やりたい放題・・傍若無人を、「天真爛漫♪」と勘違いしてないか?

子犬が「ごめんなさい」言うてるのに、しつこく責めたりしてないか?




らんまる、この日センターへ帰り、選定試験を受けました。
(選定試験とは、譲渡に出す際に犬の気質を判定する試験)

少し犬に負荷をかけ、その際に犬がどんな反応をするかを見て、
譲渡に出す際のアドバイスにしたりします。

例えば犬を抱っこして、口をめくり5秒間歯を見る。それを5回繰り返す。

あるいは犬の足を5秒間触る。それを5回繰り返す・・など。

たいていの犬はそういうことが苦手なもんですが、
苦手なことをされた時にどうする?我慢する?パニクる?咬む?


らんまる、イヤなことをされると知ると、
そっと離れ、1mほど距離を空けて座りました。

その後、試験する人の側へゆっくり歩み寄り、
顔をペロペロ舐めてました。

「あのね、ボクね、それ苦手やねん。」
「仲良くしようね、だから嫌なコトしないでね。」

最高のサインですわ。

なんか、ちょっと泣きそうになった。

だってな、ウチへ来る前に同じことしたら、
大暴れしてギャーーーーて鳴き叫んでたらしいから。

実力行使と感情でしか自分の気持ちを表現できなかった子犬が

精一杯の”会話”で伝えようとしてる。


ああ、凝り固まった”しつけ”の概念や
むやみなオヤツや罰の元に

彼らの”豊かな会話”が消されることがありませんように。



見事選定試験をパスしたらんまる、いよいよ来週から
譲渡会デビューです。


譲渡待機犬として、サイトに出す写真を撮ります。
<神戸市動物管理センター譲渡支援グループ CCクロ>


はーい らんまるクン、いいお顔で撮ろうねー♪
DSCF3178_convert_20160116110908.jpg



らんまるクン、笑顔、笑顔だよー
DSCF3179+(2)_convert_20160116110928.jpg




<ボク、お利口ですよ>(ビシッとお座り)
DSCF3180+(2)_convert_20160116111019.jpg
「いやいや、子犬らしい笑顔をちょうだい」




<これでどうでスカ?>(どんどん胸張るーー)
DSCF3181+(2)_convert_20160116110954.jpg
「いやだから、顔が真面目すぎるって」


どうにも生真面目な顔になってしまうらんまる氏。

いやいや、3か月の子犬に見えんし。


もっといたいけな子犬感が欲しい・・ということで

「アヒルさんのオモチャをくわえさせてみれば?無邪気さが出るかも?」



くわえさせてみました。



あかーーん!無邪気さのカケラもない。
2016011610544497d.jpg
「題:狩りました」


サイト用の写真は、後日撮りなおしとなりました。。。



らんまるをはじめ、どのワンコも
それぞれにピッタリのお家へ行けますように。

人間の友として、幸せな生涯を送れますように。





れっちゃん、お疲れさま。ありがとう。
2016011611045871f.jpg
お陰でらんまるは、とても良いコになりましたよ。
ゆっくり休んでね。



・・・そやけどな・・


センターに新しく来たちっこい虎柄のチビがな・・


これがまた、わっるいらしくてな・・・?













関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

よかったぁ♥

らんまるー♥

試験合格本当におめでとう(о´∀`о)

いや実は…2回もお山に登ったりしたもので、私かなり感情移入しておりました。
知り合いで飼える人はいないか、自分ではどうにか飼えないか…すごく彼の存在が気になっていました。
しかし実際問題飼えない。
当初の彼を見ていると、試験…大丈夫かなぁ…という気持ちでいっぱいでした。

久しぶりに嬉し涙が出ました😢❤

先生、旦那さん、レッチャン本当にご苦労さまです(´∇`)

これが本当に犬の命を救うプロの仕事なんだと実感しました。

ちゃんすさま

ありがとうー!
彼、本当に堂々として一回りお兄ちゃんになっていました。

犬一倍ヤンチャだけど、多分今だけやと思います。
成犬になったら見違えるように落ち着いて
犬一倍心の交流が出来るようになれるコです。

みんなと山を歩いたり、だいちゃんと思いっきり遊んだ経験も、
宝物として一生彼の心に残るはず。
やっぱり良い経験が犬を育てるんやね。
短い期間やったけど、一緒にらんまる育ててくれてありがとう!!

命を救うことは心を救うこと。
どんな問題行動も、その犬の心が救われなければ改善は望めません。
改善トレーニングとは、出っ張った部分を削ることではなく、
足りないものを満たす作業なんだなあ・・と改めてらんまるが教えてくれましたよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://napper.blog.fc2.com/tb.php/394-506c036b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

かうちゃん

ブログ内検索