napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

そのしつけは本当に優しいのか

世間でよく言われる

「犬に優しいしつけ方」



叱らない
褒める(おやつを使う)


ま、いわゆる陽性強化系の流派。




で、「優しいしつけ方」と聞くと
いつも思うんです。


叱らず、褒めて(オヤツを与えて)おけば
「ホンマに、優しいの?^^;」
と。





例えば。



犬のしつけ方・・特に子犬の飼い方で

だいたい真っ先に出てくるのが

「ケージに慣れさせよう!」




で、理想のケージの図なんかが書いてあるわけです。


ベッドがありーの。
トイレがありーの。
給水機がありーの。

ほ~ら、居心地よさそうね~
ステキなアナタのお部屋よ♪

・・的な。



ここでね、飼い主さんに
まず最初の致命的な勘違いがおきてしまいます。

「犬の飼い方をちゃんと調べて、
 居心地の良い個室を準備してあげた。
 わんちゃんも満足しているはず♪」

と。




で、よくあるご相談。

「一度ケージから出すと、逃げ回って入らないんです。
 どうやってハウスを教えればよいですか?」



はい、優しい陽性強化系の皆さんはどうアドバイスしますかね?





そんなときはおやつを使いましょう。
ケージは良いところ、と教えてあげるのです。


子犬がケージに近づいたらおやつ、
1歩足を入れたらおやつ。

全身入るようになったら、
少しずつ時間を延ばしましょう♪




でしょうかね?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

かうちゃん

ブログ内検索