napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

犬の要求はまず無視をする?

各地で大雪、どうか事故や被害が出ませんように。

はい、こっちでもそれなりに積もりました。
まあ、まだ少ない方だと思いますけども。
20170115082518aac.jpg
毎朝10分くらいお庭でブラブラ楽しんでるれっちゃんも、
さすがに今日は1分で「お家入る!」て言いました。


れっちゃんはああ見えて、意外と強い要求行動ってやつを
しないんよね。
吠えるとか、飛びついてガリガリするとか。

お庭からドアのガラス越しに
ただひたすら「じーーーーーーー」って立って(時に座って)
入れてもらうのを待ってます。

ケージから出たい時もじーーーーっとしてます。

ドアやゲートが5cmくらい開いてる状態やと、
無理に出ようとせずにじーーーーーっと開けてもらうのを
待ってます。

私がオヤツやフードを触っていても、
リビングでゴロンと寝てます。

家では、そりゃ静かなもんです。


そやけど教室に連れて行くと、
結構強引な要求行動が出るねんな。

声が出る、ガリガリ引っ掻く、
鼻先でこじ開ける、ギラギラと欲しがる。

そやから、教室でのれっちゃんを知ってる人は
24時間そんな感じやと思ってるやろうけど。

ちゃうねん。
家ではほんまに100%文句なしの優良家庭犬。


その差はなんなん??
と考えたとき

一番の違いは
「要求への応え方の早さ」
なんかな。


家では、れっちゃんの要求度が0、
又は1くらいのなんとなく「○○したいなあ」の時点で
私が察知して動く。そしてサッサと叶える。

そやけど教室では、色んな用事があって
つい彼のことが後回しになって、
「あ」て気づいてからようやく動く。
彼の要求度はすでに7~8に上がってる。


常に要求度が低い状態で叶えていれば、
犬は過剰に努力する必要がなくなる。
時々叶わなくても、「ま、待ってりゃいいか」って思える。

そやけど努力しないと得られないと思っちゃったら
どんな要求にもはなっから全力で行動を起こすやろう。

そう、犬の過剰な要求行動の習慣化は、
彼らの小さい声を聴き落とした結果に起きる。



「犬の要求には無視しましょう」
(犬が主導権握っちゃうから)

からの

「そんで落ち着いたら叶えましょう」

ってのがよくあるしつけのセオリーみたいやけど

うそですから。

そんなんしとったら、どんどん犬からの信頼は消え失せる。
「自分でどうにかしないと・・このヒト(飼い主)に任せておけん」
と思わせる。

そうなると次から犬が取る行動は
・実力行使
・隙を見て自力で要求を叶える
・次回から言うことをきかない

のいずれか。

れっちゃんなら、なかなかケージから出してもらえない経験を1度すると
もう次回からは入らなくなるもん。
それを力づくで入れようとすると唸るし歯を当ててでも抵抗する。


自分で鍵を開けてトイレに行くとか
自分でフードの準備をするとか
自分で散歩に行くとか
何一つ自分では出来ない状態の犬の欲求に対して

まずすることは
犬の要求を顧みず、無視して犬のココロをへし折ることではない。

「ごめんね、気がきかなかったね」って謝ることなんちゃうやろか。
そして次回からは、先回りして適切な環境をお膳立てする。

犬のしつけって、思いやりに溢れた暖かいものであって欲しいねんなあ。
そんな気持ちには、「信頼して任せる」ことをしてくれるのが犬なんやから。


・・て書くと、
じゃあ何でもかんでも犬が欲しがること、して欲しいことを
与えりゃいいのか、って解釈をする人も出てくるんやけど

それもちゃうしな。
それは単に甘やかしというねん。

俯瞰の眼で見て、正当な要求は叶える。
(出来るだけ要求される”前”に叶える)

ルールとしてハミ出した要求は毅然と断る。
妥協しない。押し切られない。
何度要求されても、何度でも断る。
(甘やかさない、ってのは実はいったんこの決めたルールをうやむやにしない・・
 ”人が”ルールを守る、ってことで 
 全ての要求を撥ね返す、ってワケじゃないんよね。)


この要求は犬として正当なものなのか?
それ以上の過剰なものなのか?
まずそれを見極める目が必要になってくる。

・・んやけど

それが、ちょいと難しかったりするんよな。

まあでもその難しい部分を見極めるのがプロのウチらの仕事なんで
その為にウチらがいるんで


とにもかくにも

犬の要求にはまず無視のしつけ

ってのが実は

正常な犬との信頼関係を崩し
逆に犬に強い要求グセを付けたり
隙を見て何かを無理やりしようとする犬を作ってるんだという

そんな事実を知ろうぢゃないか。

と思う雪の日のれっちゃんでした。





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://napper.blog.fc2.com/tb.php/504-0f035370

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

かうちゃん

ブログ内検索