napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

夏休みの珍客⑤~一緒に暮らすためのしつけ~

まあつい吠えちゃったり回っちゃったり
トイレ失敗しちゃったりするTクンですが

それはそれは愛いヤツでしてね。

一旦心を許した人には
ひたむきな信頼と愛情を寄せてくれて
すごくよく意思疎通ができる。
(冷静な時には)


補佐役のお家へ来て2年、
最初引き取った時はなかなかに問題満載で

補佐役から色んな困った話を聞きながらも
「良い先生だねぇ♪」とワタシは特に何も言うことなく
2年の月日が流れ。


今回こうして2週間お預かりをすることになって
24時間一つ屋根の下で一緒に暮らすようになってから
改めて驚いたことがいっぱいで。

補佐役は
「もう、ややこしいヤツをお任せしてすみません」
とか言ってたけど
(そら確かにややこしい部分もあるけれど)


なんのなんの。


ああ、キミはお母さん(補佐役)から
こんなにもたくさんの大切なことを教えてもらっていたんやなあ。

一緒に過ごすと、
そのワンコが今まで何をどう教えてもらっていたか、が
手に取るように分かります。


柵がなくても勝手に特定の場所(キッチンや和室)へ入らないこと。
人の食事中は欲しがらずに寝てること。
人の食べ物をおねだりしないこと。
テーブルや椅子に前足をつかないこと。
勝手に盗み食いしないこと。
フードの準備は静かに待つこと。
トイレで排泄すること。
(時に合図で排泄すること)
ハウスに入ること、出ること。

ブラシは気持ちのよいもの。
名前を呼ばれるのは嬉しいこと。
人の目をまっすぐ見て意図を聴き取ろうとすること。
散歩中も常にこちらの存在を意識すること。
困った時は自分からコンタクトを取ってくれること。
などなど・・


これは、寸分の狂いもないオビディエンスが出来るとか
命令をどれだけ早く正確に聞けるかとか

反射的に指示に従って決められた形を取る
「訓練」とは全く異なるもので


どんな競技会で合格しようと
どんなたくさんの芸ができようと

「オスワリ、マテ」を言わない限り
勝手にテーブルに手をかけたり
上のもんを食い漁る・・では
こりゃ、「しつけをしています」とは言えないもんな。


日常の中で
人を信頼し
最低限決められたルール(やっていいこと、いけないこと)を守り
かつその範疇で自由にリラックスして過ごす

これが家庭犬として暮らすワンコたちに
本当に必要な「家庭の中のしつけ」ちゃうんかな。


補佐役は、2年かけて
試行錯誤しながら
悩み、迷いながらも
じっくり、Tクンに伝えていたんやね。



オスワリやフセ
指示で決められたポーズが取れることも
もちろん異種の交流(人と犬)においては
共通認識という糸を編み上げるために便利なアイテムなんやけど

そう、ヘレン・ケラーが
このちゃぷちゃぷした物体に「水」という名前があるのだ
という概念を理解した瞬間から世界が広がったように


けれど、決して
「しつけ=オスワリ・フセ・マテ」
という短絡的なものじゃない。


どれだけ言うことをきけるか?
よりも、
どれだけルールを理解しているか?

それが、「ヒトと一緒に暮らす」根幹やと思うから。



キッチンへ入って欲しくない。
これをワンコに教えるルートはおおまかに3種類かな。
(もちろんほんまはもっといっぱいあるけど)


ひとつは
キッチンに仕切りを付けること。
物理的に入れないようにバリケードを築く。
手っ取り早い。
けれどワンコは何も学習しない。
仕切りがなければいつでも入りたいときに入ってくる。


ふたつめ。
「マテ」という”形”を教えること。
指示されたポーズで「動くな」というコトを教え、
それをキッチンの外でせよ、ということ。
「マテ」の間は、動かず解除まで待たなければならない。
だって、「待て」だから。


みっつめは
「ココは入らんとってな」を教えること。
その場所にさえ入らなければ、
リビングでホネをかじっててもいいし
寝ててもいい。


さあ、本当の意味での「家庭の中でのしつけ」はどれやろう?

コドモで考えると分かりやすいな。
柵で仕切るか?
正座させとくか?
ココじゃないどこかで好きにしといてもうのか?

それはもちろん、乳幼児とオトナで対処は変わってくるのは
ワンコも同じ。


「とーちゃんがアイスクリーム食べてるけど、オイラ寝とく。」
201708130858577a5.jpg


「家庭犬のしつけ」ってなんやろう。

何度も何度も、考える。
それを考えるのが、ワタシの仕事。






関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://napper.blog.fc2.com/tb.php/586-1318efbb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かうちゃん

ブログ内検索