FC2ブログ

napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

しつけ教室は進んでいるか

こちらでは未曽有の大雨も
ようやく収束を迎えつつありますが

皆さまのところは大丈夫でしたでしょうか。

たくさんの方々から「そっち、大丈夫!?」のお声をかけて頂き
ああ、こんなに気にかけて頂いてるんだなぁと
有難い気持ちでいっぱいです。
心配して下さった方、ほんまにありがとうございます。

被害に遭われた方、不便な生活を余儀なくされている方・・
一日も早く平穏な日々が戻りますように、
心から願っております。


今回の災害で
家族と共に救出されるわんこたちの様子が
何度かTVで放映されてましたね。

ああー・・ボートに一緒に乗せてもらえてよかった・・と
思うのと同時に

時代がひとつ進んだことも感じます。


以前はね、
災害時に家族と一緒にペットが救出されるシーンなんて、
放映されなかった。

もしもTVでそんなシーンが放映されようものなら

「人の命が最優先だろう!」
「こんな時に動物なんか助けてるとはけしからん」

という世論のクレームがすごいから、と聞いたことがあります。

実際、あの東日本大震災でも
救助に来たボートのスペースが空いているにもかかわらず
「犬は乗せられない」と断られた、と
被災者の方から直接話をききました。
(逆に、一緒に助けてもらった、という話もありました)


家族と共にペットが救出されるシーンを
私が初めて公にTVで見たのは

3年前の東北豪雨で
河川決壊で屋根の上に逃げのびたご夫婦とその飼い犬が
共にヘリで救助される様子だったかな。

「一緒に助けてもらえるんだ!」
という安堵と感謝を、今でも覚えてる。


しかし逆に言えば

そんなに長い間
家族と共にペットを救出することが
公のタブーになっていたのか・・ということも
改めて顧みることとなり

「それはなぜ?」
の疑問を改めて辿らなければならない、と感じます。


もちろん、極限の状態で
どの命を救い
どの命を見捨てるか
など
到底簡単に論じられるものなどではないし

その選択だって
断腸の思いや苦しみ、
後悔や悔いの傷がずっと残るものであろうし

ただ、
その理由が

「犬の存在が周りに迷惑をかける」
であっては欲しくない(そうであってはいけない)、と
思います。


それは災害時だけの話ではなく
今の生活の時点から

犬を飼う、ということが
「公害」
になっていてはいけない。

普段から苦々しく思っているのなら
緊急時なんか余計に受け入れられないやろう。



「しつけ」というものが
飼い主さんとの生活を円滑にするためのものに加え

周囲の社会に対しても
深いうなずきをもって受け入れられる
そのためのものであること。

だけど、周囲に受け入れられることを気にするあまり
自分の愛犬を受け入れられなくなるのも
これまた本末転倒で

バランスよく風通しの良い感覚を持つこと。


そのためにしつけ教室(インストラクター)ができること。
やらなきゃいけないこと。

それは、
考えて、考えて、考え続けて
それでもなお
簡単に答えなんか見つからないものではあるけれど

少なくとも
「しつけ教室はまあそれらしき事をしときゃいい」
なんてもんじゃ到底ないよなあ、と

改めてまた課題をもらった気がします。


時代は進んでる。
しつけ教室は?進んでいるか?









関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

No Subject

おはようございます(*'-')
こちらもなんとか落ち着きました。

震災やいざという時、どうやって避難するか色々考えています。
もしもの時のためにと玄関に、ペットがいます。一緒に連れていってくださいという災害ステッカーを貼ってみたりも。

同時避難は出来ても同伴避難は浸透していない日本の現状に悲しさも覚えますがうちはもしもの災害時、方向性はもう家族で決めています。
もちろんそんなに甘くないのは分かっていますがやはり譲れないところはあったりで・・・^^;

うちの場合は避難所までは行きますが車で行っての車中泊と決めています。それはもちろんあずきと一緒に避難したいからですし、同時非難になると一緒に連れては行けても離されてしまいますから。
同伴避難が出来ないのであれば車が一番現実的なんだなと思ってしまいます。

先生が書いておられるように車が駄目なら自宅に留まるとか、庭にテント張るとかまで考えていたりもします。

普段あずきに無頓着な旦那もあずきは家族だから離れるのは本当にどんな道も残されていない時だけだと。
危険があっても限界までは同じ場所にいるべきだと言ってくれてることに安堵しました(*´꒳`*)

想定外のことが起こるのが災害だけど、みんながみんな動物好きなことは有り得ないけど、それでも出来る限り自分にとって、ペットと飼い主さんにとって良いと思えることはしたいなと思います(*´꒳`*)

・・・と、私いつも先生のブログにコメントしちゃってて、先生がお返事書くの大変だろうなと思ったりしてます(oωo;)スミマセン

あまりご無理なさいませんように(_ _。)・・・

あずきママさま

いえいえ、コメント頂けるのは嬉しいですよ~♪
色んな考え方やあずきちゃんの近況が聞けるのは嬉しいものです^^

そうですね、車中泊ができれば、あずきちゃんにとってはまだストレスが一番小さいかもしれませんね。
ただし、避難所に車で行けるかが今度は大きな問題になってきそうですね。車が殺到する可能性。

万が一の時は、GK9(が無事だったら)避難所として開放しようと思っています。
1F、2F、ドッグラン、バックヤード、倉庫・・全部使えたら、多分15世帯くらいはわんこ連れで避難してもらえるかな。
大きな道路沿いなので、救援要請も目立つはず・・ケージ類も10コくらいならある。
そんな時こそ、レッスンで培ったものがきっととても役に立つはず。
まあ・・教室のあのドデカいガラスがなんとも心配ですけども。(そもそもー)
阪神淡路大震災は、乗り切った建物らしいですが。

そんな事態が起こらないことが一番良いのですが、GK9は出来る限りわんこと飼い主さんたちを守るつもりでいます。
万が一の際は、チラリと思い出してね^^

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://napper.blog.fc2.com/tb.php/645-f552c464

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

かうちゃん

ブログ内検索