napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

結局やるんかいっ

怒涛のセカンド・サードオピニオンが終わり。

もともとの主治医にお願いすることについに決めました。


それを伝えると・・



主治医のせんせー・・・




ちょっと嬉しそう(笑)


ま、私も犬のしつけ先生業してますから。


そのキモチも分かる(爆)



改めて治療方針の検討。
そこで衝撃の事実発覚


化学療法(抗癌剤)6ヶ月・・はあくまで目安。

とにかく今は腫瘍が大きすぎて、切除も出来ないから、
腫瘍が小さくならなければ、もっと抗癌剤投与期間を延ばしてひたすら小さくしてみる。


小さくなったとて、温存切除はまずムリ。
すでに癌に侵されている表面も、かなり広範囲に切り取らなきゃいけない。
つきましては、皮膚移植が必要になってくる可能性がある。


切除ができたとして。
その後、放射線もしなきゃいけないけど、
同時進行でさらに転移防止の投薬を1年続けなければならない。




以上。



どんどん大変そうだあーーーー(-_-;)




ちなみにセカンドオピニオンで、脳転移も調べた方がよい、という返事をもらいました。

今回、内臓と骨への転移は調べましたが、脳転移の検査はしてなかったから。


で、その返事を読んで主治医はん。


「脳転移見つかったらね~・・
 ステージⅣに上がっちゃうでしょ。
 
 治療意欲なくなるのもナンだから、あえて今調べなくても・・・」






「何か、症状が出てきたらそれから調べたら?」






「そりゃ、骨転移ももっと隅から隅まで調べたら、あるかも知れんけど・・」








とりあえず、転移があろうがなかろうが。

今は、この一番デカいヤツを最優先でどげんかせんといかん。

コイツはもうすぐ皮膚を突き破るぞ、癌の塊が外にはじけるぞ~



・・


・・ってことらしい。




そう言いながらも、たまたま聞いたらたまたまCTが今空いてたから、って
その後すぐに脳のCT。

ウルサイ機械に15分間ビキビキ言われながら、
(結局調べるんかい~~)とココロでツッコミ入れてました。




ふうう~~~~~~


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://napper.blog.fc2.com/tb.php/8-f860a83a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

かうちゃん

ブログ内検索