napper

犬のしつけインストラクター乳がんステージⅢbからのサバイバル挑戦

愛しのYUKA

配達のおにーさんたちが重そうに運び入れてくれたモノ。

20160528125352c4c.jpg

それは、フロアカーペット。

Lのおとーちゃんに相談して、
犬の足に優しく、滑りにくい素材を選びました。

土足OKの店舗用を選んだので、通常の家庭用よりは
ちょっとお高くついたんですが、
これだけは、譲れない。
(お高くついたとはいえ、Lのおとーちゃんのお陰で
 ありえない低予算が実現)


フロアカーペットを敷く前に、パテでキレイにして
ドライヤーで乾かす。
20160528233501c9a.jpg
ダンナもお手伝い(いつも引っ張り出してごめん。でもありがとう)



ついに、ついに!夢のフロアカーペット敷きスタート。
20160528233502f69.jpg
わープロー

フロアカーペットってね、すんごく重いんですよ。
今回GK9が注文したのが、150kg
Lのおとーちゃん、それを鮮やかな手さばきで操ります。



Lファミリー+ダンナ、重石役ありがとうございます。
20160528130110f14.jpg



Tクンもいっぱいお手伝いありがとう。
20160528233504c47.jpg
めっちゃ助かったよ。
いつの間にそんなに頼もしくなったんだい?



ビックリするくらい手際よく(そらプロやからな)
あっという間に仕上げていきます。
20160528130112b69.jpg



かっちょええーーー
20160528233506251.jpg



コンクリートの時も思いましたが

なんか、魔法みたいやねん。

私には出来ないことを、
Lのおとーちゃんが魔法のように形にしてくれる。


きっと誰もが
それぞれ違う能力を持った魔法使いで

お互いに得意な魔法を提供しあって
協力しあって
暮らしてるんやろう。

奢らず
惜しみなく
その力を人のために使う魔法使い
カッコいいな。

私も犬の魔法使いになれるかな。



2Fで組み立ててた大量のカラーボックス(椅子になる)を
みんなが搬入してくれて・・
2016052813011395e.jpg




そしてついに!教室が生まれ変わった!!
2016052813011519d.jpg
ついに!ついに!ついに!!



嬉しすぎて床にスリスリが止まらない。
2016052823350899d.jpg



場所探しで途方に暮れて

この教室をどうにもできずにまた途方に暮れ

もう何度も何度も諦めかけて

だけどその度に神たちが現れて救ってくれた。

持ってる魔法で助けてくれた。



普通に考えりゃ絶対ムリな数々の試練に

魔法使いたちはいくつもの奇跡をくれた。


ここは、奇跡の教室だ。



魔法使いのLファミリー、本当にありがとうございます。
20160528233541883.jpg



この日嬉しくて嬉しくて、

なかなか教室から離れることができなかったっけ。








親方たち

仲間たちが、ワンコと飼い主さんが教室に入りやすいように
庭に柵を取り付けてくれました。


ルーのとーちゃん&かーちゃん、補佐役、ダンナ。
201605282219256c1.jpg


炎天下で、みんな汗だくで作業してくれたんですよ。


うまくつくかな~?
2016052822183813f.jpg
気が付けば、親方がいっぱい。



なんか・・すげー、たくましい。
20160528231256b62.jpg
GK9、ダッシュ村化が止まらない。



ルー&ラッちゃんも一緒に来てくれました。
2016052812560360e.jpg




うわーん、幸せだよお。
20160528225921f3c.jpg



人並みの体力がなく、力仕事もできない私にかわって
みんなが力を貸してくれて。

せっかくのお休みなのに、
(多分)普段のお仕事よりも汗まみれになって。

なんで、こんなにしてくれるんやろう。なんで。
その姿を見ては、何度も泣きそうになった。
(涙流してるヒマあったら汗流せー!)
(そして冷たいお茶買ってこーい!)



こんなにステキな入り口が付きました。
20160530233353cd1.jpg
お庭を通っていらっしゃ~い♪




そして、私が何気に発した言葉から、
3日後、奇跡の魔法を目にすることになる。。。



ん?何か始まったぞ??
2016052823051891d.jpg








掃除の鬼・買い物の鬼

祈るような気持ちでコンクリートが乾くのを待ち。
2016052810372592e.jpg
(ほんまは「入ったらしばく」と書きたかった)


コンクリート敷きに前後して
やらなアカンことが山ほどあって。


ココから少し、補佐役劇場。
(てか自分の画像ほとんど撮ってない)


汚れきって苔まで生えてるガラスをひたすら磨く補佐役。
2016052812423333d.jpg
(鎌を持った死神ではない)



よく働いたら、いただきます。
20160528221409c09.jpg




ケルヒャー大活躍(ルーのかーちゃんが貸してくれた)
2016052812484046c.jpg
初めてのスチーム体験に盛り上がる補佐役



Wも黙々とイジケるガラスの汚れを取る
20160528124234897.jpg




中古の掃除機を買い与えてみた。
20160528221410d0d.jpg
どんだけ嬉しいねーん





腹が減っては戦は出来ぬ
20160528124026c3d.jpg



そんなこんなの教室の掃除をしながら
他にもやること盛りだくさん。
1日24時間じゃ足りへん。



イケアで大量の椅子と机を運搬する補佐役
20160528221412051.jpg


ついでにここぞとばかり
イケアで食いまくる補佐役
20160530004038d8c.jpg



Lのおとーちゃんがわざわざ持ってきて下さった、
床材(フロアカーペット)の見本を見ながら大いに悩む補佐役
20160528124839229.jpg


給料も出えへんのになあ。

金なし、心の余裕なし、不健康

の三重苦のワタシを、

驚くような忍耐強さと愛情と体力で
支え続けてくれました。


いや、彼女が支えたのは、私個人でなく

やっぱり彼女も同じく大好きなワンコと飼い主さんたち、
そして仲間たち・・GK9教室そのものやったんやろう。


連日の激務で、いつか彼女が倒れるんじゃないかと
内心心配でした。


倒れんかったけどな。さすが。
まあ、あんだけ食っとればな。(うそうそ)



「AKBとはたかみなのことである」
と秋元さんは言うとったけど


GK9とは、

力を貸してくれた全ての人たちであり
応援してくれたみんなのことであり
笑顔で通って下さる全てのワンコと飼い主さんたちである。





着々とお手入れが進み、ちょっと教室らしくなってきました。


おどろおどろ~してた1Fが
20160525004346b93.jpg


スッキリー
20160528125008b26.jpg



Lのおかーちゃんがキレイに磨いてくれた2Fの床
20160527002116858.jpg



ワックスをかけてさらにピッカピカ
20160528125349bd1.jpg



今教室へ来て下さる方は想像できへんかもしれないけど

本当に最初はすごかった。

ホコリ、カビ、蜘蛛の巣(もちろん蜘蛛付き)
苔、泥、なんかよう分からん汚れ、虫の死骸、悪臭・・

ほんまにいつか綺麗になる日がくるんかいな?と
クラクラするくらい、膨大な作業やった。

マスクなしではいられなかったし

毎晩、風呂に入ると髪の毛がジャリジャリいうとった。


毎日毎日、ダンゴムシの群れと格闘して

最初こそ

「王蟲、森へお帰り」っつって
大事に1匹ずつ外へ逃がしたりもしとったけど

しまいには

「二度と入ってくんじゃねー!!」
とホウキでザザーーっと大量のダンゴムシを掃き出してました。

もーお願い。
この場所を私たちに明け渡してちょうだい。



家賃払うなら別やけどな!





新たな神、現る

果てしない不安を抱えながらも、
なんとか場所は決まった。

だけど、床がどうしようもない。
(いや、どうしようもないのは床やなくて資金やけど)

これじゃ、レッスンどころじゃない。(絶対みんなけつまづいて転ぶー)


困り果てて、レッスンに通って下さっている、
Lちゃんのおとーちゃんに相談しました。

床ぁ~~床がぁ~~~ タスケテー

Lのおとーちゃんは、その道のプロだと以前聞いたことがあり、
藁にもすがる思いで相談してみてん。

何か少しでもヒントをもらえれば。
こんな方法もあるよ、みたいな。


レッスンが終わった後にわざわざ床を見に来てくれて、
私の訴えをフムフムと聞いてくれて、ちょっと考えてみる、と
言ってくれました。


床にコンクリート流すとなぁ、
ローリー車チャーターになるからやっぱり安くても7万はかかるやろなあ
床もフロアカーペットどんなに安くても材料費だけで15万かなあ

との言葉に(いやいや最初の業者見積もりよりはめっちゃ安いけど)

ローリー車使わんかったら、職人さんの工賃ってどれくらいになるん!?
フロアカーペット、自分で安いとこ見つけたら、貼るだけやったらいくらくらいなん?

何とか出来るとこまで自分でやるからーー!!
技術的な施工だけでも、どこか安くやってくれるところはないやろか・・
と食い下がって相談したら



ここにまた、神、降臨。


なんと。

Lのおとーちゃんが、コンクリート+フロアカーペットを
施工してくれることになりました。

うそみたいに嬉しいんですけど。
「ほんまにええんですか?ほんまに?ほんまに??」
3回は聞いたわ。空耳やったら、どうしよう。



出来るところまでは、自分でやるでぇ。

まずは、この腐りきったフローリングの床を剥がす。
2016052623463682e.jpg



補佐役も参戦。「わあ~♡楽しい~」
20160526234637b4f.jpg
破壊魔め。


床材を全部剥がしたら、次は「ハツリ」という
床に残った接着剤をキレイにヘラでこそぎ落す作業が必要で

ひたすら黙々と床にへばりつき
1日中一人暗くハツってハツってハツりまくりました。

「ハツり、ハツる、ハツるとき、ハツれば・・」
頭の中で五段活用が止まらない。(テキトー)



コンクリート敷き、当日。

20160526235410036.jpg
Lちゃん一家、参上!


Lのおとーちゃんは、少しでも安くあげるためにと
○ーナンでわざわざセメントの安売りを見つけて
買ってきてくれました。


セメントこねる係はウチのダンナ。
20160526235412f93.jpg


それをLのおとーちゃんが塗っていく。
2016052623541305a.jpg
夢やなかろうか。



その間にLのおかーちゃんが庭の草むしりをしてくれたり
20160527000614481.jpg




強力助っ人で参戦してくれたルーのかーちゃん。
201605281058289c4.jpg
もー気の効いたグッズの数々。

とりあえず場所が決まったことを聞き、
真っ先にティーカップややかんをプレゼントしてくれた。
そう、今、レストルームでみなさんがお茶飲んでる・・
あのティーカップ!


アホほどあった椅子を汗だくで組み立ててくれたり
脚立やケルヒャー貸してくれたり
軍手からティッシュまで、おおよそ掃除に必要なものを全て用意してくれたり




「壁紙貼ってぇ~」という私のワガママに応えて
20160527000615a25.jpg




「あいよっ」とさくさくと。
2016052700061754f.jpg
なんか、やたら手際いいー。みとれる。(見とれてないで手伝え!)



Lのおかーちゃんあちこち拭き掃除してくれたり。
201605270006184ae.jpg
ホコリと蜘蛛の巣にまみれながら。



お陰で、くすんでた2Fの床も・・びほー
201605270021136a0.jpg



こんなにもキレイに!!あふたーーー(泣)
20160527002116858.jpg



ワタシも少しセメントこねを手伝いましたよ
20160528130505a98.jpg
今見ると・・鬼気迫る様相。



そして夜8時近く、ついに、ついに!
20160527002709ffc.jpg
1Fにキレイにコンクリートが敷き詰められました。


こんな広い面積を、たった一人で黙々とならしてくれたLのおとーちゃん
どんなに大変やったやろう
腰も痛かったやろう
だけど一言も「しんどい」なんて言わずに仕上げてくれました。
201605281037235cf.jpg
全米ヒットNO1「コンクリート・サーファー」


みんなみんな
損得勘定なんかない120%の厚意で
汗だくになってホコリと蜘蛛の巣にまみれて
汚れる作業を黙々としてくれて

感謝してもしきれない。

今日、こんなにも力を貸してくれたのが
ワンコを通じて知り合った飼い主さんたちだってこと
GK9の誇り。


この場所は、

単に私の収入や
地位や名誉のためのものではなく

ワンコと飼い主さん、みんなのためのものだ。




・・ここにたどり着くまでの道の長さよ。

嬉しくて嬉しくて嬉しくて、
生乾きのコンクリートに向かって
一人うえーーーて泣いてました。
(傍から見たら変なやつ)


教室オープンまであと11日のこと。





床、ユカ、YUKAと大馬鹿者

新しい教室を心に決めた日、
めっちゃ心配してくれていた友人たちに
取り急ぎ報告を送りました。

あまりに長いこと見つからなかったんで

「ジョークかと思いました」(Tちゃん談)

そやな。

報告、4月1日やったしな。



あの建物を借りると心に決めたけれど、
実はもう一つ大きな不安が残ってまして。

それは収入証明


ほら、なんたって、確定申告の所得ゼロ じゃないですか。(いばるな)

店舗物件は、特に入居審査が厳しいと聞いていたので、

さすがに所得ゼロではアカンのちゃうかと。
(常識的にそうやわな)


くらーい顔でおずおずとNさんにそれを伝えたら、

「ウチの管理物件だから。
 審査はワシがするんやし。
 全く問題ない。」


とこともなげに言われ。

心の中で、蠅のように両手をすり合わせました。2000回くらい。



さて、そうと決まれば。

この場所を、1か月で教室に変えねばならぬ。

しかしまあ、どっから手を付けて良いか分からへん。
めっちゃ広いし。



1階入り口。
20160525004346b93.jpg
さてはて、どうしたものか?



1階室内。
20160526201215890.jpg

画像やとイマイチ分からんと思うけど、

床のフローリングは腐っとって

多分その腐った床にクレゾール撒いちゃったんかな、
息を止めなければ入れない状態でした。

フローリングを1枚剥がしてみると、
その下には大量のダンゴムシたちが

きゃーーー

と一斉に慌てふためいてまして


天井や壁は蜘蛛の巣がいっぱいで、そのまんまハロウィンできちゃうかもー。


何かモノを動かすと、必ずその下から
蜘蛛かヤモリかダンゴムシが
もれなく大急ぎで逃げてったり。しかもシングルじゃない。あ・ろっと・おぶ。


えーと。

まずは床。床を何とかせねば。


しかしまたね、ここの床よ。
単に張り替えれば良いという床じゃない。

写真で半円形になってる部分、ここはコンクリート。
その周りだけフローリングという、なんとも特殊な床でして。

周りのフローリングを剥がすと、
アイランドのように半円のコンクリート部分が残るんですが

そこが2㎝ほど、高くなってんねん。

フロアカーペットを敷いても、デコボコになっちゃうから、
まずは床を平らにせにゃならん。

しかしアイランドはコンクリート。
削ることはできない。

てことは、周りに何か敷いて高さを揃えるか。

安くて自分で加工しやすいもんて、何がある??
(予算の都合で、余儀なくdo it myself!)


人工芝はどうや、という意見も出たけど
室内打ちっぱなしやんそれ。

ワンコ、絶対オシッコしまくりやからな。

怖がりワンコはふるふる震えて歩かれへんやろうし。


ゴムはどうや?
ベニヤは?

もー調べて調べて、調べまくった。


もちろん一番ええのは
全面に新たにコンクリート流し込んで平らにする方法。

ちなみに見積もり取ってみた。

ローリー車でコンクリ流し込んで均すのに10~15万。
その上にフロアカーペット敷いて、25万。

いやいやいやいや、だから私、お金ありませんてばー。

(もう言い飽きた)


なけなしの貯金から今回の礼金やら仲介手数料やら
100万ほど支払って

ぶっちゃけもう30万しか残ってないねん。


床の他にも

2階にエアコン
和式トイレを洋式に改装
庭に柵
軒並み切れてる電球入れ替える

その他モロモロモロの
鬼のような出費が待ち構えてて

いやいやその前に

飼い主さんが座る椅子すらないー
地べたかー
車座でレッスンかー


そうそう、机もない。

棚だって、ない。
(棚に関しては、補佐役が 「段ボールで作りましょか~」言うとったけどな)


そんな中で、床だけですでに予算オーバー。

毎日毎日、床と資金のことばっかり考えて、悩んでました。


寝れば床、覚めれば資金。床、資金、床、資金、床・・

ン十年の人生の中で、
こんなにも床と金について激しく考えたことはないっつーくらい。


そもそも。

犬のブーム(愚かな言葉)が去り、
猫の飼育頭数が犬を逆転して超えた今

犬業界は、これから下降の一途を辿るだろう。


犬の新規飼育頭数減少に加えて
犬の高齢化、飼い主さんの高齢化

15年前のような、みんながこぞってしつけ教室に足を運ぶ時代は
とうの昔に終わっている。


少しでも経済に関心のある人ならば

今、この時期から
多額の資金を費やして
これから経営が下降するのが分かりきっている
犬のしつけ教室で新規開業するなど愚の骨頂で

バカだ、自殺行為だと言うだろう。


しかもウチの場合

自宅併設や病院併設といった
他に主な用途がある状態での施設ではなく
しつけに特化した施設なので

このまま今までと同じコトをするだけならば、
ほんの数年後(もしかしたら数か月)後には

経営破綻をきたすか
多額の借金を背負い込んで終わるのは
火を見るよりも明らかで


そうなれば、私の後に続いて
多くのワンコと飼い主さん、そして
真剣に学ぼうとする仲間たちが

道ずれで路頭に迷うことも容易に想像できる。



それはまるで、これから冬の極寒に向かう時期に

自分の身体もままならぬ時期に

入念な準備をもってコートを着る時間すら与えられずに

突然、子供たちと一緒に
路頭に放り出されたような状況に等しい。




だからこそ、一方的に短い期間での退去を告げられた時
本気で失望したし、
本気で怒り狂った。

それを「甘チャン」と笑わば笑え。




藁にもすがる思いでようやくもぐりこんだこの場所も

現在、未来共に資金の見通しは立っていない。


とりあえず場所が見つかった安堵はあるものの
純粋に喜ぶことなど出来ず

あと1か月でスタートやのに、
まだ全く見通しの立たない設備と
これからの不安の方が大きくて
本当に怖くて怖くて


私なんかに、みんなを守る力なんてないんやわ、きっと。


やることなすこと ことごとくつまずいた挙句に
またもや暗礁に乗り上げ、いっそ海の藻屑と消えたかったわ。
もう、眠りたいねん。心やすらかに眠りたい。


それでも、「じゃ、やーめた。」と言えない大馬鹿者。



大馬鹿者、何を想う
201605281245081fa.jpg



この頃、突然ブログ更新が止まって
たくさんの友人たちが心配してメールやラインをくれました。

あまりに強いストレスの連続に
心身ともに限界だった頃で
実は、この頃の細かい記憶があまりはっきりとないんです。

ニンゲンって、壊れそうになるとこうやってリミッターが働くんやなあ。

ワタシ、返信メールに床のことしか書いてなかったんちゃうやろか。
もしそうやったらごめんなさい。



この頃、一時的に耳が聞こえなくなっていました。




ゾンビ、新しい神に出会う

退出期限まで、あと1か月と1週間。

何もかもが振り出しに戻り、
そして希望の光は、ない。


家を買うことが今はムリだと分かった以上、
また賃貸を探すしかしゃーないわな。

ここから、またモーレツな不動産屋への問い合わせ攻撃が始まりました。

もう少し家賃の条件を上げて。
広さの条件を下げて。

しかし返答は、相変わらずの
「またいい物件があったらお知らせします」

ばっかし。

中には
「ないねー、そんな物件」
でガチャンと電話を切られることもあり。


今回、条件を広げたお陰でいくつか物件は見つかったものの

「犬のしつけ教室」と伝えると

大家も不動産屋も
一様にそっぽを向いた。

毛が抜けて汚い、吠え声がウルサイ、
糞尿で周囲が臭くなる、建物に傷を付ける。

そう決めつけて

地域住民の許可が得られない、
大家として苦情を受けたくない、
近くに飲食店がある、
その後の店舗が使い物にならなくなる。

必ずそんな理由でのお断りだった。


え、え、犬ってそんなに厄介者だったっけ?

犬の、あまりの社会的地位の低さにもうびっくり。

世の中じゃ、犬ってまだまだ畜生扱いなんだな。


傷ついて傷ついて
もー怖いねん。
断られるって分かってて、電話するの。
吐き気と戦いながら、電話番号を押し続けた。


ワンコと飼い主さんのため・・と
勇気を振り絞ってやっとの思いで電話しても、
帰ってくる答えはやっぱりみんな同じで。


ない。行き場が、ない。

否定、否定、否定・・・どこへ行っても、否定しか返ってこなかった。



もはやこれまでか。
アタシ、放り出されて消えるんか。悔しいな。

何より、悲しい顔の飼い主さんたちが浮かんできて。
いやや。そんな顔、絶対見たくないのに。



胃の痛みが止まらなくなり、

食べることもできなくなって
体重がついに人生初の37キロを切り

せっかく生えた髪の毛がバサバサと抜けて
半分くらいの量になり

右胸の手術跡にイヤなチクチクした痛みが復活しはじめ


こんなストレス、ガンの再発にはうってつけなんやろう。

何のために200万かけて治療してきたんやろ。アホらし。
こんなことなら、治療せずにそのお金を家を買う資金にすればよかった。

ちきしょー。


だけどたとえ寿命を縮めたって、まだ諦められんよ・・
みんな、応援してくれてるもん。
飼い主さんたちは、これからもずっと教室に通える、って信じてくれてる。



執念と自暴自棄が入り乱れて、ゾンビ化し始めた頃、
また一人の不動産屋さん(仮称Nさん)と出会いました。

Nさんも他の不動産屋と同様、

「犬の施設かあ~。近所の苦情が出るやろなあ。」

と言い始めはったので


ここらへんでもういい加減ヤケクソになっていた私は


「そんなことないんです!
 みんなそう言うけど!

 少なくとも、ウチに来てくれるワンコと飼い主さんは違う。
 人間社会で共存できる・・マナーの良い犬を
 目指してきてくれるんやから!!」


「そら犬やから、最初は吠えるコもおる。
 そやけど、それを吠えないように練習するための場所。
 そのための場所が必要なんやーー!!」



とまくし立てました。


するとですね、Nさん、ニヤリと笑って

「それそれ。その想いを大家さんにぶつけなさい。
 その熱のままでね。」


そう言って、しばらく何かを考えた後、

「・・見に行ってみるか?」

と私を車に乗せました。




そう、そしてここに連れてきた。
201605250043445a0.jpg
GK9、初めてコイツに出会った瞬間。


・・わーお。

思わずそうつぶやいたわ。

今まで見てきた、どの建物より個性的。



なんやろう、胸がどきどきする。まるで要塞。
20160526191621af7.jpg
圧倒されて、言葉が出えへん。


駅前一等地。
150坪の敷地に一戸建て。
高台につき、見晴らし最高。
庭付き。
コインパーキング近くにあり。
コンクリート建築につき、犬の吠え声気にならず。

そらね。
最高ですけどね。

家賃も最高ですやん。
予算の倍やないの。


通常、月収の1/3までが
安定して家賃を払える相場だって言われてる。

いやいやいやいや、
ココの1か月の家賃、ウチの平均月収すでにほぼ超えてますからーーー


高額な家賃を聞いて涙目でのけぞってる私に、
Nさんは要塞に目を向けながら言った。

「駅前で家賃の高いラーメン屋と、
 家賃の安さで田舎に隠れるラーメン屋なら、
 駅前のラーメン屋の方が商売人としては格が上なんや。」


「追い出されて、とりあえず今のものをこぼさないように抱きかかえて
 すごすごと田んぼの真中へ引っ込むのもええやろう。
 
 けどな、アンタ、それでええんか?
 一歩前へ、出てみる気はないんか?」


「自分で商売するってのはな、覚悟がいるんや。覚悟。」



おおぅ。ここにも神がおった。

またもや、イカした神よ。



Nさんは続けました。

「家賃、家賃て鳥みたいに鳴きなさんな。
 そんなもんに縛られて、やりたいことを縮めるな。

 どうしてもダメな時は、ワシが大家さんに交渉したる。
 力になれることはなってやる。
 
 やるだけやって、諦めるのはそれからでもええんちゃうか?」




2.3日考えさせて、とNさんには伝えたけど、

帰りの車の中で、もう気持ちは固まってました。


あそこを、GK9の本拠地にする!!



GK9滅亡まで、ちょうどあと1か月のこと。
(イスカンダルは要塞やったーー)

さよなら、夢のお家

この日、いつものファミレスに
TさんとT2さん、二人同時にやってきました。

相変わらず悩んでるT2さんに、Tさんは

「なー、何とかこの子に買わせてやってーな。」
「所得なら、修正申告すればええんちゃうん?」

などなど援護射撃してくれるも、T2さんの表情は険しいままでした。


そしてポツリと。


「・・やめた方がいい。」

「来年以降、体制を立て直してからチャレンジした方がいいと思う。」



えええーーーーー

私とTさん、見事にハモり。


「何でや?この子とお客さん、行き場なくなるで!?」

食い下がるTさんの横で、私も首を縦に1000回振ったしな。


そやけど、T2さんはTさんの方へ向き直って諭すように言った。


「あのな」


「仮に修正申告して、ローン申請に持ち込んだとしても、や。」

「それでローンが通る確証はない。むしろ通らん可能性の方が高い。
 そうなったら、この子はどうなる?
 修正申告したら、確実に税金は増える。
 家は買えない、多額の税金の請求だけがこの子に残るんや。」

「ローン申請にしても
 申請したことは、他の銀行にも知れ渡る。
 1か所で落ちると、次から他の銀行は用心して審査が厳しくなるから
 今後、余計に家を買うことが難しくなるかもしれない。」

「その上ローン審査には1か月かかるんや。
 大きな賭けに出て、万が一ダメでした、の後には、
 もう新たな場所を探す時間もないやろう。」


「全てがゼロに戻る以上に、マイナスのリスクが高すぎる。
 この子の人生を考えた時に、
今無理してローン申請するべきではないと思う。」



もう、グウの音も出なかったよね。
その後の沈黙は、5分続いた。

失望で頭が真っ白になったけど、
でも、なんだか嬉しくて、泣きそうになった。


人生って言うたよね?
私の人生を考えてくれる人がここにおる。
それが、ボロボロに傷ついたココロにどんなに嬉しかったか。

放り出す神あれば
支える神たちここにあり。



撤退もまた、賢者の勇気だ。

目の前のコワモテの神その2は、
じっと私の目を見て、無言でそう言ってた。



うん、さよなら、夢のお家。

不思議と未練がなかったのは、
T2さんの言葉が体の芯に届いたから、やろう。

Tさんも、
「この子の・・。そうやな。そうかもしれん。」
そう言って机に目を落とした。



いい顔して、相手の要求を全て叶えるだけ、なんて
きっと本当の優しさじゃないんやろう。

相手がガッカリするのが分かってて
「NO」を言うのはすごく嫌なことなんやけど

相手の言うなりにやってあげればええ人になれるんかもしれないけど

腹に力を入れて相手のために「NO」を言えるって、
めっちゃイカしてる、と思う。


イカしたおっちゃんの神たち。
真のプロフェッショナル。
その姿から学んだ色んなこと、忘れないよ。


さんざんドタバタに巻き込んだ挙句、
結局おっちゃんたちの報酬も0。タダ働き。
それでも、
「教室大丈夫か?どうにかなるんか?ワシに手伝えることがあれば言ってくれ」
そう心配してくれた。


ココから先は、また方針変更をしなくちゃならないので
おっちゃんたちの手はもう借りられない。

だけど精一杯力を貸してくれたこのお礼は
私がちゃんと教室を作ることで返そう。
そうココロに誓いました。


・・ありゃ。
30万も使った方位取り、意味なかったじゃーん!


これが3月下旬の頃。
GK9滅亡まで、あと1か月と少し。
(振り出し戻ったーーーー)



ローン地獄(別の意味で)

力任せにTさんが奪い取ってくれた契約

次なる関門は

住宅ローン

当然、コレが下りないと家を買うことができない。


ここでTさんから、同僚のローン係のおっちゃん(仮称T2さん)に
バトンタッチとなりました。

このおっちゃんがまたねー・・

見た目やっぱりコワモテ。

そやけど、めっちゃ真摯で真面目。


ファミレスで待ち合わせて、3年分の確定申告を見せましたよ。

T2さん、絶句。

2度見どころか、5度見しとった。


そらそうやわな。

3年中、2年が所得ゼロやからな。

所得ゼロであーた、家買うって・・

アホか。

T2さん、きっと喉まで出かかってたと思う。間違いない。


「・・かくなる上は・・ご主人の所得と合算してローン申請するしかないでしょう」

えーーー

それはアカンと思うよ。ムリムリムリ。


だって

ダンナは

昨年末に会社辞めちゃってますからーーー@無職なう


T2さん、しばらく動き止まってたよね。

で、「1週間・・考えさせて下さい・・」と
その日は帰っていきました。



1週間後、T2さんといつものファミレスで落ち合い、
あれこれ作戦を練りました。

注文したドリアが冷めるのも忘れて

机の上にたくさんの書類をおっぴろげて

何とか方法がないかと、頭を悩ませてくれました。


あ、ここにも、神がおる。


私のローンの問題は

所得ゼロなのももちろんやけど

とにかく給与所得がないこと(事業所得は信用してもらえない)

保証人がおらんこと(ダンナは無職)

そして何より ガン患者だ、ってこと。


35年で返すから~と言われても、
貸す側は心配なわけですよ。

アンタ、この先35年生きれんの?と。

途中で死んじゃったら、貸し倒れだもんね。


ここかー
ここでガンが邪魔するかー。

もしもこれが2年前(ガンが分かる前)なら
この点での問題はなかった。

もしもあと3年後(治療から5年経過)なら
審査上は完治とみなされ問題はなくなる。

しかしまあ、よりによって今。
一番身動き取れない、今。
もーーーー辛いわーーー



そのへん考えて

一番まだ可能性が残ってるのはフラット35 という
国が絡んでる住宅ローンなんやけど

ここでまたね、つまづくわけですよ。


フラット35は、病気の有無をさほど重要視しない代わりに、
建物の価値を重視します。

つまり、貸し倒れになった時に、建物に価値があれば
それで不足分をまかなえる、と。


で、ですね。

例の物件。


実は未登記の増築アリで。


しかも

その増築部分が

違法な建て方しちゃってるという。

違法建築には、ローンは下りない。


じゃあ、増築部分を壊しちゃえ!なかったことに♪

できればええんやけど、

私、まだお金払ってないから勝手にブッ壊せないし。
売主が壊してくれるならともかく。


そしてまた、T2さんは
「・・1週間、考えさせて下さい・・」と帰っていきました。(なんべん帰らせるねん)


それが、3月半ば。
GK9滅亡まで、あと1か月半。
(がっでーーーーむ)




強い味方

夜はワンルームで寝る生活を続けながら
物件獲得に向けて、本格的に動き出しました。


不動産屋のTさんが先に購入して・・という作戦は

今回はあまりに個性的すぎる物件のため
会社的にNGだったらしく

そやけど相手先の不動産屋に
500万値切り交渉してくれて

全額はムリやったけど
100万くらいは成功して

いやいや、充分です。
もう神やわ。このヒト。


それでもまだやや渋ってる相手の不動産屋に
半ば(いやかなり)強引に売買契約を取り付けてくれてんな。

売買契約の日、いつもは庶民的な車に乗ってくるTさんが

ビッカビカに磨き込まれた黒のクラウン乗って来て

相手先の事務所まで、私の車の後ろをついてきてたんやけど

真昼間なのにライトオンですから。


もーこわいこわい。

後ろの車に乗ってるコワモテのおっちゃんは
私の味方や、って分かってるけど

そんでもな。



同業者同士の駆け引き、ってやつなんやろう

相手にナメられんように、
こーやって丁々発止の駆け引きするんやね

いつもはフレンドリーな笑顔のTさん、
契約の時には無口で笑顔もなく。

腕組みして、スキのないオーラを
相手に向かって発散しとった。


「いい人」と「ナメられるお人よし」は違うんやと

無言で見せてくれてた。

かっちょえーな。

この守られてる感?安心感。

ダンナとれっちゃんは私を守ってくれるタイプではないので
「応援はするけどオイラ守れないから。てへ。」てタイプなんで

ちょっと新鮮な感じだったわー。



Tさんは「ワシがアンタの夢を叶えたるからな」
そう言ってた。

このヒト、なんでこんなに力を貸してくれるんやろう。

だってな、不動産の仲介手数料って
売買価格に一定のパーセンテージかけるから

物件の取引価格が高ければ、それだけTさんの儲けも増えるはずやん。
価格が下がれば、フトコロに入る仲介手数料もそれだけ安くなる。

なのに、
百戦錬磨のノウハウと武器で
私のために少しでも安く買えるように戦ってくれてる。

損得勘定を超えた、最強の味方を見つけた気がした。



通常考えられない契約を無事成立させ、ニヤリと目くばせするTさんに

「私が不動産業界の人間やったら・・

Tさんは絶対敵に回したくないタイプやわ」


と丁重にお礼を述べたら


大笑いされました。


GK9滅亡まで、あと2か月。
(値切ってもやっぱり高額、人生最大のお買い物ー!)





方位どり

商売をする人って、縁起や験(ゲン)を担ぐ人が多いよね。

ウチの母が、それにちょっと詳しいタイプで。


新しい教室を構えるなら、
お願いやから良い方角にして!お願い!!と

方角の障りがどれくらいコワイかとか
脅されたりすかされたりして

そやけど、ただでさえ狭いエリアで
元々物件もない地域なんやから

そんなコト言ってる場合やないし!!
スルーしようと思ったけど

電話のたびにじわじわと説得されて。


しかもようやく瀬戸際で買おうと決めたあの物件、

案の定悪い方角やったからな。


しかし、縁起かついで今コレ諦めるなんて、ムリ。

うんうん悩んだ末、「方位取り」を決行することにしました。

方位取り。

どうしても悪い方角へ行かなアカン時に、
一旦別の場所に引っ越してしばらく住んで、
強制的に良い方角へ行くことにしちゃおう、という方法。


私の場合、自宅からあの物件は方角が悪い。

なので、近くにアパート借りて住んで、
アパートからはいい方角♪にしちゃおうという。


まだ物件買うことも出来ていないのに、
見切り発進していいのか・・

迷ったけど、ローンが確定してから
方位取りスタートじゃあ遅すぎる。
やっちまえーーー(性格よ)



ほんでここからがまた。

また不動産屋へ行って、今度はアパート探し。

地図で方角割り出して、むっちゃ狭い範囲で空いてるアパート探して、
しかも方位取りやから1か月の短期。

そんなんにピッタリのアパートなんて、そうそうない。


○イブルへ駈け込んで、
泣きついて詰め寄ってようやく見つかったワンルームマンション

礼金etc・・で入居費 30万

何やってんだーーーーーこの1円でも必要な時に。

1泊10000円の計算やないか。
一人で、たった夜6時間寝るだけの部屋に。メシもつかんし。
(今思えば、○ブホにすりゃよかった。絶対安かった。)

それでも、これで運と天が見方してくれるんなら、と
半べそで支払って

20160524231710886.jpg
完全に布団オンリーのお引越し。

人間、切羽詰まると神に祈るしかなくなるんやな。


朝自宅へ戻り、昼は仕事して、

夜はダンナとれっちゃんに「おやすみ~」言うて
ワンルームへ行って寝る、という生活。


キッチンと風呂もついてたけど、
一度も使わなかった。
(自宅で風呂に入ってから夜12時前にマンションへ行く)

てか、ガスの開栓すらせんかった。


ただでさえ疲れ果てているのに

早朝・深夜に移動ってのが本当にキツくて。



テレビもラジオもパソコンもない静まり返った部屋で

アタシ一体何やってるんやろ

なんでこんなしんどい目にあわなアカンねん

どうしてそれならそうと
もっと早く退去予告を伝えてくれへんかったのやろう

この先どうなるんやろう

場所、資金、期限。

どうにかなるんか。どうにもならんのか。

ウチがつぶれたら、ワンコと飼い主さんはどうなるんやろう
仲間たちはどこで勉強したらええんやろう

そんなコトばかりグルグル考えて

電気を消して寝ることが出来ず

毎晩、電気付けたままで眠りました。

精神的に、かなりヤバい状態やった。
同時に、れっちゃんもこの頃から少し荒れ始めました。


それでも、
物件の購入へ向けて
少しずつ動き出しているのがまだ救いやったかな。


3月7日、方位取りスタート。
GK9滅亡まで、あと2か月弱。
(ブログ放置プレイもこのころスタート)



«  | HOME |  »

Graceのブロマガ

犬に興味のある方や、しつけインストラクター向けのディープな話題。ブログでは語りきれないGrace的思考のアレコレ。興味のある方はぜひ。(有料記事)

プロフィール

Grace

Author:Grace
ドッグトレーニングインストラクターにして、只今闘病中。乳がんステージⅢbからのサバイバルを目指しつつ、日々想ふことあれこれふわりふわり。

2014/2
7cm大腫瘍発覚
リンパ節転移
ステージⅢb

2014/3 
CVポート埋め込み
抗がん剤開始
FEC×4クール

2014/6 
ハーセプチン+ドセタキセル×4クール

2014/9/29
切除手術(右全摘)
腋窩リンパ節郭清

2014/11/4
ハーセプチン×14クール

2014/12/18
ホルモン治療タスオミン開始
(5年間予定)

2015/1/21
放射線治療25回 50Gy

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

かうちゃん

ブログ内検索